タグ   /  ハンセン病

記事

ハンセン病」 の検索結果 98件

世界で19番目、日本人では初受賞 ハンセン病制圧に向けた活動を評価 ハンセン病の回復者が暮らす村を訪問。一人一人に声をかける笹川陽平 インド政府は1月24日までにWHO(世界保健機関..
15年間ハンセン病と寄り添った写真家 富永夏子さん 毎年1月の最終日曜日は何の日か、皆さんはご存知ですか?? 答えは…世界ハンセン病デーです。 世界各地で啓発イベントが開催され、日本財団..
タグ:ハンセン病  
笹川会長、インド東部ジャールカンド州で 回復者らのコロニー訪問、住民を激励 日本財団の笹川陽平・会長は2月1日から4日まで、インド東部ジャールカンド州を訪れ、ハンセン病回復者とその家族の生活環..
タグ:ハンセン病  インド  
 手の彫刻は現在、恵楓園社会交流会館ロビーに置かれています。  社会交流会館にはこの彫刻を代表として、私達入所者が生きてきた記憶―――、資料が収蔵、整理、あるいはまた展示されてい..
 型を取ることに意外なほど時間がかかり、不安も様々生じましたが何とかそれも完了しました。  後は大学に持ち帰っての教授と院生のお仕事ととなります。むしろ大学の側としてはここからがお仕事の本番となり、..
 私達、菊池恵楓園入所者自治会は平成28年(2016)を以って設立90周年を迎えました。  ハンセン病療養所菊池恵楓園の中でよりよい「生」を実現していくために結成された私達自治会の活動は、現在ではよ..
 当園入所者の中で誰に彫刻のモデルになっていただくか協議をするなかで、長く自治会活動にも参加されてきた杉野義武・桂子ご夫妻はどうかという意見が出されました。  芳武さんは昭和6年(1931)、桂..
 熊本大学にご協力いただき彫刻を作成することになりましたが、最初に必要なのは言うまでもなく手の型取りです。しかしながら、実はこの型取りこそがかなり困難な作業でした。  通常、手から彫刻を作成する..
 手の彫刻の型取りは難航しました。  型取りのために時間がかかりすぎてしまうと、杉野ご夫妻の体に負担がかかる(皆さんも想像していただければわかると思いますが、体を固定した状態で1時間近くも動かないと..
日本財団、患者・回復者への差別撤廃を訴える 障害者インターナショナルとインドから発信 日本財団は1月30日「ハンセン病患者、回復者に対するスティグマ(社会的烙印)と差別撤廃に向けて」と題する「..
ハンセン病患者・回復者の方々と食事の歴史 9月30日から12月27日まで国立ハンセン病資料館において秋季企画展「隔離のなかの食―生きるために 悦びのために―」が開催されています。 ..
◤この世界の片隅に 上映会とコトリンゴすずさんとハナウタライブin長島 大ヒットとなったこの「世界の片隅に」戦争映画でありながら、直接的にその悲惨さを描くのではなく、そんな中でも懸命に明るく生き..
表示
<    1  2  3  4  5  6  7  8  9