CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(1/13) 寄付金控除等のための領収証発行について | Main | (1/19) 1月15日〜21日は「防災とボランティア週間」。災害伝言ダイヤルを練習してみませんか?»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
日別アーカイブ
最新10記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(1/17) 1月17日は防災とボランティアの日 [2021年01月17日(Sun)]


1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。

あの時、たくさんの方々が「自分にできることを」との思いから、ボランティアとして現場に駆けつけました。

その数は1年間で137万人とも言われています。

そのため、1995年は「ボランティア元年」とも呼ばれています。



2011年3月11日に発生した東日本大震災ではさらに多くのボランティアが全国各地から駆けつけ、定期的に何度も現地に通う人や長期滞在して活動する人もいました。

災害ボランティアの内容も泥出しや片付け、炊出しだけではなく、看護、鍼灸、美容などの専門性を生かしたボランティアから誰でも参加できるサロン活動や足湯ボランティアまで様々でした。



そして昨年、私たちの生活環境がここまでかわると想像もしていなかった新型コロナウイルス感染症流行下で、令和2年7月豪雨が発生しました。

ボランティアは地域内の限定募集となり、私たちのような県外から被災地へ入りたいと考える支援団体も、当初は慎重な姿勢をとらざるを得ませんでした。



今回、令和2年7月豪雨の被災地における復興の遅れが生じているのは、ボランティア数が少なかったからだという声も一部では聞かれます。

2019年の台風19号により全国各地の広範囲に被害が及んだ際も同様で、ボランティア不足が一部で問題視されました。

確かに、ボランティアの力は非常に大きく、人手としてだけではなく、ボランティアが現地を訪れるだけで住民の方々が勇気づけられるという側面もあります。

しかし、ボランティア不足を問題視することについて、特に毎年のように災害ボランティアに参加している人からは複雑な想いが聞かれました。

というのは、ボランティア活動は、その語源が示すように、「自分自身の意志をもって始める活動」であって、誰かに強制されて義務として行うものではないからです。



ADRA Japan としては、コロナ禍において活動が制限されることを思うともどかしい気持ちになりますが、これまで災害ボランティアに参加してきた方々の想いが途切れないよう、また、まだ参加したことのない方々にもボランティア活動の素晴らしさを感じていただくことができるよう、機会を作っていきたいと考えています。



1_ADRA_東日本大震災.jpg


(東日本大震災被災者支援活動における炊出し)



2_ADRA_熊本地震.jpg


(熊本地震被災者支援活動における看護師による避難所巡回)




3_ADRA_佐賀_九州豪雨.jpg


(秋雨前線による豪雨で被災を受けた佐賀県での足湯およびサロン活動)




4_ADRA_鋸南_台風15号_台風19号.jpg


(2019年の台風15・19号で被害を受けた千葉県鋸南町での作業)




5_ADRA_令和2年7月豪雨_熊本_修繕_vol2.jpg


(令和2年7月豪雨の被害を受けた家屋の床の修繕作業)




今年もまだコロナ禍は続きそうです。私たち一人ひとりに何ができるのかが、今、問われているのかもしれません。

皆さんと一緒に、できる支援を増やしていきたいと思います。


(執筆:国内事業課 三原千佳)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 07:00 | 今日は何の日? | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント