• もっと見る
«(11/2) ADRAがウクライナ最高議会より功労勲章をいただきました | Main | (11/9) 【動画】空爆が悪化する中での食料支援»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(11/8) ジンバブエ便り vol. 61 現地のみんなが参加する「住民参加型学校開発事業」、着々と進んでいます! [2022年11月08日(Tue)]


皆さん、こんにちは!


ADRA Japanは、2022年4月からジンバブエの、
ザンビアとの国境に近い西マショナランド州
ニャミニャミ地区で、
住民参加型の学校開発支援に取り組んでいます。




活動をしているマジャゾ小学校、
マレンベジャ小学校、サウィラマカンデ小学校
があるニャミニャミ地区は、
「マトゥサドナ国立公園」と呼ばれる国立公園が
隣接する地域です。


ゾウやクロコダイルをはじめとする野生動物と、
村の人々の生活圏が混在しており、
初めてこの地域に支援に入る
事業チームスタッフにとっても、
新しい発見が多いです。



<マレンベジャ小学校から水汲み場へ向かう道中。
学校の真裏にゾウの糞や足跡がありました
(2022年5月)>




ADRA Japanは、これまで8年間に渡り、
ジンバブエのミッドランド州
ゴクウェ・ノース地区で
教育支援に取り組んできました。


(今年の6月に完了した事業の報告はこちら)


その中で培った経験を活かし、
ニャミニャミ地区では、住民が主体となって
学校開発を実施していくための
基盤づくりを支援する活動を開始しました。


ADRA Zimbabwe 1.jpg

<「通学中にゾウに遭遇したことがある人?」と
聞くと多くの子どもたちが手を挙げた(2022年6月)>



対象としている3校の小学校は、
ジンバブエ政府に正規登録されていない
サテライトスクールです。


地域に野生動物が多く、通学中の危険があるため、
子どもたちの通学距離を少しでも短くするために、
村の人々によって設置されました。


資源が非常に限られている環境の中で
住民たちが協力して作ったワラぶき屋根や
木の下が教室となっています。




1校あたり、250人〜450人の子どもたちが通っており、
この地域の子どもたちにとって、
なくてはならない学校ですが、
ジンバブエ政府に正規登録されるためには、
整った学校設備が必要です。


また、学校のすぐ裏にまで
象などの野生動物が来る環境で、
子どもたちが少しでも安心して授業を
受けられるようにするためにも、
丈夫な校舎は必要とされています。




これまで、学校は収入向上活動の支援などを
受けたことがある一方で、
財政がひっ迫するジンバブエ政府からの支援は乏しく、
安定した収入源はありません。


そのため、教育環境の整備や学校の開発が
進まない状態にあります。


ADRA Zimbabwe 2.JPG

<丸太とワラの教室で学ぶ子どもたち(2022年7月)>




こうした状況下で子どもたちが
学び続けることのできる学校を整備していくためには、
校長先生や教員、地域のリーダー、保護者からなる
学校開発委員会の高い運営管理能力が必要とされます。


そして、施設管理はもちろん、維持管理に必要な
収入の確保、予算管理、学校開発の計画づくりなどに、
学校開発委員会メンバーたちが
自ら取り組んでいくことが必要です。




こうした背景の中、私たちADRA Japanは
現地のジンバブエ支部とともに、
学校のインフラ整備を進め、
学校が自分たちで持続可能な開発を
行っていけるように、トレーニングを実施しています。




事業を開始して6か月が経つ2022年10月現在、
まだまだスタート地点ではありますが、
現地では少しずつこれまでの経験を活かした取り組みが
行われています。


ADRA Zimbabwe 3.png

<学校開発委員会のチームビルディング研修の様子(2022年9月)>



ADRA Zimbabwe 4 .jpg

< 研修後にフォローアップとして
参加者に聞き込みを行うスタッフ(2022年9月)>



ADRA Zimbabwe 5.jpg

<住民から選ばれた建設作業員を指導する
アドラのベテランスタッフ(2022年8月)>



インフラ整備の一環で実施している校舎建設では、
住民から選ばれた建設作業員を
ADRAスタッフが指導しています。


活動の中心となっているスタッフは、
地域開発にも理解が深く、建設の知識もあり、
技術的な指導もできます。


前のゴクウェ・ノース地区の活動でも、
人々に寄り添った指導を行い、
地域を支えた経験があります。




学校建設の資材となるレンガは、
住民によって集められた
水・砂利・砂などを使って、住民自身が作り、
建設作業員はそれを用いて校舎を建てていきます。


住民主体で校舎建設を進めることで、
建設後の施設管理や教育そのものに対する
住民の意識向上につながり、


さらには建設という専門的なスキルを身に付けた住民が
その先のキャリアを切り開いていくきっかけにもなります。




もともとは何も無かったところに、
住民たちが汗を流して運んだ砂や砂利が集まり、
レンガが作られ、一段一段とレンガが積み上げられていき、
現在では、窓枠の高さまで校舎が完成しています。


その経過を見るだけでも胸が熱くなります。


ADRA Zimbabwe 6.jpg

<まっさらな校庭に住民たちが
バケツに入れて運んできた砂が集まり始めた事業開始当時
(2022年5月)>



ADRA Zimbabwe 7.jpg

< 何もなかった場所に校舎が形作られ始めた
(2022年9月)>




これらの活動を
「学校開発の基盤づくり」と語るのは簡単ですが、
本当の意味で住民参加型の活動に取り組み、
人々に主体的な学びをもたらすためには、
こまやかな配慮や辛抱強さが必要です。


それはときに遠回りにも見える道のりですが、
私たちアドラのジンバブエ事業チームは、
今後も丁寧に学校開発委員会や地域の住民の方々と
向き合って活動を実施してまいります。




これからも、このニャミニャミ地区での住民や
スタッフの奮闘、現場での変化などを発信していきますので、
皆さまの温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


ADRA Zimbabwe 8.jpg

< 学校教員と話をする駐在員とアドラスタッフ
(2022年6月)>




※ ジンバブエ事業は、皆さまからの温かいご寄付と、
日本NGO連携無償資金協力の助成も受けて実施しています。



ご寄付のお申し込みは、

こちらのサイト

から「【ジンバブエ】教育環境改善支援など」を
お選びいただきお手続きいただけます。


温かいご支援に心より感謝申し上げます。



(ジンバブエ事業 東京本部担当 高橋 睦美)


Posted by ADRA Japan at 19:49 | ジンバブエ便り | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント