CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(6/21) 〜6月20日の『世界難民の日』に(その4)〜 ADRAの取り組み | Main | (7/4) 6月16日に「ADRA Day 〜 新旧スタッフとの交流会 世界各国の家庭料理を楽しみながら〜」を開催しました»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(6/26)ネパール便り vol.36 〜ネパールの魅力第1弾、食文化編〜 [2019年06月26日(Wed)]

皆さん、こんにちは!ネパールに駐在しております、大西です。

今回のネパール便りより、
日本人にもファンの多いネパールの魅力を数回にわたってご紹介します。

第1弾はネパールの食文化編としてローカルフードをご紹介いたします。



ネパール食の定番と言えば、ダルバートという定食です。

「バート」は白米のこと、「ダル」とは豆のスープを指します。
その他には、2〜3種類の野菜の炒め物やアチャールという辛口の漬物が付きます。

基本的にごはんやおかずは食べ放題のため、食べたい分だけ追加できます。

都市部では3食になってきているようですが、ネパールは基本的に1日2食です。

朝はチヤ(甘いミルクティー)とドーナツ等をちょっと食べて、
10時くらいにしっかりとダルバート。

そして午後にまたティータイム、
チヤと一緒にチャウメンや焼きそば、ピザ等を食べることもあります。

そして夜しっかりとダルバートを食べるのです。



村の食事処でもホテルのレストランでも、
多くのネパールの方々は毎日2食ダルバートを食べています。

レストランではベジタリアン向けや
辛くない味付けのダルバートを注文することもできます。



ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール ご飯 母子保健 1.JPG

<ダイレク郡にある村の食事処でのダルバート>


ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール ご飯 母子保健 2.JPG

<バンケ郡にあるホテルでのダルバート>




ネパール国内には100以上の民族がいると言われており、
民族によって、さらには各家庭によってレシピが異なるようです。

また、この度ADRA Japanが新事業を実施しているバンケ郡は
インド国境に位置する地域であるため、
特に辛口料理であると言われています。



辛口なのは、料理だけではありません。
私たちが思わず驚いたのは、
バンケ郡の滞在先でいただいたジュースにピリリとスパイスが効いていたことです。

甘いジュースかと思い飲んでみると、
後から喉がひりひりしてきて甘いのか辛いのかと一瞬頭が混乱する味でした。

実は、このジュースには黒こしょうが入っていたのです。


ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール ジュース 母子保健 3.JPG

ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール ジュース 母子保健 4.JPG

<バンケ郡での黒コショウやライムの効いた辛口ジュース>




このように、ネパールという国は地理的にも民族的にも様々な人々がおり、
今回の食文化をはじめ、多種多様な文化が根づいています。



今回はネパールの食文化の紹介をさせていただきました。いかがでしたでしょうか?



2019年3月からネパールのバンケ郡において
新生児・小児保健環境の改善事業を開始しています。

引き続き、皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。



※ネパール新生児・小児保健環境の改善事業は、皆様からのご寄付のほか、日本NGO連携無償資金協力の助成を受けて実施しています。



(執筆:ネパール事業担当 大西由香




ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 11:54 | ネパール便り | この記事のURL