• もっと見る
«(12/16) vol.95 新しい事業がはじまりました | Main | (12/22)<続報>令和4年台風15号で被災した静岡県袋井市で「相談会&足湯」を行いました»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(12/20) 雪降るウクライナ。命綱となっている支援を続けています。 [2022年12月20日(Tue)]


深刻な危機が続いているウクライナでは、
人々の苦しい暮らしが続いています。





Ukraine121901 - コピー.JPG

[支援が人々の命綱となっている地域で新鮮なパンやその他の食材、離乳食等を配付。2022年12月 ウクライナ東南部]




南部のへルソン州、東部のイジューム州、
北東部のバフムート州などでは、
ライフラインが断たれ、
600万人のウクライナ人が
電気を使えない生活を送っています。


地域によっては気温が
マイナス20度にもなる極寒の冬が始まり、
食料や安心して温かく過ごせる環境が
必要とされています。




ADRAは、命をつなぎ笑顔をとりもどすための
あらゆる支援に取り組んでいます。


先週は、砲撃の合間をぬって
ルハンスク地方へ280箱の食料セットと、
215個の焼きたてのパンを届けました。


この地域で配った食料セットは、
累計で10万個を超えました。




ドニプロペトロウシク州、ヘルソン州、
ハリキウ州にはこの1週間で約7,000本の水を届け、
そのほか、給水設備が破壊されたり、
十分な水が手に入らない地域に
12.5万リットルの水を支援しました。




Ukraine121902 - コピー.JPG

[救急車での避難支援で、障害のある方、200人以上の避難を助けています。2022年12月 ウクライナ・ヘルソン州]





公共の交通機関がすべて止まってしまった地域での
無料バス運行支援も継続しており、
年金の受け取りや通院、買い物など、
1700人以上に利用されています。


寒い冬を乗り超えるために必要な支援にも
取り組んでおり、
複数の市町村に対して発電機を提供しました。




また、命の危険がある地域からの避難支援も
継続しています。


先日は、治療が必要な状態にも関わらず、
電気も水も燃料もない中、
毎日砲撃がある地域から避難できずにいた家族に
救急車を手配し、
治療と暖がとれる環境を
支援することができました。




Ukraine121903 - コピー.JPG

[設備が破壊され飲み水が手に入らない地域に、飲料水や水の浄化剤を配付しています(2022年12月 ウクライナ 東南部の州)]





皆さまからの温かいご支援のもと、
WPFやユニセフのほか、
多くの支援パートナーと共に、
これらの活動に取り組むことが
できておりますことを心より感謝申し上げます。


今も厳しい状況が続いているクライナの方々に
寄り添った支援を届けられるよう
引き続き温かいご支援をお願いいたします。



(文責:広報担当 永井温子)


ウクライナ支援特設ページはこちら

Ukraine_top2.jpg

https://www.adrajpn.org/Emergency/Ukrine2022.html
Posted by ADRA Japan at 10:07 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント