• もっと見る
«(4/17) ウクライナ南部で子どもたちが安全に過ごせる避難所を運営しています。 | Main | (4/19) ウクライナ首都近郊の家族1,240世帯に家族支援キットを届けました。»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(4/19)【イエメンのイベント告知】4月27日19時開始 「紛争下8年目のイエメンの今とこれからを考える」 オンラインイベント [2022年04月19日(Tue)]


イエメンポスター.jpg


ADRA Japanは、
ジャパン・プラットフォーム、
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、
ICANとの共催で、


4月27日19時からオンラインイベント


「紛争下8年目のイエメンの今とこれから
を考える」


を開催します。


ウクライナ危機の報道の影で、
今世紀最悪とも言われるイエメンでの
人道危機について、


イエメン専門家の佐藤寛アジア経済研究所
定石主任調査研究員からの講演と
各団体からの報告があります。


是非ご参加ください!!



*******************


2015年3月に武力衝突が激化し、
イエメン全土が大規模な人道危機に
陥ってから、今年で7年が経過します。


イエメンでは人口の3分の2にあたる
2,070万人が支援を必要としています。


そのうち半分にあたる1,130万人は
子どもたちです。


新型コロナウイルス感染症や
武力衝突激化の影響により、
イエメンでは死傷者や国内避難民の増加、
今まで経験したことのない燃料不足、
深刻化する飢饉の危機に直面しています。


一方で、イエメンに対する国際社会の
関心は薄れつつあります。


今回は、ジャパン・プラットフォーム
およびイエメンや周辺国で活動を
行ってきたNGO3団体が、


イエメンの深刻な状況や、
それに対する支援と挑戦について
ご報告いたします。


一人でも多くの方にとって、
イエメンの今を知り、
考えていただく機会になれば幸いです。


ご参加をお待ちしております。




日時 4月27日(水)19:00~20:45

場所 オンライン

参加費 無料

申込方法

こちらをクリックして
ウェブ申込フォームからお申し込みください。

言語 日本語

主催
特定非営利活動法人ADRA Japan、
特定非営利活動法人アイキャン、
特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム 、
公益社団法人
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン



【プログラム】

19:00-19:05

開会挨拶

樋口博昭/
特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム
事業推進部・事業評価部・
事業管理部部長


19:05-19:25

幸福のアラビアがなぜ空洞国家に
なったのか〜内戦の背景と現状

佐藤寛氏/ジェトロ・アジア経済研究所
研究推進部 上席主任調査研究員


19:25-19:30 

JPFイエメン人道危機プログラムについて

増田育真/
特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム
事業推進部・事業評価部


19:30-19:50 

NGO活動紹介

古谷小夏/
特定非営利活動法人アイキャン

小山光晶/
公益社団法人
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
海外事業部


19:50-20:05 

現地からのビデオメッセージ


20:05-20:40 

オープンパネルディスカッション

ファシリテーター:
平山恵氏/
明治学院大学国際学部・
国際学研究科教授

パネリスト:
佐藤寛氏/ジェトロ・アジア経済研究所
研究推進部 上席主任調査研究員

小出一博/
特定非営利活動法人ADRA Japan

古谷小夏/
特定非営利活動法人アイキャン

増田育真/
特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム
事業推進部

福原真澄/
公益社団法人
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
海外事業部


20:40-20:45 

閉会挨拶

樋口博昭/
特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム
事業推進部・事業評価部・
事業管理部部長


【登壇者詳細】

佐藤寛氏
ジェトロ・アジア経済研究所
研究推進部 上席主任調査研究員。

イエメンのサナア大学で客員研究員や
保健大臣アドバイザー、
在イエメン日本国大使館専門調査員を
勤めるなど、
30年以上の間イエメンに関する研究や
調査に携わる日本のイエメン研究の
第一人者。 


平山恵氏
明治学院大学国際学部・
国際学研究科教授。

世界保健機構(WHO)保健教育官、
複数のNGOでの国際協力活動で
50か国以上の発展途上国で従事した後、
筑波大学、結核予防会結核研究所などを
経て現職。


【団体紹介】

特定非営利活動法人ADRA Japan

ADRAは、世界約120国に支部を持つ
世界最大規模の国際NGOです。
ADRA Japanはその日本支部として
1985年に設立され、途上国や
災害被災地において、
人種・宗教・政治の区別なく、
自然災害や紛争の被災者、
医療を必要としている人々、
教育を受けられない女性や
子どもたちなどに、
自立を助ける支援や緊急支援を
届けています。
https://www.adrajpn.org/


特定非営利活動法人アイキャン

アイキャンは、一人ひとりの
「できること」を持ち寄り、
貧困・紛争・災害による影響を受けた
子どもの能力向上や地域の環境改善に
取り組む国際協力NGOです。
https://ican.or.jp/


特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、
NGO、経済界、政府が対等な
パートナーシップのもとに協働し、
2000年に発足した日本の緊急人道支援の
しくみです。
平時より、3者および多様な人々が、
強みや資源を生かして連携できる
プラットフォームとして機能し、
国内外の被災者、難民・国内避難民に、
日本からの支援を届けています。
https://www.japanplatform.org/


公益社団法人
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

セーブ・ザ・チルドレンは、
生きる・育つ・守られる・参加する
「子どもの権利」が実現された
世界を目指して活動する国際NGOです。
1919年にイギリスで創設され、
現在、世界約120ヶ国で
子ども支援活動を実施しています。
日本では1986年に
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが
設立され、国内外で活動を展開しています。
https://www.savechildren.or.jp/


【本件に対するお問い合わせ先】

特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム
事業推進部・事業評価部

増田育真 
ikuma.masuda@japanplatform.org

Posted by ADRA Japan at 10:47 | イベント情報・報告 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント