タグ   /  中国

記事

中国」 の検索結果 172件

対話・決済アプリ「微信(ウィーチャット)」の中国外での利用が阻まれるとともに、テンセントが抱える大規模な海外資産がリスクにさらされる可能性があるという。 通信・決済アプリの世界も、アメリカ圏と中..
靖国神社は戦争で命を落とした日本兵.将校を祀っている。中国等から軍国主義の象徴とみなされるために歴代のトップは参拝していない。 軍国主義と靖国神社は必ずしも結びつくものではないが、中国等の理解を..
領事館、大使館の閉鎖は、戦争の1歩前にとるべき手段で軽々に閉鎖などを行うべきでない。 大使館、領事館はその国の情報収集を行い、本国が情勢判断を誤らないようにするのが仕事の一つである。どこの国にお..
イギリスはシンガポールに空母を派遣して、アジアに睨みを利かすつもりであろうが、中国が恐れることはないであろう。 中国は南沙諸島の周りを、アメリカ、イギリスの空母にうろつかれては、気に障るというと..
中国・北京市は新型コロナの第二波が来たのであろうか。 日本も油断するべからずである。 親密接触になる会場などは自粛するしかないのであろうか。飲食業の苦境はつずく。 データ 日本 毎日新..
昔、中国の周恩来がアメリカの高官に尋ねた。”アメリカはなぜ日本に米軍をおいているのか”と。 アメリカの高官は”それは瓶の蓋なのである”と答えた。中国側は納得したと。 瓶の蓋の意味は2つある。一..
データ アメリカCNN5/18(月) 13:15配信 中国で新型コロナ対策に当たる専門家チームのトップが「第2波」の可能性を警告した (CNN) 新型コロナウイルス対策で中国政府の専門家..
地獄が来るか。1933年の世界恐慌期に米国の失業率は過去最高の24.9パーセントに達したという。新型コロナのための失業率は20%を超えるだろうという。 世界恐慌期の失業率は25%とするとそれに近..
新型コロナの感染拡大の第二派が予想される中、中国はちと緩すぎるのではないだろうか。国権で締め上げすぎると民衆の暴発につながるので、空気抜きを図ったということか。 昨年比では41%減としているが、..
抗インフルエンザ薬としてアビガンが5月中には認可を得て製造に入るという。朗報である。 また、世界の43ケ国に無償供与するという。これまた、大変良いことであろう。日本の医療水準の高さを世界に示すこ..
新型コロナウイルスは恐ろしいが、心筋梗塞や脳卒中も日頃から恐ろしい。塩の問題は人間にとって鬼門である。塩がなければ生きれないし、過剰ならば死に至る。 ヨウ素化塩は心筋に有益なカリウムを含み、動脈..
米国で感染者が75万人を超えたという。死者も4万人を超えている。米国がどの段階で蔓延を抑え込むことができるかにかかっている。 長期化すれば、世界の経済活動がストップしたままとなる。そうすると世界..
表示
<    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11