CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(2/3) 南スーダン便りvol.86 クレ難民キャンプの難民自身による公衆衛生活動 | Main | (2/12)ミャンマー便りvol.38 〜ミャンマーにおける事業活動状況についてご報告します〜»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
日別アーカイブ
最新10記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(2/10) ジンバブエ便りvol.53 現地スタッフが教えるおすすめZimbabweスポット! [2021年02月10日(Wed)]


今回のジンバブエ便りでは、ADRAジンバブエで働くアンセラム・グワァラティ(Anslem Ngwarati)とジョセフ ジョーン(Joseph John)がジンバブエのおすすめスポットを紹介してくれます。

まず初めは紹介してくれるのはロジスティクス担当のアンセラム・グワァラティ(Anslem Ngwarati)です。

(過去のブログでもアンセラムがADRAで働く想いについて述べています。興味がある方はこちらをクリック!)




Anslem_Ngwarati_.jpg

[アンセラム・グワァラティ(Anslem Ngwarati)]




滝.jpg





私のおすすめのスポットは、ニャンガ国立公園にあるニャンゴンベ滝です。

ニャンガ国立公園の西側に位置するニャンゴンベ滝は、世界三大瀑布のような激しい滝ではなく、穏やかな滝ですので、滝の近くまで行き、流れる水の音に耳を傾けて心を癒したり、写真を撮ったりすることができます。

ニャンガ国立公園を流れる水は、国内で最もきれいな水と言われており、浄化の必要なしに直接飲むことができます。

滝へは毎日9時30分から11時30分の間に訪問することができます。



次に紹介してくれるのはアシスタント・フィールド・オフィサーのジョセフ ジョーン(Joseph John)です。

(ジョセフもADRAで働く想いについて過去のブログで話してくれています。興味がある方はこちらをクリック!)




Joseph_John.jpg

[ジョセフ ジョーン(Joseph John)]




スタジアム.jpg

[ルファロスタジアム(Rufaro Stadium)]
 




ルファロスタジアムは、ジンバブエの首都ハラレのムバレ郊外にあります。ジンバブエで2番目に大きいスタジアムで、収容人数は6万人です。

ジンバブエの文化にサッカーは深く根付いています。人々はサッカーを愛し、地元チームを情熱と愛を持って応援しています。

ダイナモス(Dynamos)はハラレで最も人気があるチームであり、ルファロスタジアムをホームグラウンドとして使用しています。

キャップス・ユナイテッド(Caps united)もまたハラレに拠点を置くチームで人気があります。

ハイランダーズ(Highlanders)はブラワヨ(Bulawayo:南西部の第二の都市)に本拠地を置き、その地域では莫大な数のサポーターがついてます。

ダイナモス(Dynamos)とハイランダーズ(Highlanders)の試合はいつも熱戦が繰り広げられ、「The battle of Zimbabwe」と呼ばれています。




試合前のお祈りのようす.jpg

[ 試合前のお祈りの様子 ]




ジンバブエの1部リーグには18のチームがあり、過去のシーズンでは、小さな鉱山の町ジシャワネ(Zvishavane)に拠点を置き、資金力があるFCプラチナ(FC Platinum)が優勝しました。

ルファロスタジアムはジンバブエ独立以来、多くのサッカーの試合が繰り広げられており、ジンバブエサッカーにとっての聖地となっています。



以上、ADRAスタッフがおすすめするジンバブエスポットでした。

現地人だからこそ知っている情報を紹介しましたが、如何でしたでしょうか。

また、機会があれば他の現地スタッフにもおすすめスポット聞いて紹介したいと思います。


(日本語訳、編集者:ジンバブエ事業担当 上田 耕二)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 11:00 | ジンバブエ便り | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント