CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(10/14)ネパール便り vol.57 【お盆とお正月が一緒にやってきた!?】 | Main | (10/26) 貧困を撲滅するためにADRA Japanが取り組んでいるスポンサーシップ事業»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(10/15) あれから16年。コソボの木にプレートを設置しました。 [2021年10月15日(Fri)]


ヨーロッパ、バルカン半島にある
小さな国、コソボ。




長年紛争が続いていた国です。




ADRA Japanは
紛争直後の1999年から
2002年まで、復興を支える
教育支援に取り組み、


その後も日本とコソボの子どもたちが
お互いに平和を考える機会となるよう
学校交流事業を続けてきました。




コソボ紛争から6年後の2005年、


「戦争から立ち直った日本を訪れることで、
憎しみを断ち切り、平和を創り出す
道筋を見つけてほしい」


という


コソボの民族分断の象徴的な街であった
ミトロビツァのノンダブルカ校、
ラティフ校長からの想いも受け
コソボの子どもたちを日本に迎えました。




子どもたちの日本滞在中は
日本の子どもたちと一緒に
広島を訪れたり、


国連児童基金(ユニセフ)と実施した
平和をテーマにしたシンポジウムに
参加したり、


日本でのボランティア活動に参加する
機会を持ちました。



写真1:2005年の集合写真.png


(2005年のコソボの子ども達の写真)




その最終日、
ADRA Japan事務所のある渋谷区、
グリーンバード
原宿少年少女合唱団のご協力を得て、
渋谷区はるのおがわプレーパーク(はるプレ)にて、
平和の交流を記念し
「黄金もちのき」を植樹しました。



写真2:植樹_引率の先生と木.png


写真3:植樹集合写真.JPG


(植樹した当時の写真)




あれから16年たった
2021年9月28日、


アルバー・メフメティ臨時代理大使、
長谷部健渋谷区長、
浦島靖成事務局長、
瀬戸典子理事
(原宿少年少女合唱団代表)、


そして、
木を守り続けてくださった
はるプレのスタッフの方々の
立ち合いのもと、


木のそばにプレートを
設置することができました。



写真4:プレート設置.png


写真6:プレートレイアウト.jpg




もちのきの花言葉は「時の流れ」。



時は流れましたが、
平和を思う気持ち、
日本とコソボの友情、
人と人とのつながり、
大切なものは途絶えることなく、
この日を迎えることができました。



写真5:集合写真.png




2005年の植樹イベントに
参加した最年少は4歳。
今年、成人を迎えました。


日本を訪れたコソボの子ども達は、
30歳前後となっているでしょうか。


平和に対する想いと
実現する力を持った大人と
なっていることと思います。




黄金もちのきの成長は
ゆっくりだそうです。


これからも、平和への想いを寄せつつ、
この木が少しずつ成長していく様子を
追いかけていきたいと思います。




(執筆:総務部 渡辺千里)

Posted by ADRA Japan at 13:45 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント