CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(11/1) 「グローバルフェスタJAPAN 2019」に出展しました! | Main | (11/20)ジンバブエ便りVol.43 今日は「世界子どもの日」»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(11/12)ネパール便り vol.41 ADRA Japanはネパールでどんなことをしているの? [2019年11月12日(Tue)]


皆さま、こんにちは。
ネパールに駐在しております、大西です。



ADRA Japanは、2019年3月からネパールのバンケ郡において
新生児・小児保健環境の改善事業を実施しています。

バンケ郡の位置するネパール西部地域では、
首都に近い東部地域よりも、
保健医療分野を含むあらゆる社会サービスの提供が十分であるとは言えません。



ネパールの診療所に当たる「ヘルスポスト」の多くも、
予算不足や不十分な施設管理のために
患者にとって安全で安心できる設備が整っていません。

よって本事業では、
患児やその家族が安心してサービスを受けられるように、
ヘルスポストの修繕や必要となる医療資機材を支援しています。



ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール 01 病棟.JPG

<カーテンさえもない分娩室(カチャナプール・ヘルスポスト)>



ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール 04 待合室.JPG

<屋内で十分なスペースが確保できず、
予防接種を屋外で実施する様子(ベルバール・ヘルスポスト)>



また、保健医療従事者が
適切な知識や技術を習得することも不可欠です。

ネパールの保健省によって推奨されている
新生児・小児保健に関する研修プログラムが、
バンケ郡内で普及されるように本事業が支援しています。

研修では、出産直後の新生児にとって必要なケアや、
ネパールの子どもたちがかかりやすい
下痢症や呼吸器感染症の診断基準や治療方法について、
保健医療従事者たちは学びを深めました。



ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール 03 研修.JPG

<へその緒のケア方法について、新生児人形を用いて演習する様子>



ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール 02 研修.JPG

<新生児人形を使い、蘇生方法を学ぶ研修参加者>



新生児・小児保健環境の改善のためには、
保健医療施設の整備や保健医療従事者への研修だけでなく、
地域の人々の意識づけや知識向上も大きな要素となります。

本事業では、ラジオ放送を通した住民への啓発を実施するなど、
包括的な支援活動も行います。



引き続き、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。



※ネパール新生児・小児保健環境の改善事業は、
皆様からのご寄付のほか、
外務省NGO連携無償資金協力の助成を受けて実施しています。



(執筆:ネパール事業担当 大西由香




ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 12:51 | ネパール便り | この記事のURL