CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(2/24) オンラインイベント『国際協力に興味がある学生さん集まれ!なんでも相談ウィーク』が開催されました。(前編) | Main | (3/4) 【スタッフのつぶやき】アラビア語のことわざ»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(2/25) オンラインイベント『国際協力に興味がある学生さん集まれ!なんでも相談ウィーク』が開催されました。(後編) [2021年02月25日(Thu)]


こんにちは!インターンスタッフの佐久間です。

本日は前回のブログに引き続き12/7(月)〜12/11(金)に行われた『国際協力に興味がある学生さん集まれ!なんでも相談ウィーク』オンラインイベントの様子をお伝えします。

イベントは各曜日に以下のようにテーマが設けられ、ADRAスタッフとの座談会形式で行われる中、参加者の皆さんからはたくさんの質問をいただきました。

12月7日(月) 『JICA海外協力隊経験を活かして!さらなる草の根活動を仕事に』
12月8日(火) 『日本からでもできる国際協力!』
12月9日(水) 『やっぱり現場に行きたい!現地駐在ってどんな感じ?』
12月10日(木) 『支援の輪を広げる広報の全て、教えます!』
12月11日(金) 『パパママだって国際協力!できないことはないんです』



今回イベントに参加できなかった皆さんのために、同じく国際協力に興味のある学生の目線で『やっぱり現場に行きたい!現地駐在ってどんな感じ?』と『支援の輪を広げる広報の全て、教えます!』から特に興味深く感じた質問と回答をご紹介します。




イベント3.png

[スタッフによるADRAの紹介の様子]



Q1『現場で働くからこその魅力はありますか?』

―現場に派遣された当初は現地の人とうまく信頼関係が築けると考えていましたが、現実は「先進国である日本から開発援助をするために現場に行く自分」と「農村にずっと住んでいる人々」との人間関係の構築はやはりすごく難しいです。

私たちの間に経済の格差や考え方の違いなど目に見えない非対称なものってたくさんあって、それをきちんと認識しなければいけません。

それでも仕事をしている中で響きあうときってあるんですよね。

きっかけは些細なことではあるんですけれども何かが彼らと通じ合って結実したときは、この仕事をしていてよかったなと思います。



Q2『NGOで広報・マーケティング担当として働く上で必要なスキルはありますか?』

―文章を書いて読者を惹き込むスキルは非常に大切だと感じています。

言葉の使い方一つで支援者の皆さまの心も変わると思うので国際協力分野での広報において書く力・発信力は必要なのではないでしょうか。



Q3『なぜADRAで広報を担当されるようになったのでしょうか?」

―(現在のADRA Japan広報担当者から)以前現地で事業を担当していた時に、現地の人と関わっていく中で私たちが感動していることを支援者の人に伝えきれていないのではと感じていました。

支援者の方々のおかげで現地の人々が本当に助かっているのだということを伝えたいというのが一つです。

また、ADRAは日本だけではなく世界約130か国に支部があるため、どこかで災害が起こったとしても現地のADRA支部と協力して情報の収集も活動もスピーディーに行うことができます。

広報の力をさらにつけていくことでそういったADRAの特徴を活か仕事がしたいとも考えました。



Q4『広報をする上で譲れないものはありますか?』

―事実を曲げないことです。

例えば途上国での何気ない瞬間をとらえた写真でもこちらが付け加える文章によって必要以上に彼らがかわいそうに見えてしまいます。

日本人だと途上国に住んでいる人がかわいそうと考える人も多いです。

しかし、彼らが厳しい環境にあることは確かなのですがずっと悲しい顔をしている人を現地で私は見たことはなく、笑顔になる瞬間もあります。

そういった事実も伝えていけたらと考えています。



参加者の皆さんたくさんのご質問ありがとうございました!

このイベントを通して現地で実際に事業を進めているスタッフ、国内で支援者の方々にプロジェクトの様子を発信するスタッフなど様々な立場からの熱い想いを聞くことができました。

大変な状況での事業をしている途中でも、それぞれの信念や現地の人々との思い出を語るスタッフの姿はとてもかっこよかったです。

そして、国際協力はNGOスタッフだけで成り立つものではなく現地の人々や支援者の方々、今回イベントに参加してくださったような学生の皆さんによって支えられているものだと実感しました。


今後もADRA Japanでは定期的にイベントを開催しますのでまた皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

(執筆者:ADRA Japanインターン 佐久間萌花)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント
Posted by ADRA Japan at 18:50 | イベント情報・報告 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント