CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(12/6) 12/22開催! 「駐在員と考える『ネパールの子どもの健康について』」イベント | Main | (12/17)年末年始休業のお知らせ»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(12/13) ミャンマー便り vol. 29 〜カレン州のお祭りに行ってきました〜 [2019年12月13日(Fri)]


ミャンマーには135種類の民族が暮らしていると言われており、
それぞれが独自の文化を持っています。

ADRAが活動しているカレン州には
カレンと呼ばれる民族が住んでいます。

カレン州の始まりは今から68年前に遡ります。

1951年11月7日、
当時のカレンのリーダーが憲法改正法に署名し、
1955年からカレン州として指定されました。

そのため、毎年11月7日は「カレン州の日」としてお祝いされており、
11月7日〜10日はお祭りが催されます。

この期間、州都パアンは一年で最もにぎやかになります。



写真1.jpg

<カレン州祭り開会式の様子>



このお祭りでは、
沿道にびっしりと屋台が出現し、
軽食に果物、雑貨など
ありとあらゆるお店が並びます。

また、ステージではダンスや音楽が披露されたり、
カレン州の文化や企業・団体の活動を紹介する
ブースなども並んだりします。

特にカレン州の伝統舞踊ドンダンスのコンテストは圧巻です。



写真2.jpg

<カレン州の伝統舞踊ドンダンス
出典: https://www.facebook.com/pg/KICNewsPage/photos/?ref=page_internal
(Karen Information Center 2019年11月26日閲覧)>





ドンダンスは
「カレンの人々の結束」を表現しています。

1チームは男女16名ずつの踊り子と、
演奏者と歌い手の50名以上で構成されます。

動画ではわかりにくいですが、
ほとんどつま先立ちで踊ります。

この激しくも息の合った踊りを30分近く踊るため、
舞台裏では倒れる踊り子の姿もあります。



この日のために
出場チームは何日も前から練習を重ねています。

町のあちこちで
ドンダンスを練習する若者の姿を見かけるようになると、
カレン州祭りの日が近いことを教えてくれます。



ミャンマーの多くの民族がそうであるように、
カレン州祭りの日はカレンの人たちが
自分たちの文化を大切にし、
誇りを持っていることを肌で感じることができます。

時代の流れに合わせて
少しずつお祭りのかたちは変わっていくかもしれませんが、
カレンの人たちが大切にしているものや
文化が今後も続いていくことを願わずにはいられない、
そんな「カレン州の日」でした。



写真3.jpg

<カレン州の民族衣装を着て事業スタッフと(右端が駐在員の松川)>



(執筆:ミャンマー事業担当 松川 聡)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 12:38 | ミャンマー便り | この記事のURL