• もっと見る
«(10/28) YouTube動画「ADRAスタッフの一日」を公開! | Main | (11/8) ジンバブエ便り vol. 61 現地のみんなが参加する「住民参加型学校開発事業」、着々と進んでいます!»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(11/2) ADRAがウクライナ最高議会より功労勲章をいただきました [2022年11月02日(Wed)]

ADRA_UkraineResponse_photocredit2.jpg



ADRAは1993年からウクライナ国内で
社会的弱者である、孤児、障害者、高齢者、
また自然災害や人災の被害を受けている方々などに対し
さまざまな支援活動を行ってきました。

今年2月にウクライナとロシアの間で
戦争が始まったときはすぐに、
これまで培ってきた経験と
地元の方々との強い繋がりを生かし、

戦争で被害に遭われている方々への
支援を開始しました。


戦争が始まってからこの8か月間、
ウクライナにいるADRAスタッフ、また
多くのボランティアの方々は、
自分たちも被災しているにもかかわらず、

助けを必要としている方々を支援するため
日々奮闘しています。


この度、その活動が称えられ、
ADRAはウクライナ最高議会より
名誉ある功労勲章をいただきました。


ADRA_UkraineResponse_photocredit.jpg



ADRAはこれまでウクライナ国内で
戦争の被害に遭われている方々、
合計700万人以上に必要な支援を届けてきました。

その活動を通して、これまでに
避難生活を余儀なくされている方々
280万人以上に食料や、
20万リットル以上の水を届け、

戦闘の激しい地域に住む方々の避難を支援し、
4万6千人以上の方を安全な場所へと
送り届けてきました。

そして、家が破壊され
すべてを失ってしまった方々や団体への
現金給付の総額は7億6千万円相当以上になります。


その他にも、病院や医療従事者への医療品支援や
被災者へのカウンセリングを各地で行い、

戦争開始直後にウクライナ国内で開設した
コールセンターでは、毎日多くの方から
支援要請やご相談をいただき、
チームが一つひとつ丁寧に対応してきました。


これらは、日本、または世界各地にいらっしゃる
皆さまから温かいご支援をいただいているからこそ、
できている活動です。

ウクライナ最高議会よりいただいた勲章は
私たちの活動を支えてくださっている
皆さまお一人おひとりに頂いたものだと
思っています。


ADRA_UkraineResponse_photocredit6.jpg



ウクライナ国内にいるADRAスタッフ、
またボランティアの方々は
毎日爆撃の音を聞きながら、戦火をくぐり抜け
支援活動を行っています。

彼らの活動を称えるとともに、
私たちを支えてくださっている皆さまに
心より感謝申し上げます。

ADRAはこれからもウクライナの方々
一人ひとりに寄り添い、引き続き
支援を行っていきます。


ADRA_UkraineResponse_photocredit5.jpg



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。


ADRAFriend202208.jpg



詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


Posted by ADRA Japan at 09:02 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント