タグ   /  ラブロフ外相

記事

ラブロフ外相」 の検索結果 18件

千島列島の領土の問題は、千島・樺太交換条約によりロシアと日本の間で確定していることである。 第二次世界大戦で日本は敗北したが、そのおりにも日本固有の領土は保証するというものであった。..
ロシアと中国には秘密の軍事同盟条約が隠されているのではないかと思われる。アメリカを想定したものであろう。 ロシアは現況では中国との長大な国境線を危惧している。中国は人口14億人、ロシアは1億5千..
北方領土は返還しない。ということをプーチン氏は確認したことになる。 プーチン氏の憲法改正で、自らのほぼ終身大統領の地位を憲法に織り込み、その引き出物として領土の割譲禁止を織り込んだ。 北方..
ロシアのプーチン氏の発言は意味深長である。関係がすでに壊れている以上、さらに悪くなることはないというものだが、裏を返せばこれからよくなるしかないということを言外に込めている。 トランプ氏のロシア..
ロシアの言い分は、ロシアが占領をして実質支配している現状を承認しろというものである。 ロシアの立場からすれば、現状を追認しろというものであるが、日本の立場からすれば、千島列島は日本とロシアの間で..
中国の新型肺炎に関心が行っているが.中東のイラン情勢は悪化したままである。イランの影響下にある軍事組織がいつアメリカを攻撃するかは予断を許さない。 われわれは、あらゆる方面にアンテナを張っておこ..
データ 露西亜・スプートニク2020年01月14日 19:04 ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ソレイマニ司令官(イラン革命防衛隊・精鋭部隊)殺害は米国の違法行為の頂点であり、法およ..
露西亜のバルチック艦隊と日本の海上自衛隊の艦船と共同作戦演習を行うという。日ロ戦争で対馬沖でバルチック艦隊を撃破してから約100年たつと共同演習をするようになったということだ。 歴史の流..
露西亜からのラブコールだが、領土問題は棚上げにして平和条約を結ぼうという魂胆である。日本にとって認められないスタンスである。 そもそもはルーズベルトがスターリンへの手土産として千島列島を差し..
コピーライトマーク Sputnik 2019年10月06日 00:04短縮 URL291 ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ヴァルダイ国際討論クラブ第14回年次会合において、「中東は無謀な政治実験の場となり..
1956年当時は、アメリカの意向に日本が逆らえることができず、アメリカの指示の通り、あるいは忖度して、反核条項を織り込まなかったものであろう。 現在の政権もアメリカの意向を忖度しながら、ある..
ロシア政府の見解をラブロフ外相が表明したことになる。 アメリカとイランの緊張緩和に向けてのけん制である。 アメリカはイランが核兵器を保持し弾道ミサイルが完成する前にたたきたいという欲望に駆ら..
表示
<    1  2