• もっと見る

2010年07月13日

『山が動いた』のお求めは・・・

ちょうど1ヶ月前にお披露目した  『山が動いた −岩手・宮城内陸地震と栗原市耕英地区−』  はもうご覧になりましたでしょうか。

直接お買い求めいただけるところも増えましたので、改めてご案内させていただきます。



●『山が動いた』を 郵送で 購入希望の場合

 メール 電子メールで申し込む ⇒ info@koei.at (くりこま耕英震災復興の会)へ、お名前、送付先住所(郵便番号)、電話番号、希望冊数を送信ください。


黒電話 電話で申し込む ⇒ 0228-46-2220 (山脈ハウス内 くりこま耕英震災復興の会)へ、お名前、送付先住所(郵便番号)、電話番号、希望冊数をお伝えください。

 メモ 下記の注文書を印刷してファクシミリで申し込む ⇒ 注文書ファイルをダウンロード後、印刷してご記入ください。


 



●『山が動いた』を 直接購入 できるところ

【栗原市 耕英地区】 下記の地図をご参照ください

 ●山脈ハウス (くりこま耕英震災復興の会事務局)

    栗原市栗駒沼倉耕英東43
    TEL&FAX 0228-46-2220
    営業時間 10:00〜16:00(4月下旬から11月上旬まで)
    休業日 毎週火曜日(祝日にあたる場合は翌日)

 ●熊谷養魚場

    栗原市栗駒沼倉耕英中 43−5
    TEL&FAX 0228-46-2158

 ●くりこま高原カントリーファーム

    栗原市栗駒沼倉耕英南115
    TEL 0228-46-2141

 ●ハイルザーム栗駒

    栗原市栗駒沼倉耕英東50-1
    TEL 0228-43-4100 FAX 0228-43-4001


より大きな地図で 『山が動いた』取り扱い店(栗原市栗駒沼倉耕英地区) を表示


本 栗原市外でも直接お買い求めいただけるようになりました。お近くの方はご利用ください。
なお、それぞれ営業(開館)時間と休業(館)日が異なりますので、ご留意ください。


【多賀城市内】

 ●多賀城市市民活動サポートセンター

    多賀城市中央2-25-3 地図
    TEL 022-368-7745  FAX 022-309-3706 
    開館日 平日9:00〜21:30 日曜・祝日9:00〜17:00
    休館日 毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は、その翌日)、
          年末年始(12月28日〜1月4日)
    http://www.tagasapo.org/


【仙台市内】

 ●仙台市市民活動サポートセンター

   仙台市青葉区一番町四丁目1-3 地図
   TEL 022-212-3010  FAX 022-268-4042
   開館時間 9:00〜22:00(月−土)、9:00〜18:00(日・祝日)  
   休館日 毎月最終水曜日・年末年始
   http://www.sapo-sen.jp/


 ●みやぎNPOプラザ

   仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地 地図
   TEL 022-256-0505  FAX 022-256-0533
   開館時間 9:30〜21:30(火−土) 9:30〜17:30(日・祝日)
   休館日 月曜日(祝日に当たる場合も休館)、
         年末年始(12月29日〜翌年1月3日)
   http://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/index.htm


 ●(特活)せんだい・みやぎNPOセンター
   
   仙台市青葉区大町2-6-27 岡元ビル4階 地図   
   TEL 022-264-1281  FAX 022-264-1209
   営業時間 9:30〜18:30
   休業日 土・日曜・祝祭日(お盆・年末年始)
   http://www.minmin.org/ 




posted by 管理人 at 12:39| Comment(0) | 2010_記録誌

2010年07月08日

今日のひまわり

ひまわり 陽射しをいっぱい浴びて、すくすく育ってます。



おまけのバジルもこんなに大きくなりました。プランターからはみだしそうです。そろそろお裾分けです。

2010年07月05日

イチゴジャム

蒸し暑い日が続いていますね。。。

先月13日の2周年イベント以来の耕英訪問。記録誌の編纂委員長の小野昌男さんとりつ子さんにお会いしてきました。記録誌の増刷分が納品されたとのことでしたので、何部かお預かりしようと思いお邪魔してきました。

しばらくして復興の会の大場さんも駆けつけてくれました。お忙しいところ、ありがとうございました。

そして、少し早めの昼食をいただこうと、山脈(やまなみ)ハウスに向かったところ、いつも厨房を切り盛りしている芳子さんが満面の笑顔で迎えてくださいました 笑顔

中のお土産コーナーでは、お勧めのイチゴジャムを紹介いただきました。赤いイチゴのイラストが目を引きます いちご



山を下りながら、「いちご直売」の看板に引き寄せられ、菅原耕一さんのところにも立ち寄らせていただいて、しばし談笑笑顔 ちょうど帰りしな斎藤謙一さんが耕一さんのところにいらしてバッタリ! みなさんお変わりなくて何よりでした。今回はあまり時間がなく掛け足訪問だったので、またゆっくりとお邪魔したいと思いま〜す 車
posted by 管理人 at 22:46| Comment(0) | 耕英近況