CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 人材募集 | Main | 国際協力啓発事業»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(7/10) 【スタッフのつぶやき】一人ひとりの人生に意味がある [2020年07月10日(Fri)]


皆様、いかがお過ごしですか。事務局長の浦島靖成です。



長年ADRA Japan で働いてきた二人のスタッフが、先日、異口同音にあることを言っていました。

一人は海外事業課に所属し、アフリカでの教育開発事業などに携わってきました。

教育支援事業では、校舎を建築したり、水道やトイレも併せて作ったり、教員向けの研修を提供したり、親が子供を学校に通わせてくれるように教育の大切さについて啓発活動をしたりします。

もう一人は国内事業課で、日本国内の緊急救援などに携わってきました。

避難生活を送っておられる方に対し、食料、水、衛生用品などの配付、衣類や寝具の提供、避難場所の確保など、短期間に集中して命を守るための支援をする場面が多くあります。

その二人はしかし、異口同音に次のことを言っていました。

私たちが支援を行う者としてできることというのは、校舎にしても支援物資にしても、人々が必要としているすべてを提供することはできず、ほんの一部だけである。

研修や啓発活動など、形のないものを提供するとしても、その範囲は非常に限られている。

しかし、そのように限られた支援であったとしても、それを受け取った人が、やがては人生には生きる意味があるということを感じてほしいと思って業務に携わってきたし、これからもそのことを目指して働きをしていきたい、と。



数日分の食料を受け取っただけでは、状況は全く変わりません。

しかし、それでも私たちがその支援に意味があると考えるのは、そのことを通して、自分たちは見捨てられてはいないんだ、誰かが自分たちのことを心にかけてくれているのだということに気づいてほしいと思うからです。

そしてその気づきが生きる力につながり、ひいては、人生には生きる意味があると思ってほしいと願っているからです。



少々大げさかも知れません。

しかし、世界のどこに住んでいる人にとっても、共通して最も大切なのは、自分が生きていて良いのだと思えることです。

私たちに与えられている人生には、生きる価値があることに気づけることです。

私たちはこれからも、そのことを目指して、支援の行き届いていない場所に必要な支援を届けて行きたいと願っています。



(執筆:事務局長 浦島 靖成



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:23 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(6/12) 【スタッフのつぶやき】支援現場において最も大切なこと [2020年06月12日(Fri)]


皆様、いかがお過ごしですか。

事務局長の浦島靖成です。



ADRA Japanは現在、ネパールで小児保健事業を行っています。

ある時、支援をしている保健施設に2歳にして体重3,500gの女の子がやって来ました。

日本女児の成長曲線を見ると、生後2か月で下限が3,500gを超えますので、それを考えると、驚異的な小ささであると言えます。

よくぞ2年間命を落とさずにきたと思います。



このようなことになった背景について話をよく聞いてみると、ネパールの人たちが信頼を寄せる対象として、伝統的ヒーラーの存在があることが分かりました。

彼らは、病気にかかった人などがいると、昔から伝わる民間療法で対処することに加えて、お祈りやおまじないなどの宗教的儀式も行います。

そんなものに任せておいたら、いつまで経っても子どもたちの健康が確保できない、一刻も早く止めさせて、きちんとした医療を受けさせるべきだ、と言いたくなります。

ですがそこは宗教や信仰の話です。

そう簡単には行かない事情があります。

先進国にも自分の信仰を理由に治療を拒否して亡くなっていく方々もおられます。

健康回復ということを第一に考えるのであれば、そんなことはすぐにやめさせなければなりません。

しかし、かく言う私も信仰を持つ者なので、そのメンタリティは理解しています。

常識的に考えてそれがどんなにナンセンスなことであったとしても、信仰は時に命をかけて守らなければならないものなのです。

そうした思いを持っている人に対して、健康回復ということだけを理由にして信仰を捨てろとは言えないし、そのようなことを言ったとしても決して理解をしてはもらえません。



支援に携わっていると、時々こうした場面に直面します。

そして、支援の手を差し伸べるとは、人を助けるとはどういうことか?という問いに直面するのです。

最も大切なことは、その人の必要に応えるということです。

時にその人自身が自分の本当の必要に気づいていないこともあります。

ですので、それを一緒に探していくことも支援には含まれるのです。

だから寄り添う姿勢が何よりも大切です。

それぞれの支援の現場において、一人ひとりに寄り添いつつ、共に一番の解決方法を見出していきたいと思います。



(執筆:事務局長 浦島 靖成



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:48 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(5/22) 【スタッフのつぶやき】ADRAの新型コロナウィルス感染症の対応 [2020年05月22日(Fri)]


皆さま、いかがお過ごしですか。事務局長の浦島です。



「コロナ疲れ」という言葉が聞かれるほど、皆さま、ここ数か月は、毎日のように新型コロナウィルス感染症のニュースばかりを見たり聞いたりしておられることと思います。

もう、うんざりというのが正直なところではないかと思います。



ADRAは世界の約130か国に支部を有していますが、海外支部の各事務所は、日本支部であるADRA Japan よりもずっと厳しい状況に面しています。

というのは、皆さまも報道などを通してご存じのとおり、いわゆるロックダウンが実際に発令されているからです。

海外のロックダウンのほとんどは、実質的な外出禁止令ですので、外を出歩いていると警官に呼び止められて叩かれたりするというのです。



そのような状況下にあっては、どの事業地でも活動を休止せざるを得ません。

特に、学校建築を行っている現場などでは、建築作業は無論のこと、資材を調達してくれる業者への支払いもできなければ、それに関連する会計処理も進みません。



このような状況の中、ADRAは、世界の130か国にある支部とインターネットを介したオンライン会議を繰り返しながら、こんな時に何ができるだろうかということを考えています。

そして、「今」自分たちにできることは何かということを考えて、毎週会議を繰り返す、そんな仲間たちを、とても頼もしく思います。



そして、現在、世界のADRA支部の半数以上において、さまざまな活動が始められています。

以下は、その一例です。

アフガニスタンでは、ヘラート州に住む感染患者および感染患者をケアする医療関係者を家族に持つ300世帯を対象に、小麦粉、レンズマメ、塩などの食糧と、石けんや洗剤を配付しました。

ケニアでは、スラム街の高齢者や出産直後の女性、障がい者などの特に支援を必要とする家庭300世帯に石けん、手の消毒液および安全な水を配付しました。また同じスラム街に手洗い場を17基設置しました。

パラグアイでは、保健医療福祉従事者を対象に、新型コロナウィルスの予防や感染管理などについての訓練を提供しました。また、食糧配付の準備を進めています。



私の好きな聖書の言葉に

「施すべき相手に善行を拒むな。あなたの手にその力があるなら。(箴言3章27節)」

というものがあります。



私たちそれぞれに、今何ができるかということをしっかり見極めていきたいと思っています。

そして、何かできることがあるなら、それを惜しまずに行っていきたいと思います。

そうした姿勢こそが、今のこの閉塞感を打開するための第一歩になると信じて、前進していきたいです。



(執筆:ADRA Japan 常務理事/事務局長 浦島 靖成



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:32 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(3/20) 【スタッフのつぶやき】人と人とのつながり [2020年03月20日(Fri)]


皆様、いかがお過ごしですか。
ADRA Japan で事務局長を務めています
浦島靖成です。




現代社会においては、
人と人とのつながりが希薄になっています。


一方、自然災害による被災体験のある方々は、
どの方もつながりの重要性を認識しておられ


「つながっていれば何とかなる」


という声があちこちで聞かれます。


というのは、
いざという時に助けになるのは、
自分自身の備えであり、
そしてお互いの支え合いであるわけですが、

ご近所の人同士で助け合おうにも、
普段からの接触がなければ、
その時になって急に助け合うことはできないからです。




福島県いわき市は、
昨年10月の台風19号の際に
数千世帯で浸水被害がありました。


それから4か月以上が経過してもなお、
浸水被害が大きかった地域では、
各世帯で家の内外の片づけ作業が続いている状況です。


こうした地域では、
それぞれの地区の方々が集い、

片付けの合間にお茶を飲みながら
日常の困りごとや不安などを話し合うことができる
ティーサロンが開かれており、
ADRA Japanも協力をさせていただいています。




サロンには
主婦を中心とした方々が集まっておられるのですが、
これを主催しているのが、
支援団体ではなく、
地域にあるお寺の住職の方々なのです。


宗教と言えば
冠婚葬祭というイメージが一般的だと思いますが、

このように、
地域のつながりづくりの中核となっておられる
宗教者の方々の存在は、
とても貴重だと思います。


住職の方々は、
もともとある地域のつながりの枠を大切にしながら、

今後の復興のためには
それをより強固なものにする必要を感じておられ、
サロン活動を始められました。


そして、いわき市で
今回いち早くそうした活動が始まったのは、

9年前の東日本大震災の被災経験があり、
以前からつながりの大切さを感じておられたからである
ということでした。


そして、このような意識を持つ方々は、
様々な困難を
みんなの協力で乗り越えていくことが
できる方々なのだと思わされます。




人と人とのつながりは、
一朝一夕にできるものではありません。


日ごろからの心がけと、
具体的な一歩を踏み出すことが必要です。


皆さんも、お住いの地域で、
どのようにつながりを作っていくことができるか、
ぜひ考えてみてください。



(執筆:事務局長 浦島 靖成



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 10:00 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(5/8) NGO組織強化大賞2017の経営・戦略部門賞を受賞しました! [2018年05月08日(Tue)]
事務局長として働く中で、「組織は人なり」の真実性を認識させられる場面が多々あります。

同時に、組織に属する「人」がそれぞれの能力を発揮し、生き生きと働くためには、組織の基盤がしっかりしている必要があると思わされます。

ですので、組織の基盤強化の取り組みは、団体が掲げているミッションやビジョンを達成する上でとても大切なものなのですが、それが表沙汰になり、評価されることはほとんどありません。

もちろん、あくまでも「基盤」に関することですから、わざわざ皆さんの前で披露する必要はないわけですが、この度(特活)国際協力NGOセンター(略称:JANIC、国際協力NGOを支援するネットワークNGO)が主催した「NGO組織強化大賞2017」では、まさにそうしたことが評価されるということでしたので、ADRA Japan が昨今取り組んできたことの振り返りという意味でも有益と考え、「経営・戦略」部門に応募しました。


01.JPG
普段東京事務所に勤務しているADRA Japan スタッフ


ADRA Japan では、中期計画に掲げた以下の点を達成するため、組織運営の健全化を目指していました。
 ・質の高い人材の適正な配置
 ・現地のニーズへの速やかな対応
 ・質の高い支援の実施

その中で、2016年度からは特に、マネージャーの提案により4つのタスクフォースを立ち上げました。その内訳は以下の通りです。
 ・事業運営タスクフォース(事業運営の効率と精度を高める)
 ・事業評価タスクフォース(事業の成果を測り、課題を把握して事業の効果を高める)
 ・勉強会タスクフォース(団体内外の知見を集積・共有し、有効活用する)
 ・案件審査会タスクフォース(助成金への申請案件の質を向上させ、
  スタッフの案件説明能力を高め、ドナーによって確実に案件が承認されるようにする)

各タスクフォースはマネージャーを中心とした3〜4名のスタッフで構成され、ミーティングを重ねながら、それぞれの分野での成果を上げるために何が必要かを考え、業務に関する具体的なガイドラインを作成したり、部門を越えたスタッフ同士での学びの場を設けたりしてきました。

この一連の取り組みにより、これまでの長きにわたり、ADRA Japan が組織として改善の必要を感じつつも、日々の業務に追われる中で対応することができてこなかった種々の問題が、大きく解決へと向けて動き出しました。

「NGO組織強化大賞2017」では、こうした取り組みを評価していただき、ADRA Japan は見事「経営・戦略部門賞」を受賞いたしました!

審査員の方のお話によれば、成果が出ていること、イノベーティブであること、そして、どこの団体にもある問題に取り組んでいること(つまり他団体の参考になり得ること)の3つのポイントを基準に審査が進められたそうで、数ある応募団体の中から選ばれたということは、大変光栄なことだと思っています。

授賞式は1月31日に開催されました。4つの部門賞を受賞した団体がそれぞれ自団体の取り組みについてプレゼンテーションを行ない、審査員と会場に集まった方々からの投票によって「大賞」が選ばれました。


02.JPG
マネージャーの前川によるプレゼンテーション


ADRA Japan からは今回の受賞の立役者であるマネージャーの前川が登壇し、「ひとつの命から世界を変える! 団体のミッド・ライフ・クライシスへの取り組み〜全スタッフを巻き込んでのキャパシティ強化〜」と題して説明をしました。

ADRA Japan は惜しくも大賞は逃しましたが、「経営・戦略部門」の担当審査員を務められたJANICの若林事務局長からは、以下のコメントをいただきました。
「組織されてからの年数が経過している団体は、何か新たな動きを始めるということが大変難しいものだ。しかしADRA Japan ではマネージャーの登用により、部門を越えての取り組みを始めることができた。それだけではなく、それに全職員が参加したこと、そしてその結果として具体的な動きが生じたことは高い評価に値する。申請書を読んでいてわくわくする思いだった」。


03.JPG
若林事務局長からの賞状授与


04.JPG
4部門の受賞者と審査員の方々


このように、普段表に出ないことも、実は国際協力を行なう団体にとっては非常に大切なことであるということ、そうした働きはすべて献身的なスタッフによってなされているということ、そして今回それが第三者によっても評価されたということを、いつもご支援くださる皆様に、感謝とともにご報告いたします。


05.JPG


皆様からお預かりするご支援を有効に用いさせていただき、より質の高い支援を実施していくためにも、こうした努力を今後も継続して参りたいと思っています。

いつもご支援くださる皆様に、心から御礼申し上げます。


文責:事務局長 浦島靖成


ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 16:20 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(5/17)【スタッフのつぶやき】エチオピアで一連の紛争に巻き込まれ、感じたこと [2016年05月17日(Tue)]
エチオピア・ガンベラ州の難民キャンプにて南スーダン難民の支援活動を行なっている齊藤です。

2014年9月に初めてエチオピア・ガンベラ州に来て以来、事業地の治安は、比較的安定していましたが、2016年4月に生まれて初めて「生死を分かつ経験」をしたので、そのことについて少し書きたいと思います。

事件の発端となったのは、2016年4月21日の木曜日でした。

ガンベラ州には、5万人規模の難民が住むキャンプが4つあります。その中の一つのキャンプであり、ADRA Japanが昨年まで活動を行っていたJewi(ジュイ)難民キャンプで、ある支援団体のバスを運転していたエチオピア人のアバシャ(※アバシャ=肌の色が薄いエチオピアの民族)が交通事故を起こしました。その事故で難民の子ども、2人が亡くなりました。

この事故に対して、南スーダンから逃れてきた難民側の民族(ヌエル族)が激昂し、ジュイ難民キャンプ内で活動していた他の支援団体や 国連関係者を襲いました。その事件の影響はジュイ難民キャンプ内の争いに波及し、支援団体の契約している熟練工(アバシャ)が複数人殺傷されました。

ヌエル族は、子どもを事故で失った同じヌエル族の仲間の為にリベンジを行なった形になりました。

しかしながら、エチオピアの民族であるアバシャ側からはこのリベンジに対して、なぜ南スーダンから逃れている難民のヌエル族に対して土地を提供し支援をしているエチオピア人が復讐されなければいけないのか?といった不満と怒りが増大し、「アバシャ」 と 「ヌエル族」の間の戦闘が瞬く間にガンベラの町全体に広がりました。

この影響は、我々、南スーダン難民の支援活動を行なっているNGOや国連などの支援団体にもありました。難民支援をしているということから、ヌエル族の味方と一方的にみなされ我々支援団体も標的となってしまいました。

4月23日に国連の事務所や他の国際NGOの事務所がアバシャからの投石等の襲撃にあう、という形で事件が激化しました。国際NGOの職員として、外国人も標的になっていたこともあり、首都のアディスアベバに緊急退避を決め、その時点で予約可能な最速のフライトで、翌日24日ガンベラからアディスアベバに退避することに決めました。

4月23日の夕方、町中で銃声が聞こえ始め、今回は標的であったために、不安を抱えながら、23日の夜を過ごしました。

4月24日、町では朝からアバシャのデモ隊が町を闊歩しており、我々NGO職員は外に一歩も出ない様にひっそりとオフィスに隠れていました。午前10時頃、遠くの方で微かな音ではありましたが、複数の銃声が聞こえました。さらにその数十分後にADRAの事務所のすぐ横の道で「バン!バン!」ととても大きな音が鳴り響きました。その音は、私の座っていたところから壁を隔てて3メートルほどしか離れていない場所から聞こえました。

とっさに、自分の部屋に逃げ帰り、カギを閉め机の下に隠れ、身を潜めました。

前日に我々の事務所の目の前の国連機関の事務所が襲撃を受け、ドアが壊され、デモ隊に襲撃されていたこともあり、我々の事務所にもデモ隊が侵入してくる可能性が十二分にありました。また、事務所の横の道ということもあり、銃撃戦となった場合、流れ弾に当たる可能性が高かったこともあり、手と足の震えが止まりませんでした。

これは「死ぬかもしれない」と本気で思いました。

「どうせ人間はいつか必ず死ぬものである」と言う人がいますが、
28年間の人生でここまでリアルに「死」を意識したことはありませんでした。

銃声が複数回鳴り響いている間、頭の中を、
今までの短い人生のことが走馬灯のように駆け巡りました。

「自分の人生を本気で生きてこられたのか」
「後悔することは無かったか」
「自分は誠実に生きられたのか」
「自分の人生を全うできたのか」・・・

また、今まで傷つけてしまった人々の顔や記憶が一気に浮かんできました。

そして、銃撃戦に対して何もできない虚無感、過去への後悔−周りの人へ温かく接することができなかった記憶、素直になれなかったこと、親孝行等やり残したことへの心残りなど、色々なものが死への恐怖とともに、頭の中をよぎりました。

「あぁ、これではまだ死ねない。」
と、恐怖で手足がガタガタ震える中、必死で生きたいと思いました。

幸いなことに銃声は数分で止み、その後自分の部屋から出て、スタッフの安否を確認しました。

事務所で死傷者が出ていないことに安堵し、全身の力が一気に抜けてしまい、暫くの間、耳の中であの暴力的な銃声が何度もこだまするのと同時に、死を恐れ、震えていたときに感じた「感覚」が戻ってきました。

「人は必ず死ぬ」

当たり前のことですが、事故であれ、紛争であれ、老衰であれ、なんであれ、必ずその時は訪れます。

そして、死の直前に自分の人生が自分のヒストリーとして、一気に思い出されます。

「他者への接し方はどうだったか」
「誠実に相手に接しられたか」
「何かの選択を躊躇して後悔はしていないか」
「やり残したことはなかったか」

私は正直、様々な「後悔」の念に駆られました。
できていなかったことがこんなにも多かったのかと自分でも驚くほどでした。

その後、アディスアベバに無事に退避しましたが、それから2日程は、紛争へのショックにより心にぽっかりと穴があいたような空虚感と自分の後悔がこんなに多かったことへの驚きで茫然としていました。

しかし、いつまでも立ち止まっていることはできません。この事件は自分にとって、今後の人生を後悔させないため、誰かが与えてくれた特別な「きっかけ」であり、乗り越えなければいけない壁であると前向きにとらえ、自分の中で消化していかなければなりません。

「他人と過去は、変えられないが、自分と未来は変え放題」と昔、本で読んだことがあります。

この言葉が改めて自分の胸にストンと落ちるような感覚がありました。

この一連の事件で犠牲となった方々への想いを胸に、また今日から一日ずつ、未来に訪れる人生が終わる日に「後悔しないよう」に過ごしていきたいと思います。

このように今日まで生きてこられたことに感謝して、今日からまた微力ではありますが活動を続けていきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

南スーダン難民支援活動詳細はコチラ



(執筆:南スーダン担当 齊藤吉洋

ADRA Japanのホームページはこちらです



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 10:50 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(3/30)【スタッフのつぶやき】世界報道写真展で見つけたケニアの女性の写真 [2016年03月30日(Wed)]
事業部の松川です。

みなさんには毎年行なっている恒例行事がありますか?

私は夏になると、「世界報道写真展」に行きます。毎年「世界報道写真コンテスト」というものが開かれており、その中で受賞した作品を展示しているのが「世界報道写真展」です。シリア危機や東日本大震災のような世界的にも注目されている出来事をとらえた写真が展示されているだけでなく、その地域特有であまり知られてはいないけれど、同じ時代を生きる人々の光と影が垣間見えるような写真展です。5年前から毎年足を運んでいます。

3年前、世界報道写真展で展示されていた写真でとても印象に残っているものがあります。その写真がこちらです。


CI1.jpg
撮影者:ミカ・アルバート (アメリカ)
出典:WORLD PRESS PHOTO
http://www.worldpressphoto.org/collection/photo/2013/contemporary-issues/micah-albert


100万人が暮らすケニアのスラムの中で撮影された1枚です。ごみ山の上に女性が座っていて、少し微笑みながら本に見入っています。彼女は工場部品のカタログでさえも見るのを楽しみにしています。

現在、私は教育支援事業に携わっています。教育は目に見えず、成果が出るまで時間がかかりますが、この写真の女性のように本を読むことを求め、喜びを感じる人がいる限り、彼女のような生活を強いられている人々が将来の選択肢を広げることができるように、教育支援を続ける意義はあるのではないか、と思います。

世界報道写真展で展示されている写真はメッセージ性が強く、その表現はとても直接的です。思わず目を背けたくなるような写真も展示されており、決して楽しい気分になれる写真展ではありません。ただ、知らないままにしてはいけない事実がそこにあるような気がして、毎年見に行っています。

今年の開催に関するお知らせはまだ公表されていませんが、以下のリンクから去年の開催概要を知ることができます。
http://www.asahi.com/event/wpph/
今年も開催されるようであれば是非足を運んでいただき、みなさんも心にぐっとくる1枚を見つけてください。

(執筆:事業部 松川 聡

ADRA Japanのホームページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:43 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(11/6) 池袋防災館に行ってきました。 [2015年11月06日(Fri)]
管理部の渡辺です。

ADRAスタッフの防災訓練も兼ねて、数年ぶりに池袋防災館に行ってきました。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-ikbskan/

防災館では様々な訓練を体験することができます。今回ADRAスタッフが体験したのは、救急・消火器・煙・地震です。

救急コーナーでは、倒れている人に対して、意識の確認、呼吸の確認、心肺蘇生、AEDの使い方、周りの人への協力の呼びかけ(心肺蘇生の交代方法)を学びました。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/life01-2.html

どんどん情報が更新されていくため、昔の記憶と違う所もあります。
上記のリンクにも書いてありますが、気道確保をせずできるだけ早く胸骨圧迫をしたり、人工呼吸がためらわれる場合にはやらなくても良かったり、胸骨圧迫の位置は「胸の真ん中」と簡単になっていたり。
忘れていることもあったので、何度も繰り返して経験することはとても大事だと思いました。


2015.10.14_救急05.jpg


消火器コーナーでは、消火器の使い方、大きい声で助けを呼ぶこと、自分で消せる火の大きさの目安などを学びました。

こちらは昔と大きくは変わらないので、スムーズに訓練が進みました。次回はビル内での出火を想定し、消火栓を体験したいと思っています。


2015.10.14_消火器03.jpg


煙コーナーでは、煙の特性を学んだあと、煙の充満した部屋を歩いてみます。背を低くして歩くのですが、ちょっと油断をすると警告音とともに注意されてしまいます。思った以上にかがまなければならないので、本当の火事の時にこのスピードで歩くことに我慢できるのか少し不安になりました。
「お(さない)・か(けない)・し(ゃべらない)」は、頭で分かっていても実際は守るのが難しいようです。もし地下鉄やデパートなど人ごみで火災にあったら、どれぐらいの人が冷静に避難できるのでしょうか。パニックを起こす人、我先に逃げたいと思う人、情報が欲しくて話し続ける人…そんな光景が容易に想像できます。
自分はどうするべきなのか、改めて振り返る機会になりました。

最後の地震コーナーはリニューアルされており、初めて東日本大震災の揺れを体験しました。
最初に大きく揺れた後に、少し揺れがおさまったかと思うと、また大きな揺れが来ます。係員の方が「また揺れますよー。しっかり机の脚を持っていてくださいね。」「もう少しで終わります」と声をかけてくれるので、なんとなく先が見越せます。そのような状況でも「こんなに揺れるのか」「長い…」と感じたので、実際にあの揺れを体験した皆さんは、どんなに怖かっただろうかと思いました。
ましてや、揺れると分かっていて、揺れた途端に机の下に隠れられる訓練と、いつ、どれぐらい揺れるか分からない状態で地震に遭うことの比較はなかなかできないな、と思いました。


2015.10.14_地震06.jpg


私自身、東日本大震災の時、大きな揺れにびっくりして机の下に隠れたのですが、机の上のお茶がこぼれるのが嫌だなーと手を伸ばしてカップを取り、床に置くということをやってしまいました。
とにかく「まずは身の安全」を確保する事。いろいろと気にするのは後でいいと平時から自分に言い聞かせなくてはダメなようです。

災害が頻発しているこの時代、「その時」の自分の行動が、恥ずかしくないものでありたいと改めて思いました。
具体的にイメージする事、可能性を考えておくこと、平時にできることを後回しにせずにやること、と改めて考える機会を得た防災館体験となりました。

防災館は日本各地にあり、場所によって学べる内容も異なるようです。
是非、みなさんも行ってみてはいかがでしょうか。

(執筆:管理部 渡辺千里

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:00 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(9/4)【スタッフのつぶやき】18歳選挙への法改正。世界ではどうなの? [2015年09月04日(Fri)]
ボランティアの竹内です。

先月、日本の国会で、国政選挙などで投票できる権利(選挙権)が得られる年齢を18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が可決・成立しました。

さて、この選挙権の年齢ですが世界の国々ではどうなっているのでしょうか?
日本国の総務省のホームページを見ると、18歳から選挙権が得られる国は多いようです。

過去のADRAのブログを読んでみると、選挙に関する記事もいくつかあり、それぞれの国の状況・習慣を踏まえた選挙活動、投票が行なわれていることがわかります。

たとえば、ADRA Japanが2006年より活動していたスーダンで2010年4月に行なわれた選挙。この選挙は、南北スーダンの間で2005年に結ばれた包括和平合意(CPA)に従って開催された、実に24年ぶりの複数政党制による総選挙でした。

投票するためには、選挙登録をする必要がありました。選挙権を有する18歳以上のスーダン人が選挙登録をするためには身分証明書が必要なのですが、20年以上も紛争が続いた南部スーダンでは身分証明書を持っていない住民も多く、選挙登録場所に同席している村のチーフ(長老)が、身分証明書を持ってない人についての選挙資格の有無を判断したそうです。


voter_registration2.jpg
選挙登録の様子


また投票に際しても、識字率の低い南部スーダンの現状に配慮し、投票用紙には各候補者の名前と写真を掲載したそうです。これにより投票したい候補者の顔を覚えておきさえすれば、読み書きができない人も選挙に参加することができるわけです。

ちなみに、選挙キャンペーンはお祭り騒ぎで、候補者が地方までチャーター機(飛行機)でやってきて、数時間の演説をして帰っていく光景が繰り返されたそうです。候補者が来るたびに、住民が賑やかに踊ったり歌を歌ったりして迎え入れていたとか…。

選挙の後、2011年1月には、CPAに基づき南部独立を問う住民投票が行なわれ、2011年7月9日、南部スーダンが新しい国、南スーダンとして誕生しました。


お隣のケニアでは2013年2月に実施された総選挙に際し、ケニアの女性が体に巻いたり、敷物、風呂敷、子供を背負ったりするのに使う伝統的な布“カンガ”が選挙運動に使われたそうです。
具体的には、候補者がカンガに自分の顔写真をプリントして配布したとのこと。村人は腰に巻いたり、荷物を入れたりするためにこの布を利用したため、村ではいろいろな候補者の顔が入ったカンガをあちこちで目にすることができたそうです。現地の生活習慣を利用した心憎い選挙運動ですね。
ちなみに、ケニアの選挙権も18歳からだそうです。


B1.jpg
皆さんが腰に巻いているのがカンガです。


B2.jpg
候補者の顔写真入りのカンガ!!


ということで、国によって選挙のあり方、また運動の手法にもいろいろとあり、皆さん工夫されているようです。ネットが普及している日本でも、2013年4月にインターネットによる選挙運動が解禁されたことは記憶に新しいところです。

今回新たに選挙権を得られることになった18歳から20歳の皆様も、それぞれの候補者の主張はもちろんですが、運動にどういった手法を使っているのかを観察?!することから選挙に関心をお持ちになってみても良いかもしれません。


スーダンの選挙については下記のブログをご参照ください。
2010年04月16日 スーダン総選挙!!

2010年04月28日 スーダン便りVol.15〜スーダン24年ぶりの選挙と一時退避〜



ケニアの選挙については下記のブログをご参照ください。
2013年11月29日【スタッフのつぶやき】ケニアの抱っこ布、カンガにまつわるあれこれ


(執筆:ライティングボランティア 竹内 友規)


ADRA Japanのホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 19:37 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
(8/7)【スタッフのつぶやき】緊急時に家族と連絡を取る練習をしてみたら…。 [2015年08月07日(Fri)]
管理部の渡辺です。

ADRAでは毎月1日もしくは15日にBCP訓練が行われています。
BCPとはBusiness Continuity Planの頭文字を取ったもので、災害などが発生したときに、ADRAの業務が中断しないようにするための活動計画や指針のことです。

BCPには「家で被災したら」、「海外駐在スタッフが東京事務所と連絡が取れなくなったら」、「東京事務所が使えなくなったら」…など、いろいろ想定して、その対処法が書かれています。

その中の1つに、スタッフはスタッフの家族の安否を確認すること、という項目があります。家族の安否を確認することで、安心してADRAの業務を果たすことができるからです。

先月6月1日のBCP訓練が、緊急時における家族との連絡方法を具体的に考え、家族と話し合って、実際にやってみる、というものでした。

渡辺家で考えた連絡方法は、まずSNSの活用。
東京が壊滅しない限り、Facebook、Twitter、LINE、メールなどにとにかく情報を流せばどうにか連絡は取れるのではないかと思い、連絡方法の1つに挙げました。

東日本大震災の時はSNSが強かったですが、一気にユーザーが増えた現在では、実際の所どうなのかは分からないのが怖いところではあります。

連絡方法は複数考えましょうということだったので、次の方法は災害伝言ダイヤルにしました。同居している義理の母はSNSをやっていないので、災害伝言ダイヤル171を覚えてもらうことにしました。

毎月1日と15日は災害伝言ダイヤルを試しに使うことができます。
6月1日、まずは母1人でチャレンジしてもらおうと思い、災害伝言ダイヤルにメッセージを入れ、義母には災害伝言ダイヤル171でメッセージを聞いてみてくださいねと連絡をいれました。

仕事を終え、家に帰って、義母にできたかどうかを聞いてみた所、「171だったか184だったか分からなくなっちゃったのよ。どっちだっけって考えているうちに、忙しくなっちゃって、まだやってないのー」とのこと。

課題1:災害伝言ダイヤルの番号を覚えてもらわなくちゃいけない!


photo1.jpg
(こんなコアラのマーチを見つけました。災害伝言ダイヤル171は「いない」と覚えます。)


じゃあ、一緒にやってみましょうと、付き添いながらやってみたところ、「連絡を取りたい方の電話番号を入力してください」の所で、市外局番を入れ忘れ、入れ忘れたことに気がついたらプチパニックになり、電話を切ってしまいました。

課題2:連絡を取る電話番号を目に見える形にしておいたほうがいい!

そして、再度チャレンジ。電話の向こうから次々と言われる、「〜の場合は1を、〜の場合は2を押して下さい」「伝言が終わりましたら9#を押して下さい」などの指示がよく分からないと言いながらも、録音をすることができました。

良かったこと:録音するなら1を押すという所と、電話番号を入れる所をクリアすれば、録音はできるらしい。

そして義母が録音した内容は「無事です」の一言でした。それを横で聞いていて、もしもの時は「今どこにいるのか、これからどうするのかも一緒に録音してくださいね」とお願いしました。

課題3:何を録音するのか事前に決めておく!

実際にやってみることで、そんなに簡単ではないことが判明しました。これが本当に大地震の後だったら、171の番号も確信が持てず、どこの電話番号でメッセージを入れるのかの約束も自信が持てなくなり、大事なことを録音できずに終わってしまうかもしれません。これは、これからも繰り返すことで、義母には覚えてもらおうねと家族で話し合っています。


phoro2.jpg
(NTTで配布しています。3つ折りにするとカードサイズなので、お財布に入れておくといいかも。)


皆さんも「実際に」やってみてはいかがでしょうか。お子様と、ご家族と、遠方にいるご親戚と…。今、備えられることから取り組むことで、「その時」が来た時に、1つでも不安を減らし立ち向かえるようになるのではないでしょうか。

(執筆:管理部 渡辺千里

ADRA Japanホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 12:00 | スタッフのつぶやき | この記事のURL
| 次へ