• もっと見る

2009年08月10日

笑顔とひまわりがいっぱいの「くりはら元気まつり2009」



心配していたお天気は、くもり雲
5下旬から6月中旬に蒔いた神戸からいただいたひまわりの種もこんなに育って、ステージを飾ってくれました。
ステージ中央の飾りは、今回のために神戸から届いたものです。

▼開会式には会場いっぱいのお客さま笑顔


▼美里町の「創作和太鼓 駒の会」も駆けつけてくれました!


▼屋外ステージでは、栗駒小学校の6年生と花山小学校5年生による「宮城伊達っこ隊」がYOSAKOIを披露してくれました。本来45名のメンバーですが、あいにく野球の試合などでこちらの元気まつりには参加できない子どもたちもいて、16名で踊ってくれました。




 岩手・宮城内陸地震で被災した栗原、一関両市の子どもたちが「岩手・宮城 伊達っ子隊」を結成して、支援してくれた全国の人々に元気な姿と感謝の気持ちを伝えようと、震災から1年となる6月14日、札幌市で開かれた「YOSAKOIソーラン祭り」に参加してきました。
この記事へのコメント
コメントを書く