タグ   /  食用ホオズキ

記事

食用ホオズキ」 の検索結果 17件

最近、岩国の錦町向峠で酪農をしてその牛乳を原料にしたフレッシュチーズを作っている榎本牧場があることを知って、由宇トマトと自家製バジルをつかったカプレーゼを作ってみたことを書きました。 ようやく、..
3月中旬から人肌発芽をメインにタネから育て始めた野菜たちもようやく本格的な収穫の時期が近づいてきました。 胡瓜(キュウリ)は最近急に花が咲き始めたので、一気に実って困りそう。 茄子..
昨年に引き続き2年連続の暖冬だったので、これまでの経験だと冬になると枯れてしまう食用鬼灯が、またまた越冬して育ちそうです。 根元からも新芽が出てきていますし、 剪定しておいた枝からも出..
タグ:食用ホオズキ  
昨年の春にいろんな苗を作っていろんな人にあげたのですが、食用鬼灯を分けた人の苗がとてもよく育ってたくさん採れて、ジャムにしてみたとのことで、おすそ分けをいただきました(暖冬の影響でこの時期に採れている..
タグ:食用ホオズキ  
通常は冬は越せないのに、暖冬のため冬を越して既に繁茂している食用鬼灯。 夏を前にして、収穫できはじめました。さすがに早い。 その場でかじると、濃厚でおいしい。 そ..
暖冬のため、いつもなら冬を越すことのない食用鬼灯が無事冬を越してくれて、早くもどんどん実が成りつつあります。 あまり実が成りすぎると、栄養が分散していい感じに実らないので剪定や摘果をしな..
今年のゴールデンウィークは、天気に恵まれたのではたけ仕事が例年になくはかどりました。つくね芋や玉葱(タマネギ)以外をとりまとめて報告。 「人肌発芽」で芽出しをして育てたミニトマトの苗を植えたり、..
週末の1日目。予定が変わってしまったので、半日のんびりはたけ仕事。 最近は、数年前に猪対策をしていなくて9月に大きな被害にあったことと、夏野菜をいつまでもぐずぐず収穫し続けているので冬野菜をあま..
タグ:食用ホオズキ  越冬  
「その1」を5月25日、書いてから日数が過ぎてしまいましたが、まだまだ、夏野菜などの植え付けは終わっていません。 そういう徐々に植えている様子などを書きとめておきます(1記事の写真制限が10枚な..
以前、三つ葉のバジルを、このブログで取り上げました。 今度は、今年初めて(昨年収穫した実の)タネから育てている食用鬼灯の中にいました。 普通は双葉(ふたば)と言われる通り二葉なので、突..
小さいときに寄り添って、競り合って育つことから名前がついているとも言われるセリ科植物のの究極の形とも言えるパクチー。 まん丸のタネの中に、2つのタネが入っているため、そのまま植えると、2株が寄り..
昨年2、3年ぶりに園芸店で苗を買って育てた食用鬼灯(またの名を、ストロベリートマトやゴールデンベリーと言ったりします。とても濃い味で、しかもナス科という意味ではストロベリートマトというのはわかるのです..
表示
<    1  2