CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(4/12)【正会員の皆様へ】通常総会のご案内(公示) | Main | (4/22) ジンバブエ便りvol.54 ジンバブエ経済の、今 〜再び起きているインフレーションとコロナ禍の中、人々はどう暮らしているのだろうか〜»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(4/14) 福島県沖を震源とする地震被災者支援活動のご報告〜プチギフトのお届け〜 [2021年04月14日(Wed)]


2021年2月13日(土)23:07頃に発生した福島県沖を震源とする最大震度6強の地震は、津波の発生はありませんでしたが、主に福島県と宮城県の一部で物の落下、地割れ、停電、断水、建造物の損壊などを引きおこしました。



東日本大震災の発災以降ADRA Japanが長期で支援活動を行った宮城県山元町では、震度6弱を観測し、住宅にも半壊35世帯、一部損壊1,304世帯(参照:消防庁2021年3月29日現在)もの被害がありました。

今回の福島沖地震は東日本大震災から間もなく10年というタイミングに起こり、時期と地震規模から住民の方々は非常に不安な思いをされたことと思います。

実際、フラッシュバックを起こした方もいたようです。

そのような気持ちに少しでも寄り添うため、ADRA Japanでは山元町住民の方々にプチギフトと応援メッセージをお送りしました。




ブログちかさん1.jpg

(袋詰めされたプチギフト)




プチギフトは株式会社LIGUNA様からフェイスマスク、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ様からエクストラクリーム、絆創膏、リステリントータルケアをご提供いただき、三育フーズ株式会社様から人参ジュースと玄米グラノーラを安価でご提供いただきました。

ご支援いただきました各社に御礼申し上げます。



プチギフトはADRA Japan東京事務所で、インターンの皆さんや海外事業課や総務などのスタッフの手も借りて全て袋詰めを行いました。

気持ちをお伝えするためにメッセージカードも同封しました。

余談ですが、緊急時には事業の垣根を越えてスタッフが協力をし合うところは、ADRAの自慢できるところだと思います。

災害の発生地がどこであっても、被災地の方々を想う気持ちが常にスタッフの中で共有されています。




ブログちかさん2.jpg

(東京事務所での丁寧な袋詰め)




今回は合計500袋のプチギフトを用意しました。

寄贈先は、山元町内でも被害が大きかった坂元地区にある「山元町防災拠点・坂元地域交流センター(ふるさとおもだか館)」様、独居の方や高齢者の方の見守りも行っている「山元町社会福祉協議会」様、乳幼児親子が主に利用する「子育てひろば夢ふうせん」様、地域の方の自主的な活動を行う場として利用できる「オレンジハウス」様です。

これらの団体を通じて住民の方々のお手元に届けることができました。




ブログちかさん3.jpg

(ふるさとおもだか館さん)




ブログちかさん4.jpg

(太極拳愛好会さん)





ブログちかさん5.jpg

(プリムローズさん)





ブログちかさん6.jpg

(社会福祉協議会による被災住民の方の訪問時に)




ブログちかさん7.jpg

(夢ふうせんさんへ)




ブログちかさん8.jpg

(夢ふうせんの職員の皆さん)





ブログちかさん9.jpg

(夢ふうせんのイベント時に利用者の方)




ブログちかさん10.jpg

(爺7さん)





コロナ禍にあり、以前のように大人数でのお茶会なども実施できない中、“気にかけてくれている人がいる”“忘れられていない”と思っていただき、少しでも気持ちに寄り添うことができればと思います。



寄贈先の職員さんや住民の方々からは、

「地震があってすぐに連絡をいただいたので嬉しかったです。」

「一人暮らしで地震の時は不安でいっぱいだった方がいると思います。
そのようなお宅に訪問する際にも持っていきたいと思います。」

「昨日からやっとお風呂に入れました。(2月18日時点)」

「わ〜早く使ってみたいです。嬉しいわねー。
いつも気にかけてくださってありがとうございます。」

などの声が聞かれました。



3月20日にも最大震度5強を観測する地震が発生し、なかなか落ち着くことができません。

今後、大きな地震や津波が発生しないことを祈っています。


これからも被災地の皆さま、支援いただいた皆さまとのご縁を大切に、人々に寄り添った活動をしていきたいと思います。

(執筆:国内事業課 三原千佳)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント
Posted by ADRA Japan at 18:00 | 国内災害被災者支援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント