タグ   /  安全対策推進ネットワーク

記事

安全対策推進ネットワーク」 の検索結果 16件

安全対策推進ネットワーク(4号)を公開しました。 春先は、冬季の運航や点検をしていなかったプレジャーボートなどの機関故障等が多発しています。 マリンレジャーシーズンを迎え、初出航に際しては、確実な..
安全対策推進ネットワーク(3号)を公開しました。 船舶等から海中転落した場合、救命胴衣着用の有無が、生死を分ける大きな要因となります。こうした状況を受け、平成30年2月1日からは、小型船舶の船室..
安全対策推進ネットワーク(2号)を公開しました。 平成29年2月11日から13日の降雪により、北海道や鳥取県において係留中の小型船舶50隻が浸水・転覆しました。 東海地方の沿岸部では、降雪の影..
安全対策推進ネットワーク(1号)を公開しました。 平成29年1月、三重県宿田曽漁港内の防波堤先端において、釣りに来ていた人が海中転落し、死亡するという事故が発生しました。事故者は、ライフジャケットを..
安全対策推進ネットワーク(28号)を公開しました。 平成28年12月11日日没時、知多半島野間埼沖において、プレジャーボートがのり網に乗揚げて航行不能となる事故が発生し、乗船者6名はヘリコプターによ..
安全対策推進ネットワーク(27号)を公開しました。 平成28年12月12日、愛知県三河港において、シーカヤック2隻が転覆状態で漂流しているところを発見され、乗船していた2名が死亡するという事故が発生..
安全対策推進ネットワーク(26号)を公開しました。 近年、船舶検査及び小型船舶操縦者免許が不要であるミニボート(長さ3m未満かつ機関出力1.5KW(2馬力)未満)が手軽に楽しめるボートとして急速..
安全対策推進ネットワーク(25号)を公開しました。 平成28年10月23日、三重県尾鷲市梶賀町沖において、一人乗りの漁船船長(70歳代)が海中転落し、翌日ご遺体となって発見された事故が発生しまし..
安全対策推進ネットワーク(24号)を公開しました。 釣りに夢中になり防波堤から足を踏み外し転落する事故や消波ブロックの上を移動中にバランスを崩し転落する事故が発生しています。 釣り場に着いたら、周..
安全対策推進ネットワーク(23号)を公開しました。 遊漁船の死傷者を伴う事故は他船舶と比べて多いです。 遊漁船の海難隻数は、他の船舶と比べて少ない傾向にありますが、死傷者が生じた海難の割合は、..
安全対策推進ネットワーク(22号)を公開しました。 10月は、全国漁船安全操業推進月間です。 本期間中、漁船・水産業団体が関係機関等と連携・協力し、次の事項を目的に漁船事故防止に向けたキャンペ..
安全対策推進ネットワーク(21号)を公開しました。 今年9月に三河湾内でエイによる刺傷事故が2件発生しており、昨年も同様の事故が4件発生しています。 エイは海水浴場など浅瀬の砂底で砂に埋もれて..
表示
<    1  2