タグ   /  イラン

記事

イラン」 の検索結果 20件

中東諸国でも新型肺炎感染者が増加している。特にイランに感染者、並びに死者が多く出ていて中国に次いで世界第二位となっている。 イラン当局は現在は中国人の入国を禁止しているが、中東でイランが感染者で..
世界各地で、入出国の規制が強化されれば、経済活動が縮小していくことになる。中国での感染防止のため入出国を規制しているが、それが世界に広がっていくと、物流・人流が止まる。 日本も例外でなく、動きが..
中国の新型肺炎に関心が行っているが.中東のイラン情勢は悪化したままである。イランの影響下にある軍事組織がいつアメリカを攻撃するかは予断を許さない。 われわれは、あらゆる方面にアンテナを張っておこ..
イランは核兵器の開発を、長距離弾道ミサイルの開発に全力をあげることになるだろう。アメリカのポンペオ国務長官の先制攻撃の熟考ということはそれに対抗することになる。 万が一、アメリカが先制攻撃を行っ..
ロイターの報道では、イランは格納庫など軍事施設への攻撃であったようである。基地のど真ん中にも着弾しているので、イランのミサイルの精度は証明された。 アメリカ軍はイラン軍のミサイルの精度に恐怖心を..
亜米利加が、イランがイスラエルを攻撃する可能性を認識していることである。イランとの戦争となれば中東地区だけの戦火で済むとは限らないところにそのリスクの大きさがある。 ミサイルをイランは多数保持し..
トランプ氏は北朝鮮の金氏への返事として、イランの司令官殺害を実行したともいえるだろう。 北朝鮮は全軍が緊張しているであろう。 とすると、融和の流れを一気に逆流させたことになる。世界が一気に緊張..
敵対する国家の司令官を暗殺しておいて、反撃すれば52ケ所を攻撃ー爆撃するというのは、あまりにも強者の恫喝であろう。 しかも、イラン文化の重要な地点も爆破すると脅している。文明、文化の破壊もやるぞ..
想定外の事態になった。イランがどう出るか予断を許さない。アメリカは継続してイランを挑発してきたがここで限界点を越したかもしれない。 ソレイマニ司令官はかなり有能な軍人で、アメリカが抹殺しなければ..
ドイツでは、プーチン氏よりもトランプ氏のほうが脅威を与える指導者として認識されている。 ヨーロッパではロシアに近接しているので露西亜のプーチン氏のほうが脅威と受け止められていると思ったが..
祝 200万アクセスを突破しました。この私の記事を見ている方々に感謝します。 イランを挑発する勢力があるようだ。イランを攻撃したい勢力の策謀であろう。 データ AFPBB News 2..
中東から手を引くというメッセージであろうか。アメリカが手を引けばロシアの勢力圏に入る。 しかし、中東は難しい地域であるから、ロシアにとってプラスになるかどうか。 トランプ氏は、選挙を控えアメリ..
表示
<    1  2