タグ   /  ロンドン

記事

ロンドン」 の検索結果 27件

中国国内だけでなく、世界各地、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、ブルックリン、ロサンゼルス、パリ、トロントにも数百億ドル規模のプロジェクトを中国の不動産会社が手掛けている。 中国の不動産会社の経..
日本の東京の位置はどうなのであろうか。世界金融センター指数(GFCI)からの数値であるがロンドンが2位なのには驚いた。EUからの離脱で順位が大きく下落するものと思われていた。 アジアからは香港、..
新型コロナの感染拡大は拡大の一途にあり、そしてドイツ、中国の大洪水の発生である。洪水が想定外の大規模化していることが恐ろしいことだ。 洪水が物流の交通網を寸断して供給網の一角が崩れ始めている。 ..
新型コロナの蔓延で、浮き彫りになってきたのは自国優先主義、ナショナリズムの台頭ではないだろうか。 同時に航空業界の搭乗者の激減による人の動き、物量の動きの停滞、そして自国民の優先という形がより鮮..
朝鮮半島の非核化への解決策を見つけることが目的だというが、その解決策を導き出すことである。それには、北朝鮮の納得させる内容でなければ交渉の場に出てこない。 北朝鮮はようやくアメリカとの2国間交渉..
原油価格は敏感だ。コンテナ船が動き始めたので、原油価格が急落した。しかし、不思議な事故である。自動運転装置がハッカーに乗っ取られ、船の運航がおかしくなり座礁したと。 ベテランの水先案内人が乗船し..
コロナ禍から、在宅勤務のほか、巣ごもりの人々が増加していることが、個人株式購入者の増加になっているのであろう。 現在は、証券会社の店頭に行かなくても、インターネットで自由に株式の売買ができるから..
在宅勤務が増加すれば、地方都市に住む人々が増加するだろう。在宅勤務が主流になれば住居の環境も大きく変わる。 都市の中心部に人が集まらなくなるということは、交通機関にまずその影響がでる。乗客が極端..
イギリスがアストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンを承認した。日本は来年早々の発表となるか。日本の医療水準の高さからして必ず開発に成功する。 データ イギリス・ロイ..
第1回テレビ討論会ではバイデン氏が1勝したことになった。 老人性痴ほう症といわれるバイデン氏であるが、理論整然と話をしたことが好感されたようだ。 一方、トランプ氏はバイデン氏の話の中に割り..
アメリカの民主党の政策は現状維持政策でしかないので、それを壊す相手には武力で恫喝するという戦略に戻るであろう。 日本にとっては安倍さんが追放したアメリカの利権主義者のアーミテージ、マイケル・グリ..
闇の深い事件である。レバノンの内閣は総辞職に追い込まれた。2月に組閣したばかりという。 この内閣は軍事組織ヒズボラの支持により成り立ち、ヒズボラは親イラン派という。 アメリカとイスラエルは反発..
表示
<    1  2  3