• もっと見る
«(9/20) 8/24にウクライナデー報告会「この半年、あなたの支援がどう人々を支えたのか?」を開催しました! | Main | (9/22) ウクライナへの平和の想いをつなげた動画が完成しました。»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(9/21) ご報告【ジンバブエ事業報告会】をオンラインにて開催しました! [2022年09月21日(Wed)]


皆さま、こんにちは!


ADRAは皆さまの温かいご支援のおかげで、
ジンバブエでの活動を
実施することができていますことを
心より御礼申し上げます。




今回は、8月10日に開催した
活動報告会の様子をお伝えします。


この報告会は、
4月から開始した
クラウドファンディングプロジェクト



「すべての子どもに教育を!
ジンバブエの学校運営をあと少し支えてほしい」



にて、
報告会参加のリターンを
ご購入する形でご支援をいただいた
皆さまを対象に実施しました。




活動報告会では、
まずは、ファンドレイジングプロジェクトでも
顔なじみとなった担当スタッフの高橋から、


「事実質問(事実を引き出す質問)」を駆使し、
現地のパートナーとの対話と発見を促進する
取り組みについてご紹介しました。




私たちが事実質問にこだわっているのは、
事業活動で学校開発委員会のトレーニングや
学校の収入向上活動を行なった後も
より良い学校運営が続けられることを
目標としているからです。


報告会では
学校開発委員会、学校教師、地域住民、
現地スタッフなどのパートナーとともに
活動を行っていけるよう、


事実を掘り下げる質問を重ね、
気づきにつなげることを意識した対話をし、


ADRAが準備した活動をただ行うのではなく、
パートナーたちの自主性を重んじ、
事実と必要性に基づいた活動を目指したことを
伝えました。



アドラ_ジンバブエ1.png




次に、ジンバブエ駐在員の上田から、
事業地で学校開発委員会や
先生と取り組んできた養鶏、養卵について
ご紹介しました。


特に、養鶏、養卵のために購入した鶏や
ホロホロ鳥を管理する中で、
どのように問題を分析し、対策を発見し、
対応してきたのか、


その結果どのくらい数を増やし、
収入を増加させることができたのかをお伝えし、


その収入によって、
これまで学校に通えていなかった子や
過去に退学してしまっていた子どもたちを
受け入れている特別学級の子どもたちに、
制服や筆記用具代を購入できたことを
ご報告しました。



アドラ_ジンバブエ2.png




質疑応答の時間では、
ご参加いただいた支援者様から
鶏の販売先について、鶏の伝染病対策について、
事実質問について、学校の選定の方法について、


ジンバブエの小学校と日本の小学校の
学んでいることの違いについてなど、


さまざまなご質問を頂き、
ADRAが実施している教育支援事業について
さらに良く知っていただける時間となりました。



アドラ_ジンバブエ3.png




また、参加者の方から



「新しい校舎がどんどん増えるといいですね」



というコメントもいただきました。


私たちもそう願っており、
2022年4月からは、
教育をより多くの子どもたちに届けるために、


この事業を実施したゴクウェノース地区の
隣にあるニャミニャミ地区で
新規事業を始めています。


今後、こちらの事業もブログで報告いたしますので、
楽しみにしていてください!




ジンバブエ事業は、皆さまからの温かいご寄付と、
日本NGO連携無償資金協力の助成も受けて
実施しています。


皆さまのご理解と温かいご支援に
心より感謝申し上げます。



(執筆:ジンバブエ事業スタッフ 辻本峻平)


Posted by ADRA Japan at 15:28 | ジンバブエ便り | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント