タグ   /  焼畑

記事

焼畑」 の検索結果 52件

”注意深く森のなかを歩くと、たとえ傷ついた森であっても、生命の豊かさを感じることができる” アナ・チン「マツタケー不確定な時代を生きる術」(みすず書房)の語りは、それ自体が息吹(プシュケー)のようだ..
 今年の山仕事はじめ、なのかもしれない。  なかなか燃やせなかった竹の残りを今週燃やそうとしているのだが、まずは山の状況を観てみようと、中山へと向かった。スズメバチが巣をつくっていたところの斜面を片..
 礼和元年5月10日。ケタ焼きではあるものの、焼畑、すなわちそこで作物を栽培するということの、火入れを実行した。  資料とするべく、大急ぎでざっくりと概要だけでも記しておく。  準備に3日。草..
タグ:焼畑  火入れ  
今年から「出雲の山墾り」と名づけて竹の焼畑は5年目に入っていく。  今日はその1回目。10時時点の気温5℃。曇り。この時期としては暖かい。参加は3名ほどで、ダムの見える牧場フィールドの確認観察と打..
”今日のオリゼランチは玄米と豆(ささげ、さくら豆、大豆)と雑穀(高黍、もちあわ)のごはんを炊いています。”と紹介いただいた。ありがたし。 ●豆について  ささげは畑ささげとして分類される野生化..
 ホウコ餅を昨年の春に搗いて食べている。が、その記録がまったく見当たらない。どこかにメモ程度でも残っていればと昨年の手帳を改めてもなし。今朝の雑煮に、冷凍庫にあったホウコ餅を食した。つくったのはいつだ..
タグ:焼畑  ハハコグサ  ホウコ餅  
 火入れが近づくにつれ、そのことばかり考えることになる。「とらわれてしまう」あるいは「まよいなやむ」ともいえるが、数式を何度か組み替えて計算し直す感じに近い。たとえば、さまざまなシミュレーションを繰り..
タグ:焼畑  森と畑と牛と  
 タカキビ餅の仕込み~平成30年12月のその後。  タカキビは最終的に4合ほどを調製し、昨年のもの半合ほどを材料に。  うち今年のもの2合ほどはミキサーにかけてひき割りに。4分の3ほどが割れたと思..
タグ:焼畑  タカキビ  
 今年は毎年味噌をつくっている妻を手伝って、というより自分でもつくれるように見て聞いて手を動かしてみようと思い、少し考えたことを記してみる。 ●味噌をつくってみようと思うその心は ・山の畑で大豆を..
 12月28日。働きに出ている豆腐屋さんで年取りの畑もちを搗いた。  畑もちを搗く〜その1であれこれと思案したが、成り行きの末、以下のレシピとなった。 ◆材料 ・もち米1升……精白したものを..
タグ:民俗学    焼畑  雑穀  タカキビ  年取り  
 12月3日(日)晴れのち曇り 最低気温0℃ 最高気温10℃  竹の焼畑2017も、なんと、今日で36回目の活動日です。島大里山管理研究会から3名、教員1名+OB1名(午後より)、そして地元の私1名..
 12月10日(日)開催です。  案内文は下段におくとして。なぜやるのかということのメモを自身にあてて置いておくものです。 1. 竹の焼畑事業における伐採技術の向上  大事なことは3つあると思..
表示
<    1  2  3  4  5