タグ   /  海外ロングステイ

記事

海外ロングステイ」 の検索結果 17件

4月25日号の内容の実体験記の続きは 4,迷惑をかけまいと、老人ホームに入ったら 5,景色の良い所で、静かに晩年を過ごそうと思ったら 6,懐かしさに駆られて、同窓会に出てみたら 4,迷惑を..
海外ロングステイと云う言葉は、団塊世代が60才一斉退職の2008年前あたりから、盛んにメディアに登場していましたが、あれから干支が一回りした今年2020年では、TV報道番組や大新聞メディアで目にする機..
海外から日本にくる外国人は、10年前の2008年は年間800万人だったのが、今年は3,000万を突破し、東京オリンピックの年には4,000万人の受け入れを目指しています。 一方、海外へ旅立つ日本人は..
55才早期退職後(勝手に自己都合退職)に、専門学校に入って現役当時から初めていたwebプログラミングのブラッシュアップの為に、若い生徒に交じつて改めて本格的に、web言語を勉強しました。 そして、先..
私が55才で早期勝手に退職した2003年、世は団塊世代の一斉リタイヤの問題が議論されていたのと同時に団塊世代よりもちょっと上の、高度成長の担い手世代は、今にすればかなり恵まれた年金をいただいて、退職後..
海外に住む日本人は年々増え、身近で留学や仕事で海外赴任する人が当たり前の世の中になって いる現代。私たち団塊世代の若い頃は海外に行くことは、特別なことで、餞別・はなむけが当たり前だったことを思い出さ..
最近、ご意見・問い合わせフォームからの相談 メールが増えています。 特徴としては、私と同じ世代(団塊世代)からのメールは減ってきており、増えているのは定年までは10年以上あるであろう50代の女性(..
定年退職後の海外ロングステイの人気地と云えば、これまで紹介してきたマレーシアのペナン島やタイのチェンマイが知られていますが、隠れた人気NO1はバリ島なのです。 日本人リタイヤシニアが描く海外ロングス..
何故チェンマイが人気なのか 日本人退職シニアの定年後の生き方として、第一次海外ロングステイブームはプラザ合意の後、政府指導のシルバーコロンビア計画があり、ゆとりのある世代の南スペイン移住がもては..
キャメロンハイランドをマレーシアの軽井沢と紹介している記事を多く見受けます。 そんなイメージで行くと大違いです。確かに道路事情だけは、昭和30年代のあの狭い曲がりくねった碓氷峠 と同じで、高速道路か..
ペナンの海は美しくない ペナン島はご存知のように、マレー半島の西側・バターワースと云う都市の沖の島です。 昔から海浜リゾートとして開発され一時期、日本人若者観光客で賑わっていたのですが、最近の日本..
私たちが、いつも利用している世界のホテル予約サイト 「アップルワールド」のメルマガで ロングステイの姿勢にたいする記事が掲載されていました。 いつも私たちが懸念にしていることを、大手のサイトがコメ..
表示
<    1  2