CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

アロマ・ケア・アソシエイツさんの画像
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
https://blog.canpan.info/aca/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/aca/index2_0.xml
アロマセラピーってなんだろう?
セラピストに何ができるんだろう?
アロマセラピーでできることは?
補完療法ってなんだろう?
香りの効果って本当にあるの?


アロマセラピーとは香りを使った健康促進のための療法です(芳香療法)。
日本でも少しずつ広がりを見せていますし、科学的根拠の研究もされてはいるものの、まだまだグレイな部分が多いのも事実です。
私達は体験的にその良さや、効果を理解していますが、それらを福祉の現場で活用するための統一的な何かはできていません。そこにはクリアする課題が多く残されています。
それでもACAに所属するセラピストやアロマ愛好者はそれぞれの体験から福祉現場でのアロマセラピーの利用に多くの利点を見出し、体験しています。
高齢者施設・障がい者施設・ホスピスなど、福祉や介護現場に安全にアロマセラピーを普及するために…
ボランティア活動・勉強会・セミナーを企画、運営します。

アロマに少しでも興味を持ってくださっている方がいらっしゃったら、是非ご連絡お待ちしております。
会員募集は随時おこなっております。
会員登録申請はこちらのリンクからどうぞ。
ご連絡はこのメールアドレスからどうぞ。 aroma_care_a@yahoo.co.jp
3月の献血ルームのハンドマッサージはお休みです。 [2020年03月18日(Wed)]
3月の大阪御堂筋献血ルーム
のハンドマッサージはお休みとさせていただきました。

コロナウィルス対策で3月のセラピストさんの参加は中止となりました。
4月の参加についてはただいま検討中となります。
ハンドマッサージを楽しみにしてくださった皆様には大変申し訳ありませんが、感染予防の観点からの決断となりました。
4月以降の予定については改めてこのブログとフェイスブックにてお知らせいたします。
ACA 世話人
Posted by Kazumi Sakurai at 19:34 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
ボランティア初参加 [2020年03月02日(Mon)]
悩ましい病気が流行っていますが、2月の御堂筋献血ルームでは、15名の方のハンドトリートメントをさせていただきました。ボランティア初参加の松久保郁代さんにレポートしていただきました。

心斎橋のクロスカフェにハンドトリートメントのボランティアに行って参りました。
地下の広いフロアの中、都会なのにゆったりした時間が流れているようでした。
ガラス張りのイベントブースでのハンドトリートメントは緊張感を増しました。
前日までの寒さも和らぎはしましたがインフルエンザやコロナウイルスも流行っている中、
献血にどれくらいの方が来られるのかと心配でした。
結果、3時間で7名の方を施術させて頂きました。
87259745_2538108729793370_7803340391486324736_n.jpg
男性や女性、さまざまな年代の方がおられました。
永年献血を続けられている女性。
いつもは別の場所で献血していて今回初めて心斎橋で献血しますとおっしゃる男性。
この方は初めてハンドトリートメントを受けますとお話しされていました。
他にも、なるべく回数を多くしたいと成分献血をされる方や、
400ccの献血が良いので次回は半年後にまたトリートメントを受けますと
おっしゃってくださる方もおられました。
緊張しましたが、それよりもうれしい気持ちが上回りました。
「気持ち良かったです」や「癒やされました」との
お言葉を頂くと、本当に幸せな気持ちになります。
いえいえ、こちらの方が癒されています、っていつも思います。

日頃の暮らしの中では、出会っていないであろう方たちとトリートメントを通じて色々お話しができました。また、ご一緒させて頂いた寺内先生のおかげで、とても心強かったです。
今回は貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございました。
(レポート:松久保郁代)

◆一緒に活動していただける方は、お問い合わせください。
E-mail:aroma_care_a@yahoo.co.jp(担当:裏野)
☆3月お休みとなります。
場 所:御堂筋献血ルーム(地下鉄心斎橋駅下車すぐ)
https://www.bs.jrc.or.jp/kk/osaka/place/m1_01_05_index.html

87468808_2538108569793386_7373613554718474240_n.jpg87387480_2538108209793422_6013867208483012608_o.jpg
Posted by Kazumi Sakurai at 20:24 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
御堂筋献血ルームでのボランティア [2020年02月16日(Sun)]
2012年3月から参加させてもらっている御堂筋献血ルームでのボランティアは、今年の3月で8年になります。
ACAの会員の皆さんと続けることで見えてくるものが何かあるかと思います。
『継続はチカラ!』で令和2年も続けていけたらと思っています。

昨年の12月には、会員の寺内さんのご紹介で3名の会員さんが見学に来られ、今年からボランティアに参加していただけます。  (レポート:裏野仁美)
1月のボランティアのお二人。充実した時間を過ごされたみたいです。
献血ルーム・1月.jpeg
CIMG0986.JPG
CIMG0979.JPGCIMG0981.JPG
Posted by Kazumi Sakurai at 18:42 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
□■お隣の猫企画第2回 ACA会員さんの活動 シェアしよう♪ 良い時間でした!□■ [2020年01月27日(Mon)]

83193672_2536700226567225_4715614060802998272_n.jpg

1月26日(日)高槻南スクエアにて、お隣の猫企画第2回
「ACA会員さんの活動をシェアしよう♪」を開催しました。
当日は講師の先生お2人と、6名の参加者が集いました。

◇◇◇◇◇◇
はじめにお話いただいたのは、福田 和代 さん。
福田さんは、障がいを抱える人たちの暮らすグループホームで
お仕事をされています。このグループホームは、保護犬と一緒に
暮らせるとのこと、「犬と触れあい一緒に過ごしている時、その
方の表情が和らいでいる」というお話が印象に残りました。
福田さんは、グループホームで生活する人たちに、ハンドトリー
トメントなどアロマセラピーを通じた関わりができないか、
模索しておられます。何らかの生きづらさを抱え生きる人たちの
不安を少しでも和らげることができたらと見つめる、福田さんの
あたたかなまなざしを感じました。
参加者からもたくさん質問が出ました。中でも、グループホーム
はあくまでも生活の場である。そのことを踏まえて、どのように
サポートをしていったらいいのか、その人の力を大事にした関わり
はどんなものだろう、そんな視点を共有できたことも、大切な
気づき、学びとなりました。
福田さん、ありがとうございました。
84134796_2536700249900556_1791298505449406464_n.jpg
◇◇◇◇◇◇
83293878_2536700086567239_5617609269441462272_n.jpg
83281397_2536700173233897_6089265449558605824_n.jpg84600099_2536700106567237_6170025145554436096_n.jpg
次にお話いただいたのは、新田 美加 さん。
新田さんは、パン作りや食育、絵本の読み聴かせやハンドトリー
トメント、魅力あるさまざまなツールを用いながら、地域での
活動、子育てママを応援する活動など、重ねておられます。
新田さんが開催する「子育て応援カフェ凪」では、子育て中の
母親にゆっくりご飯を食べてもらう時間をつくっておられ、
また、日々子どもの食に向き合う母親たちが安心できるように、
食育のお話をされたりしています。「経験を積み重ねていきま
しょう。大丈夫、大丈夫。」新田さんにそう言ってもらえたら、
お母さんたちはとっても安心するだろうなあと、感じました。
「お家で子どもと1対1で付き合う母親、時に孤立しがちな母親
たちに来てほしい」、その新田さんの想いはとっても大切なもの
だなと、学ばせていただきました。
最後に『ぽんちんぱん』という絵本を読んでいただき、新田さんの
声や表情に引き込まれ、にっこり。
新田さん、ありがとうございました。
◇◇◇◇◇◇
お2人のお話をお聴きし、また、参加者のみなさんといろんな
お話をして、私自身良いエネルギーをいただいたなと思います。
ゆっくりとでも、自分がやりたいなと思うことを探したり、
一歩踏み出してみたり、したいなと勇気づけられています。
福田さん、新田さん、みなさん、本当にありがとうございました。
(レポート:大坪麻理)
83405098_2536700049900576_5295032430665662464_n.jpg
Posted by Kazumi Sakurai at 22:41 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
お隣の猫企画第2回 ACA会員さんの活動 シェアしよう♪ [2019年12月08日(Sun)]
□■お隣の猫企画第2回
ACA会員さんの活動 シェアしよう♪
2020年1月26日(日)開催決定!□■


前回7月に初めて開催しましたお隣の猫企画「ACA会員さんの
活動シェアしよう♪」が、とっても好評でしたので、
第2回を行うことになりました。

toa-heftiba-WsDF95mSUsI-unsplash.jpg
13時30分〜15時30分(13時〜受付)
 場 所:高槻南スクエア No.1のお部屋
 参加費:1,000円(会場代)※当日お支払いください。
 お申込:aroma_care_a@yahoo.co.jp までメールでお申込ください。


 今回、お話いただく会員さんです。
 ◇福田 和代 さん 
「障がい者のグループホームで、アロマ×アニマルセラピー活動を
通し、こころがほっこりする場をプロデュース中」
13時30分〜14時:福田さんのお話/14時〜14時20分:質問・交流タイム

 ◇新田 美加 さん 
「食べることは生きること!食育を通じて親子に寄り添う
〜子育て応援カフェ凪の役割〜」
14時30分〜15時:新田さんのお話/15時〜15時20分:質問・交流タイム

お2人の講師の方のタイトルを見て、すでにワクワクしています。
人と人との、さまざまなかたちの交わりについて、お話をお聴き
しながら、ゆっくり考えていきたいなと思います。
ACA会員以外の方も、ご参加可能です。お友達と一緒に、
ぜひぜひご参加ください。お待ちしています。

Posted by Kazumi Sakurai at 14:53 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
7/16 お隣の猫企画@ ACA会員さんの活動シェアしよう♪ [2019年07月16日(Tue)]
7月14日(日)高槻南スクエアにて、新企画「ACA会員さんの

活動をシェアしよう♪」を開催しました。

当日は講師の先生お2人と、9名の参加者が集いました。

◇◇◇◇◇◇

はじめにお話いただいたのは、濱坂 千世美 さん。

現在、西宮市の地域包括支援センターや社会福祉協議会とつながり、

高齢者の交流の場であるサロンでアロマハンドトリートメントを

継続されています。濱坂さんはこれまで、特別養護老人ホームで

アロマセラピーのボランティアを続けたり、訪問介護の仕事を

担ったりされてきました。そこで出会った、高齢者のケアに携わる

さまざまな職種の方たち、また、ケアを必要とするご高齢の方や

そのご家族と、丁寧な関わりを重ねてこられ、少しずつ信頼関係

を築いてこられた、その積み重ねが今の活動につながっているという

濱坂さんのお話が胸に響き、大きな学びとなりました。そして、その

根底には、「アロマセラピーの正しい知識を伝えたい」「アロマセラピー

の良いところを知ってもらいたい」という濱坂さんの想いが、大切に

流れ続けているのだろうなと感じました。

高齢者だけではなく、小さなお子さんやその母親たちとも、アロマ

セラピーを用いた交流をされていて、その活動も広げていかれると

のこと、濱坂さんの素敵な歩みをそっと応援したいなと思います。

濱坂さん、ありがとうございました。
hamasaka.jpg
◇◇◇◇◇◇

次にお話いただいたのは、下井 由美子 さん。

はじめに、下井さんにとってのアロマセラピーとは、というお話が

ありました。困りごとを抱える人に、単に作用に着目した精油を紹介

するのではなく、困りごとの背景にある原因を見つめることを大切に

されている、それは本当に大事な視点だなあと感じています。

下井さんはそのまなざしをもって、アロマセラピーを1つのツールと

して、小さなお子さんやその母親、ご高齢の方や地域の方たち…

さまざまな人との関わりを重ねておられるのだなと、学ばせていただ

きました。また、下井さんの暮らす地域において、おとなも子どもも

「誰が来てもいいよ」という食堂をスタートし、ともに支え合える場

をゆっくりと築いておられます。「ああ、私もそんな食堂に行って、

おいしいご飯を食べたいな」と、活動の様子をお聞きしながらにっこり。

「気持ちがいいなあ」「おいしいね」、下井さんの活動を通して、痛みが

和らいだり、ほっと安心する方たちがおられるのだろうなあと、私も

勇気づけられるような思いになりました。

下井さん、ありがとうございました。
shimoi.jpg

◇◇◇◇◇◇
zenntai.jpg
ご参加いただいたみなさんからも、たくさん質問が出て、もっと

お話が聴きたいな、という雰囲気でした。参加していただいた

お一人おひとり、それぞれに、いろんな気づきや想いが生まれた

のではないかなあと思います。またこのような時間をご一緒

できましたら幸いです。みなさん、本当にありがとうございました。

(レポート:大坪麻理)
Posted by Kazumi Sakurai at 20:50 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
新!お隣の猫企画@ 「ACA会員さんの活動 シェアしよう♪」 [2019年05月16日(Thu)]
今年度の目標の一つ会員さんの活動を知ろう。つながろう。
今回のテーマは「地域」
IMG_2123.jpg
皆さんいっしょにアロマセラピーの可能性を語り合いませんか?
会員様以外のご参加も歓迎です。お友達をお誘いの上おこしください。
・日時:7月14日(日)13時〜受付13時30分〜15時30分
・場所 高槻南スクエア 
・参加費 1,000円

パネラー
・濱坂千世美さん「地域包括支援センターで、アロマセラピーを取り入れてもらうまで」
・下井由美子さん「地域交流の中での、アロマセラピーの役割」

*会場の都合上ご参加希望の方はメールにてご連絡をお願いいたします。
お申し込みはこちらから aroma_care_a@yahoo.co.jp
Posted by Kazumi Sakurai at 20:53 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
ハンドトリートメントのボランティア [2019年04月17日(Wed)]
2019年度もアロマ・ケア・アソシエイツは、御堂筋献血ルームで毎月第2水曜日に、
ハンドトリートメントのボランティアを行います。
山田泰子さんが、ボランティアメンバーに加わってくださり感想をいただきました。
CIMG0914.JPG
4月10日、花の雨の肌寒い一日...
外に出ると、桜の花びらと雨の雫がとても美しくて、見ているだけで心が穏やかに。
そんな午後に、御堂筋献血ルームへハンドトリートメントのボランティアに参加させていただきました。
小雨降り注ぐなかを、献血に来てくださったお客様に、アロマの香りとトリートメントの心地よさを楽しんでいただきました。
献血ルームへはいつも足を運んでくださっているお客様でしたが、この日はハンドトリートメントを受けるのは初めてのかたばかりでした。
優しいタッチングだけれど、「すごく気持ちがいいですね」とか「温まりますね」「献血がうまくいきそうな気がします」などのご感想をいただき、嬉しい気持ちになりました。
ゆっくりと、心地よい強さで触れることで、心も体も緊張から解きほぐされ、リラックス。
血行も促進されるので、献血前のトリートメントは効果が高いのではないかと思います。
これからもたくさんのかたに、アロマハンドトリートメントの☆心地よさ☆を体験していただけるように、またの機会を楽しみにしたいと思います。 (山田泰子)
CIMG0633.JPG
◆一緒に活動していただける方は、お問い合わせください。
E-mail:aroma_care_a@yahoo.co.jp(担当:裏野)
☆次回日時:2019年5月8日(水)13時〜16時☆
場 所:御堂筋献血ルーム(地下鉄心斎橋駅下車すぐ)
御堂筋献血ルーム https://www.bs.jrc.or.jp/kk/osaka/place/m1_01_05_index.html
Posted by Kazumi Sakurai at 22:06 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
アロマ・デ・カフェを開催しました♪ [2019年03月13日(Wed)]
53703417_2287027804867803_2988172755448365056_n.jpg4年ぶりに、アロマ・デ・カフェを開催致しました。このカフェは、会員様が気軽にACAへの要望を話せる機会、日々のアロマセラピー活動での悩みを、他の会員様と一緒に考える機会を持って頂く為に企画したものでした。
今回は、資格は取得したけれど、日常はアロマセラピーとは別の仕事に就いているため、いざ活動!の場面になると少し不安な時がある、という会員様からのお声から、「施術の練習会」という目的で大阪にて開催いたしました。
参加者の 菊永洋子さんより感想を頂戴しましたので、ご覧ください。
54516380_2287027854867798_538935464124481536_n.jpg

アロマのボランティア活動のため、施術を覚えたばかりの時、基本の流れに必死でしたが
続けていくうち「こんな時どうしたらいいんやろ」と疑問に思う時がたびたびありました。
3月アロマ・デ・カフェの練習会があると知り、ドキドキしながら参加することにしました。
持参した精油の香りを嗅ぎ比べながら
先ずは水分チェッカー!@施術前の手の甲A手を水で洗った後B施術後と、3回測りました。@は超乾燥A洗うだけでも水分量増加Bオイル浸透するだけでも水分量増加。@アロマトリートメントにより、水分量増加する事を確認することができました。
練習会は、施術する側とされる側で交代し、手技の違いや感覚も確認しました。私は、ペアの方が手首から手先までを丁寧な施術してくだり、「これは良いな〜」「気持ち良いな〜」今度私も、この方法で実践したくなりました。
次に役員さん(藤永さん、裏野さん)にチェックしていただきました。
筋肉に流れにそってトリートメントしていた(つもり)時、「ここは、こんな風に筋肉が走ってるので、この部分をこんな風に滑らせてみて、、、」と丁寧に指導していただきました。感覚がつかめるまで、練習する事ができましたので、あやふやであった事や疑問点がクリアになり、自己流になっていた部分を修正することができました。
その後、茶菓子タイムなど、和やかな交流会となりました。
抱腹絶倒の場面もあり、ワイワイと楽しく学んで、明日への力をいただく事が出来ました。
定期的にあれば、また、参加したいなと思います。 ( 会員: 菊永洋子 )
53563802_2287027798201137_7688440039109296128_n.jpg
たまには、わざわざ時間を作って「練習」をしてみる。作れそうで作れない貴重な時間は、
自信を持ってトリートメントを提供する心、安定した施術と繋がっていくことでしょう。
又、自宅のお庭のローズマリー、フェンネルを持参して下さり、ハーブや日本茶の話でも盛り上がり、良い情報交換もできたと思います。ティートゥリー蒸留見学、実現するといいですね(^^) 献血センターでのアロマボランティア、高齢者施設でのボランティアを、数年継続されているお二人の、益々の活躍を祈ります!   (レポート : 藤永裕美)
Posted by Kazumi Sakurai at 19:16 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
第13回勉強会 「脳がよろこぶ!笑顔がうまれる!シナプソロジー体験」 [2018年11月11日(Sun)]
第13回勉強会 「脳がよろこぶ!笑顔がうまれる!シナプソロジー体験」を開催し、無事終了しました。
会員の内海慶子さんより、感想を頂きましたのでご紹介致します!

シナプソロジーと言う言葉を今回、初めて聞きました。
シナプスから脳を活性化させることだなとは思ってましたが、今回、参加してすごく奥が深くて興味深いなと思いました。

私達は眠っている時以外、脳は休むことなく、常に頭を使い、頭でいろんな事を考えてます。
スマホで友達に送るメール1つをとっても文章を考えて送ります。
今の世の中、移り変わりも激しく、情報過多でみんな忙しそうにしてます。
だからと言って脳をしっかり使ってるかと言うと使ってるようで使ってなく、脳は活性されていないと思います。むしろ、何か分からないとこ、分からない言葉があると簡単にスマホで調べられる反面、頭には残りません。
同じ言葉を何回も検索することもあります。
昔は辞書を手で繰り、使っていたなと思い、その時の方がしっかり頭に残ってたように思います。

近年、どんどん高齢化が進んでますが、死ぬまで元気で自分のことは自分でできる為にはこのシナプソロジーが必須だと思います。
普段、同じことの繰り返し、同じルーティンの生活では刺激がありません。
シナプソロジーで左右の手足で違う動きをしたり、声を出したり、計算したりすることにより
脳を刺激し、活性化させます。
無表情の人が笑顔になり、楽しむ!
幼稚園児からお年寄りまでどの年代の人もどの分野の人も楽しめて脳に刺激を与える!
この素晴らしいシナプソロジーをもっともっといろんな所で取り入れ、行うことによって今より明るい社会、未来になり、これから更に認知症の人が増えると思いますが、その歯止めに役立つと思います。五感を刺激し、研ぎ澄ますことにより疲れた脳をリフレッシュできます。

実際、今回、参加していろんな動きをしたり、体操したり、足裏を刺激したりと普段、動かさないとこを動かし、使わないとこを使い、全身の血の巡りが良くなり、体がポカポカしました。
じゃんけんはゲーム感覚で楽しめ、笑いが起こりと良いことばかりだなと思いました。
笑うことが何より脳の活性化に繋がると思います。
どんな人も笑ってる顔、笑顔が一番素敵です。
笑顔は伝染します!
みんなが毎日、笑顔で過ごせたなら、もっと明るい世の中になると思います。

今後、シナプソロジーのこと、もっともっと広まっていくことを期待してます!

内海慶子

高齢者施設などのレクリエーションタイムに1番活用して頂けるかな、と企画した内容でしたが、子供達、障がい者にも活用できると実感しました。自然と笑顔になれるコミュニケーションツールですから、アロマセラピーと組合わせて現場で活けると理想的ですね。
ご参加頂いた皆様、お疲れさまでした(^ ^)

(レポート: 藤永裕美)
Posted by Kazumi Sakurai at 21:32 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ