CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 記事紹介 | Main
最新記事
最新コメント
Moncler Jackets Sale
◇◇◇コメント受付中です◇◇◇ (10/24) game
安全運転の徹底を。 (10/17) y8
トヨタ/ハイエース (09/07) friv
「夢ふれあい」握手マーク (08/31) ray ban sunglasses
障害者理解から始まる地域社会の形成 (07/06) Game
NPO民間救急の夜明けに (04/16) Kate Vaughan
ホンダ/ライフ (12/04) 有料老人ホームのヘルプマン
トヨタ/ハイエース (11/09) 心の救急ケア
NPO民間救急の夜明けに (04/12) 伊藤
2006年度から2007年度へ (11/15)
最新トラックバック
<< 2008年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
障害者理解から始まる地域社会の形成 [2007年02月21日(Wed)]
昨年度に引き続き、今年も中野養護学校にてグループワークのお手伝いをした。

主に中野区の小学校に通う子どもの親御さんが参加する合同研修会。
2/15平日の昼なのでお母さんが多い中、こういう場に参加してくるお父さんって良いな。力こぶ


↑今年のグループワークは昨年の気づきをふまえて作られた。

昨年のテーマは『学校で困っていること』について。障害のあるなしに関わらず、子どもたちは学校に通う。それぞれの立場で困っていることを共有することで相互理解につなげ、且つ、共に解決策を考え出そうとしたのだった。

そのため、参加者は班単位で学校に対しての問題意識を挙げ、そのグルーピングを行い、限られた時間で改善策の糸口を探り、全体に対し発表をするというかなりハイレベルな中身となった。

反省点としては、グループワークの成果を高めに設定しすぎたようで、消化不良になってしまったこと。ごはん


今回は、少しハードルを下げ、『子育て、そして親育ち』と題し行う。まず、子育てにまつわる苦労や喜びなどを個人個人で振り返えりを行う。それを順番に班で発表し、メンバーに助言や激励、共感など感想をポストイットで貰う。最後に、グループワークを通して気づいたことを、前向きに、自分へのメッセージとしてカードに記入し、持ち帰ってもらった。手紙

終始、和気藹々としたムードで進んだ。かといってグループワークのスキームは昨年のバージョンを踏襲しているので、井戸端会議みたく散漫にはならなかった。障害児であろうが健常児であろうが、親としての悩みや喜びは一緒。これに気づいてもらえ、なおかつ自分へのお土産もある実りあるグループワークとなったのではないかと思う。ひまわり


障害者理解・・・。自分の数年前を振り返れば、障害者に対する接点は驚くほど少なかった。実際を知らないということが一番怖いことであり、事実と出会っても自分と関係のないものとみなし、図らずとも壁を作るのは、いつも健常児者のほうからではないか。

私は、研修会の午前中の講演をなされた中野養護学校元PTA会長永田直子さんのお話「自立とは人に支えられ主体的に生きること。地域社会の人と人との関係の中でこそ育つ。」が心に残った。

子どもが障害を持っているため、自らが地域に対してオープンとなり、やがて地域づくりに関わるようになったとのこと。今、地域社会の崩壊が叫ばれて久しいが、逆に障害があることが地域の支えを喚起し、ネットワーク形成へと転じているのである。

この考えは自分にとってのお土産となった。電球
東京マラソンボランティア活動記 [2007年02月20日(Tue)]
2/18東京マラソン2007に参加した。

といっても走ったわけではありません。支援する側として、品川駅の折り返しポイントでの活動を行いました。担当は、一般ボランティア13名が配置される第3収容関門、チーフ兼ボランティアリーダーという役割だった。

ーーー

朝7:00。寒さと雨の中、集合場所の品川駅西口には、周辺で活動予定のスタッフやボランティアが赤・青・黄色のポンチョを羽織り、大勢集結していた。

欠席はわずか1名という我々のチームは、意識の高い方ばかりでとても心強い思いがした。

活動内容は11:54の関門時刻をオーバーしたランナーを制止し、収容バスへ誘導するというものだ。業務内容のおさらいとともに、東京陸連の主任の方から、「私たちの仕事は、言ってみれば嫌われ者の役割ですが、ひとつよろしくお願いします。」と付け加えられた。

この15.5km地点で想定される収容人数は200名。本日悪天候の影響で、倍増が見込まれる。気を引き締めつつ、担当割を行う。メガホン

●ヒートジャケットを渡す係・・・4名
●チップを回収する係・・・2名
●バスへ誘導する係・・・残名(臨機応変に対応する)

チップを回収する係は、ランナーの足元からニッパーで取り外す作業という比較的大変な作業である。手がかじかむ中、志願していただいた方に感謝。

時計を見ると時刻はまだ8:45。選手がスタート位置についている頃だ。我々の業務は、11:54に集中するので、その30分前までは待機してよいとのこと。


待っている間、寒さと戦いながら、ボランティアから色々な意見が出たし、それを集約し次につなげる必要があるとも感じた。

中でも、「集合時間がやけに早い」という声が多かった。

確かに、収容する瞬間に注力すればよい業務内容であるから、最もな意見である。埼玉から来ましたといわれると、敬礼をしたくなった。しかし、ボランティアの方にもマラソンのスタートから一体となって貰いたいという思いが、本大会には確かにある。これは東京のお祭りなのだ。

ただただ、天候に恵まれなかったことは、残念というより、おみくじで凶をひいてしまったときに似ている。



持ち場から見える範囲は人数も足りていたが、適当にゴミ拾いや応援や誘導などをしていると、いよいよ担当業務のスタンバイを始める11:30になった。

再度声を掛け合う。

しかし、様子がおかしい。予想を大きく裏切る格好で、第三収容関門を超えられなかったランナーは、僅かに数名・・・。よってマンツーマンに近い形で、丁重に誘導し、業務が無事終わった。

これにはボランティアも、拍子抜けだったかもしれないが、安堵の方が勝っただろう。


GOOOOOOOOL!!!!
雨にも負けず風にも負けず、ランナーの皆さん、ボランティアの皆さん、応援の皆さん、すべての人に、ありがとうびっくり
第1回アメニティ・ネットワーク・フォーラムin滋賀 [2007年02月05日(Mon)]
2/2-4は、『第1回アメニティ・ネットワーク・フォーラム in 滋賀』に参加しました。

約1300人の参加者。「隣町まで続いているのではないか」とは、とある登壇者の方の弁。

今回は、ポスト障害者自立支援法を展望するコースと発達障害の豊かな世界コースの二本立て。新たな知見を得る目的は勿論のこと、福祉チームとしての仕掛けも二つあったのです。

その1:ブース出展による改修や車両助成制度の周知

助成制度のさらなる活用を。

既存建物を新たに福祉施設としてよみがえらせる改修助成制度も、助成制度説明会を行うなど日本財団としても積極的に推進し、現在実績を伸ばしつつありますが、今後さらなる地域における福祉拠点の充実が求められています。

ただし、突然に改修事業といっても、イメージしづらい人もいると思います。

2m×2mのポスターセッション枠を2つ頂いたので、改修事例のBefore→Afterを目に付きやすい形で並べました。

多数の方に興味を持って頂き、用意していた200部の「改修助成の申請の手引き」は、全てはけてしまいました。


その2:アンケートの実施

助成金申請をする人は、団体の事務局の方や施設の管理者クラスの方が多いと思います。現場のニーズもうまく汲み取っていればよいのですが、申請に上がってこない現場の視点ならではの問題意識や当事者の方が抱いている課題などに、まだ日の当たらない助成対象分野は隠れているのかもしれません。

というわけで、潜在的なニーズやどういった属性の方が何を必要としているのかを探るため、アンケートを実施させて頂きました。

気楽に回答して欲しいため、ささやかながらのプレゼント抽選付きで、こちらも200に近く回収票を得ました。只今分析中です。


ご協力いただいた参加者の皆様、そしてご理解ご協力を賜った主催者の方々へ御礼申し上げます。ペンギン