CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(3/6) 九州北部豪雨で被災した佐賀県武雄市での活動報告 vol 2 | Main | (3/20) 【スタッフのつぶやき】人と人とのつながり»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(3/11) 東日本大震災から9年 [2020年03月11日(Wed)]


ADRA Japanは、
東日本大震災の支援活動で
福島県と宮城県のお手伝いを実施しました。


中でも宮城県山元町は
震災直後から長期にわたりスタッフが駐在し、


炊き出しに始まり応急仮設住宅のスターターパック配付や
コミュニティ支援等様々なお手伝いをしました。


私もしばらく山元町で駐在を経験しましたので、
私にとって山元町は第二の故郷です。




3月9日、
NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という番組で
取り上げられたのが宮城県山元町でした。


この番組は鶴瓶さんとゲストが
ステキな家族を求めて日本中を巡る旅番組です。


皆さんはご覧になったことがあるでしょうか。




その番組を見ていると知っているお顔がチラホラ。


思わずテレビに向かって「あ!○○さん元気〜?」と
ぶんぶん手を振っている自分がいて、


長女に



「お母さん、何やってんの?」



と言われる始末です。



そんな長女も実は山元町を



「おばあちゃんがいっぱいいる町
(以前プライベートで子供たちを連れて行った際に
おばあちゃんたちとたくさん会ったため記憶に残っているようです)」



と言って、



「また行きたい」



と親しみを持っています。




と、そんな話はさておき・・
昨年末にも山元町を訪問してきましたので
その時の様子をご報告いたします。




まず、津波で大きな被害を受けた花釜区に
寄贈したトレーラーハウスです。


主に消防団の詰所として使われています。


外壁の一部に経年劣化が確認できた際には
消防団の皆さんで直すなど、
地元の皆さんでしっかりと管理していただいていました。




3.11ブログ写真01_logo.jpg

(花釜区に寄贈したトレーラーハウス)




3.11ブログ写真05_logo.jpg

(管理者の方にお話しを伺う)




次に地元のお母さん方中心で構成されている団体
「山元タイム」に寄贈したトレーラーハウスです。


週に3回程のペースで手芸活動などに活発に使われています。




3.11ブログ写真03_logo.jpg

(製作の様子)




3.11ブログ写真04_logo.jpg

(山元タイムの皆さんと)




地元の皆さんでしっかり活動されている様子を拝見し、
大変嬉しく思いました。




町内の鉄道や道路、沿岸部の整備等は、かなり進みました。。


町の景色は震災前とはかなり違います。


その町で、住民の皆さんはそれぞれの想いを抱えながら
前向きに生きていらっしゃいます。




私が駐在中、
頻繁に相談し合い一緒に住民の方々の見守りなどをしていた
元仮設住宅行政連絡員の方が、昨年亡くなりました。


ご自身も大変な被災をされていたにも関わらず、
震災直後から仮設住宅入居中、
そして仮設住宅を出たその後の住民の皆さんを気にかけ、
毎日一生懸命動いていた方でした。


震災で生きのび、
あんなに住民の方々を想って日々尽力されていたのに、



なぜ、今。



私の勝手な想いですが、残念でなりません。




このような方々もいらっしゃり、
今の山元町があります。


他の市町も同様ではないでしょうか。




私たちにできることは何かを、
今一度自分に問いかけてみてはいかがでしょうか。




(執筆:国内事業課 三原千佳



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント



Posted by ADRA Japan at 10:19 | 東日本大震災 | この記事のURL