CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(12/23) ネパール便り vol.42  〜ネパールの魅力第4弾、ネパールの大型連休〜 | Main | (1/15) 寄付金控除等のための領収証発行について»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(1/8) ミャンマー便り vol. 30 〜学校を維持管理するために大切なもの〜 [2020年01月08日(Wed)]


ADRA Japanでは
2013年から老朽化が進み
修繕が必要な学校の学習環境を改善するため、
ミャンマーのカレン州において
学校校舎建設を中心とした
教育支援に取り組んでいます。



学校校舎が建設された後、
校舎がしっかりと維持運営されることが大切になるため、
学校運営委員会や村の人たちへの研修も行っています。

※ 学校運営委員会は先生と保護者、生徒、住民代表
  計10〜12人から成り立っており、
  学校の運営に関わる話し合いと意思決定を行い、
  学校を維持管理していく組織です。



これまで学校施設や設備に修繕が必要になると、
学校運営委員会はその都度、
村の住民や保護者からお金を徴収して
修繕資金を工面していました。

このような管理方法ではお金が十分に確保できず、
修繕できないままになってしまうこともありました。



写真1.JPG

<学校運営委員会は月に一回ミーティングを行なっている>



この状況を改善するため、
学校運営委員会は
維持管理用の資金調達を含めた
学校維持管理計画を作成しました。

主に、毎月少額を
各世帯から徴収し積み立てる方法です。
徴収した金額と使った金額は
定期的に村の住民に報告されます。

これに加えて、
ローンシステムを使っている学校もあります。

これは、まず学校運営委員会が獲得した資本金を
お金が必要な村の住民に貸し付け、
融資を受けた住民が返済する際の利子がプールされ、
学校の維持管理に使われる、という手法です。



写真2.JPG

<徴収した資金の管理を担当している学校運営委員会のメンバー>



先日、学校運営委員会から、
徴収した維持管理費を
きちんと管理して使うために
会計の勉強会をして欲しい
という声がありました。

目には見えていない
将来必要になるかもしれないことに対して
お金を捻出することはとても大変なことですが、
子どもたちの教育環境のために
その重要性を理解してもらい、
より体系的な資金管理方法を知ることが必要だと
学校運営委員会自らが考えてくれたことを
とても嬉しく思いました。



この声にこたえるため、
本事業に従事している
会計スタッフを各学校に送り、
スタッフの知識と経験を活かして
資金管理の勉強会を実施しました。

学校運営委員会から質問も多く上がり、
活発な勉強会となりました。

勉強会後、
参加者からは

「今回の勉強会で、
より体系的な管理方法を
学ぶことができたので、
早く実際に使ってみたい。
使っていく中で疑問が出たらまた質問したい」

というような声がありました。



写真3.jpg

<本事業の会計スタッフ(緑色の服の女性と白いTシャツの男性)
が会計の勉強会を実施している>



写真4.jpg

<本事業の会計スタッフが会計の勉強会を実施している>



このように、
学校運営委員会や村の住民たちが、
子どもたちのために
自分たちでできることを話し、
学習環境整備に努めています。

こうした一人ひとりの
小さな意識の積み重ねが
子どもたちの学校環境を守り、
維持発展させていくのだと実感しました。



ADRA Japanはこれからも、
支援を必要としている方々の
ニーズに応えながら、
地域の人たちが自分たちで
子どもたちの学習環境を整備できるよう、
協力して事業を実施していきます。

引き続き、皆さまの温かいご理解とご協力のほど、
よろしくお願いいたします。



写真5.JPG

<事業対象校の一つLower Pan Nel Taw中学校の学校運営委員会>


*ミャンマー教育支援事業は、皆様からのご寄付のほか、日本NGO連携無償資金協力およびイオンワンパーセントクラブの助成を受けて実施しています。



(執筆:ミャンマー事業担当 松川聡



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント



Posted by ADRA Japan at 13:03 | ミャンマー便り | この記事のURL