CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 福祉車両全般 | Main | 2005年度送迎車»
最新記事
最新コメント
Moncler Jackets Sale
◇◇◇コメント受付中です◇◇◇ (10/24) game
安全運転の徹底を。 (10/17) y8
トヨタ/ハイエース (09/07) friv
「夢ふれあい」握手マーク (08/31) ray ban sunglasses
障害者理解から始まる地域社会の形成 (07/06) Game
NPO民間救急の夜明けに (04/16) Kate Vaughan
ホンダ/ライフ (12/04) 有料老人ホームのヘルプマン
トヨタ/ハイエース (11/09) 心の救急ケア
NPO民間救急の夜明けに (04/12) 伊藤
2006年度から2007年度へ (11/15)
最新トラックバック
<< 2008年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
2006年度から2007年度へ [2007年03月31日(Sat)]
この「こだわりの福祉車両」は、2006年度をもって役割を終えます。読んでくださった方、ありがとうございました。ペコリ
といっても当該年度の車両情報とコメントは、もちろん継続して残します。
少しでもご参考になれば幸いです!
未来科学館に行った [2007年03月11日(Sun)]
日曜日、やるべきことが予想外に早く片付いたので、夕方からお台場の船の科学館の近く未来科学館に行った。

入場料大人一回500円。
しかし、1000円で友の会会員になれ、一年間フリーパスおよび年4回の会報送付、その他特典多数という。

安いので1000円払ってしまう。

会員証と早速会報誌1冊をもらって気がついた。
「これは入館者からみればお得だけど、館としても自身の活動を通年知ってもらえるので、どちらもハッピーだな」と。


そんなことを考えつつ入場。果たして、館内の見るべきポイント、とても1日でまわりきれる量じゃなかった。フリーパス会員になってよかったとほっとする。

館内全てのモノ・企画についていえることは、老若男女誰しもに興味を持ってもらえるよう、見せ方にすばらしい工夫がある。難しい話も興味を持てるようにしている。

科学を勉強するというよりも、気分転換がてら、時々行こうかなと思った。ロケット
CanpanブログOFF会 [2007年03月02日(Fri)]
CanpanブログOFF会【つぶわりの「わ」にやさしく】を決行した。面子↓

スリランカ料理を食べる食べる。ここは「ぱれっと」。(詳しくは、コチラに書いてあるよ。)

店内はいい意味でこじんまりとしている。20人ぐらい入れば満席になるのでぜひ予約しましょう。

会議室+宴会として利用ができるアットホームなお店。すなわち最初の1時間半は打ち合わせをし、場所を移動せずその場で打上げや親睦会を行うという使い方ができる。恵比寿駅徒歩2分の好立地。
イイネ!メガホン


コースで出てくるメインディッシュのカレーは三種類あった。これがかなりすごいことになっている。

どうすごいかって、ルーにスパイスがゴロゴロ入っていて、噛みつぶすと口じゅうに香辛料という名の火薬が爆発するのだ。炎


「事件はルーで起こってるんじゃない、口の中で起こってるんだ!」


そう。すごいことになっているのは口の中。
地雷を踏まないように細心の注意を払いながら食べていたら、口の中に神経が集中したせいか、味わって食べることとなり、とてもスリリングにおいしかった。これは罠?ダッシュ

最近、民族料理が好きで先週もイスラエル料理を食していた私だが、カレー好きの方もぜひ押さえておきたいスリランカ料理「ぱれっと」。ぜひご賞味あれ。

あ、今なら求人案内も出ているよ。
助成制度説明会in滋賀 [2007年02月01日(Thu)]
2/1は滋賀県の助成制度説明会のため出張をしました。

滋賀県。琵琶湖とそれを取り囲む山々が美しい。故郷の長崎県の「鶴の港」とそれを取り囲む「稲佐山や立山」が思い出されます。ただし、長崎県だと人口が福岡県に取られどんどん減ってきているのに対し、滋賀県では京都のベッドタウンとして栄えてきている点では、異なりますね。

今回参加いただいた方は50名を超えました。皆様、時間前にピシリと集合されていて、整然と且つ静かに席についておられました。遅れてくる方とかいないんですね。
県民性なのでしょうか。そんな滋賀県に住みたいと思ってしまいました。

説明会はこれまでも各地で行っておりますが、第1部では、改修事業の助成制度説明会を行い、また、第2部では個々の具体的な案件や疑問点を交えた申請相談を行うという構成です。

改修制度は、申請者の法人格や整備する施設の種別によって助成金額や助成率等が変わってきますし、手引きを読んだだけではイメージしづらいことも多いかと思います。多くの方にわかりやすく制度を案内することで活用してもらいたいです。


また、その後での申請相談では、希望者に対する個別の案件に対しての相談となります。

どうしても改修事業の制度の対象外となってしまう案件、例えば新築で整備するものや国庫補助物件の改修については難しいと答えざるを得ないですが、それ以外の自治体の補助がおりていないが独自事業で行っている福祉活動拠点の整備といったものについては、はじめから消極的にならず、事業内容やその必要性に焦点を当てた上で、できるだけ支援ができるような形を考えています。


2007年度改修助成の次期募集期間は、3/15〜4/13となっています。事前の相談はどうぞお気軽にされて下さい。
車の平均寿命は11年 [2006年11月15日(Wed)]
自動車が新車登録され抹消されるまでの「車の平均寿命」は11年―。
車1994年度に助成した車両は、平均寿命超えてますね・・・。

閑話休題。私、伊藤は今日付けで、部署を異動することになりました。

日本財団 公益・ボランティア支援グループ 車両チームから福祉チームへ。

このブログは主に、2005年度納車の福祉車両へのコメントを送信していただく掲示板のようなコンセプトで当初作ったのですが、今年度も残すところあと少し。その役割を終えつつあります。

なので、今後は日本財団伊藤のブログにシフトしつつ、情報発信していこうと思います。

というわけで、とりあえず、スキンを変えてみます。
AED(自動体外式除細動器)の使い方 [2006年11月09日(Thu)]
2006年11月3日の日刊工業新聞に、ためになる記事を発見しました。↓
医療法人社団こころとからだの元気プラザ 村松秀樹氏 『AEDってなんだ?大切な命を守る知識』より、要点をご紹介します。

メモーーーー
AEDは不整脈の治療に効果を発揮する。発作を起こした人への心肺蘇生法はABCD。

AはAirway(気道確保)、BはBreathing(人工呼吸)、CはCirculation(心臓マッサージ)、DはDefibrillation(除細動)。このDを行うのがAEDで、電気ショックにより心臓の機能を回復させます。

倒れている人を発見したら・・・返事をしない場合は119通報をし、AEDを手配。救急車が到着するまでの間、以下の処置をします。

@顎を上げ気道確保。胸が上がらず呼吸音が聞こえなければ、人工呼吸を開始。
Aマウスtoマウスは空気が漏れないよう鼻をつまんでやり、もう片方の手で顎を上げて2回吹き込む。
B反応無ければ、心臓マッサージ30回。AとBを繰り返す。
CAEDの電源を入れ、画面の指示に従って電極パッドを胸に張る。心電図がとられ、電気ショックが必要なら「スイッチを押してください」と指示がでる。不要ならAとBを繰り返すことになる。

ーーーー

以上、私の備忘録もかねて、AEDの活用方法でした。
「A→B→C→D」これは覚えやすいですねぇ。現場を前にしてオロオロしないですむかもしれません。ヒヨコ
日本財団チョロQです [2006年09月06日(Wed)]
日本財団の福祉車両のチョロQ。ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。



車種は、日産のセレナです。箱にタカラのロゴが入っていますが、市販はされていません…。

日本財団の福祉車両が1万台を突破した際、日産(加装はオーテックジャパンさんです)さんから、分けていただいたものなのです。

ちなみに日本財団では、セレナ車いす対応車送迎車(補助ステップ付き)のラインナップで助成しています。

どちらも、オーテックさんの加装が施された、品質良く使いやすい福祉車両だと思います。


車このチョロQが、プロフィール写真になっている姉妹ブログたちもよろしく。
『車両チームオフィシャルブログ』
『福祉車両のある風景』
『車両庵』
『福祉車両を取り巻く環境』


日本財団 伊藤@こだわりの福祉車両
かぞえつくせぬ母の恩愛 [2006年08月18日(Fri)]
こんぴらさんで見つけた故・笹川良一会長の孝養の像の場所

場所を特定する手がかりとなった“絵”はこの一枚のカードでした。



なぜ、出先でこんなものを持っていたかというと、
哲学としての「水六訓」が好きで、ずっと財布に入れていたのです。


炎天下、うだるような暑さで我を忘れ、レンズの中ではしゃぎ過ぎたあの日―。
"しあわせな財布"になりたい私の夏の1ページでした。
金刀比羅宮へのお参り [2006年07月19日(Wed)]
休みを頂いたりしているうちに、ブログの更新が梅雨前線のように停滞してしまった今日この頃です。

さて、7/7〜9まで香川のほうへ出張しておりまして、最終日に時間ができたので琴平山・金刀比羅宮へとお参りに行きました。

人にやさしくの山田さんと後輩の沢渡くんと並んで歩んだ階段は、後にも先にもこれが最も多いかもしれません。700段近くの段数を、お互いの意地で平静さを装いながら炎天下、仕事着で上ったものですから、一張羅が汗だくに。

しかしながら、てっぺん近くの風景は絶品であり、澄んだ空気の大地はとても見晴らしがよかったです。清々しさに心まで澄むようで、信仰心の無さから普段決して買わない“お守り”を2つも買ってしまいました。

ハイライトはそれだけではありません。注目すべきは、shop人山田さんのブログ魂でした。
こんぴらさんを前に、ZERO3(ウィルコムのPHS)で平然と記事をUPする山田さん(左下)。こういった出先でブログを書く人もそうそういないでしょう〜。実は参拝客も怪訝な顔をしていました。(僕らも少しキョリをとりました。)

とはいえ、僕も何かしなければという思いにかられ、ピーンと思いついたトリビアの種が「もう一つの聖地の場所」を確認することでした。神主さんに聞き込みなどを行い「その場所」を特定。構図を分析しバッチリ記念撮影もしました。スーツで来た甲斐がありましたよ。

はてさて、聖なる(?)場所とは何なのか。それは、人にやさしくの山田さんがブログ記事でUPしてくれるとのことですよ。お楽しみに。
駐禁の取締り強化 [2006年06月01日(Thu)]
改正道路交通法が今日から施行され、民間の駐車監視員による取り締まりが始まった。

放置車両は即時摘発され、違反した運転者が反則金を納付しない場合は所有者に納付義務が課せられるなど、厳しく様変わりするとのことらしい。

確かに駐車違反は良くないことだが、一時的に駐車しないとまわらなくなる仕事も世の中にはある。これらが今後どの程度取締まられてくるのかが気になる。それと同時に、ボランティア送迎に係る対価としての運賃の享受についても同様で、違法かどうかの線引きというものはいつも明瞭につけれるような単純なものではないように思う。

さて、違反駐車といえば、実は私も以前一度だけ取り締まられた経験があり、反則金を支払いに池袋警察署に出向いたことがある。係りの人に取り次ぐのに朝から署で順番を待っていると、いつまでたっても番がまわってこない。見ると、同じように違反を取られて来ていたおやっさんが警察の係員相手にゴネていた。

彼の言い分に耳を傾けるとこうだ。「昔は、違反ステッカーにはもし不服の場合は○○署へ申し立てを行うよう書かれていたものだ。今のものにはその表記がないじゃないか。これってどうなの?俺は前回捕まったときはそこに出向いて申し立てをし、インチキ取締りであったことを立証し、違反であったものが取り消されたんだ。今回の取締りにも不服がある!にも関わらず交渉の余地がない。こんな一方的な取り締まりは認められない。やくざじゃないんだから。そうでしょ?」

ああ、なんという強情な姿勢。やくざはどっちだろう。しかし今日に限っては私も時間がないから早く決着してくれないかな。

…などと思って見ていると、最終的にはなんと警官のほうがその言い分に押し切られる形で「確かに。おっしゃるとおりです。」と黙り込み、認めて(あきらめ?)しまったではないか。そして違う窓口へ移動していく。

私も、その日、朝ご飯さえ食べていれば、奮起しておやっさんサイドにまわっていたかもしれない。とはいったものの違反は違反なので自戒の意味もこめて何も言わずに納付した。ただ、あの後、結局おやっさんがゴネ得になったのかどうかはいまだに気になっている。
| 次へ