CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(7/17) オンライン報告会『新型コロナウイルスの感染が拡がる開発途上国の今』を開催しました! | Main | (8/6)【緊急募金のお願い】令和2年7月豪雨災害被災者支援活動»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(7/22) ジンバブエ便りVol.49 ADRA Zimbabwe(ジンバブエ支部)で働くスタッフたちの想い [2020年07月22日(Wed)]


今回は、教育環境の包括改善事業で働く3名のスタッフを紹介したいと思います。



Malvern.jpg

マルビン・マドゥク(Malvern Maduku)

フィールド・オフィサー:事業地に駐在し、日本人事業責任者の指示のもと事業の運営にあたる。また、事業地で行政や他団体との連絡・調整なども行う。



「ジンバブエの地方にある村を訪問した時、都市との生活スタイルの違いに気が付きました。

ほとんどの地域において、水や適切な公衆衛生、質の高い教育、住居、医療など、社会サービスへのアクセスはほとんどありませんでした。

私はいつもこれらの不平等を解消していきたいと思っていますし、恵まれない人々のために彼らの夢の土台を提供し、応援したいと考えています。

私は2010年の7月にADRAに入りました。ADRAで働く中で、私は、ここでの働きが、実際にコミュニティが抱える課題を解決していくことに繋がるということを学びました。

私たちが支援する、彼らの瞳に宿る希望を見ることは、かけがえのないことです。」



JJ.jpg

ジョセフ・ジョーン(Joseph John)

アシスタント・フィールド・オフィサー:フィールド・オフィサーを補佐し、関係者との連絡、調整を行なう。また、各活動のモニタリングも行う。



「私は2012年ごろADRAに入職し、不毛な土地で暮らす人々への生活支援事業やベースライン調査のデータ収集等に関わってきました。

取り残された地域に住む人々への生活改善のために働きたいと思い、それが私のモチベーションになって、ADRAに入りました。

コミュニティが良い方向に変わり、彼らの生活が良くなったとき、私はいつも満足感を得ます。

ADRAで働けることは誇りであり、私たちがともに働く全ての受益者に示すべき愛や思いやり、配慮によって、私個人としての人生も良い方向に変わりました。

今、私は、水や食料、家など基本的なものすら持てない人たちがいるということ、また行きたくないからではなく学校に支払うお金がないために一度も学校に行ったことがない子どもたちがいるということを知っています。

ADRAでの働きを通して、人々の生活を変えていけることに、喜びを感じています。」



Duncan.jpeg

ダンキャン・ムププニ(Duncan Mpupuni)

ドライバー:事業地で車の運転とメンテナンスを行う。



「私は2007年半ばにADRAに入りました。私はドライバーとしてこの事業に関わっていますが、実は農業技術も持っており、また家禽の飼育経験も豊富にあります。

そのため、ドライバーをしながら、ときどき事業地において養鶏等の手伝いやアドバイスをしています。

私が持っているドライバーの技術や農業と養鶏の知識を用いて、一度しかない人生を、人道支援に使い、ADRAのように、キリスト教精神を持つ環境で働けること、また、プロフェッショナルなスタッフと共に働くことで、自分のスキルがより磨かれることが嬉しいです。

そして、人道支援組織に貢献したいという想いを持ち、私は今もADRAで働いています。」



次回のジンバブエ便りでは、ゴクウェ・ノース地区の村の暮らしを紹介する予定です。

また、第2回の職員紹介では他2名のスタッフについてもご紹介いたします。

ぜひお楽しみにしていてください。


(執筆:ジンバブエ事業担当 堀 真希子)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 14:44 | ジンバブエ便り | この記事のURL