タグ   /  食材調達基準

記事

食材調達基準」 の検索結果 9件

アジアGAP総合研究所 所長の武田です。 あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 昨年は2020東京オリンピック・パラリンピック(選手村など)の食材調達基準づくり..
いつも大変お世話になります。 事務局長の荻野です。 日本最大級のGAPシンポジウム「GAP Japan 2016」も来週開催と近づいてきました。 2020東京オリンピック・パラリンピック..
アジアGAP総合研究所 所長の武田です。 日本のデファクトスタンダードGAPであるJGAPの最新の基準書「JGAP2016」が発表されました。 GFSI承認を取る予定であるなど、日本発の国際規..
アジアGAP総合研究所 所長の武田です。 アジアGAP総合研究所が事務局を務める日本産推進協議会は1月21日に立ち上がりましたが、さっそく各所からオリンピック・パラリンピックの食材調達基準の関連..
いつも大変お世話になります。 事務局長の荻野です。 JGAP指導員大会は、JGAP上級指導員、指導員、指導員補が集い、JGAP指導における問題や課題を話し合い、JGAPの指導に資することを目的..
いつも大変お世話になります。 事務局長の荻野です。 日本GAP協会も発起人団体の一つとなり、大日本水産会や中央畜産会と共に東京オリンピック・パラリンピックの農林水畜産物の調達基準の策定に向けて..
アジアGAP総合研究所の理事長の木内博一(千葉・和郷園)です。 このたび、アジアGAP総合研究所が本格始動しましたので、ご案内いたします。 ↓ http://jgap.jp/JGAP_..
アジアGAP総合研究所 所長の武田です。 東京オリンピックの食材調達基準がどうなるか、多くの方が関心を持っているようです。 前回のメルマガも多くの反響を頂きました。 ■東京オリンピック・..
アジアGAP総合研究所 所長の武田です。 さて、先のロンドンオリンピック・パラリンピックでは、開催されていた1か月の間に23,900人の選手と16万人の運営スタッフの食事をまかなう必要があったそ..
表示
<    1    >