CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«How to:車種にコメントするには | Main | 『shop人にやさしく』»
最新記事
最新コメント
Moncler Jackets Sale
◇◇◇コメント受付中です◇◇◇ (10/24) game
安全運転の徹底を。 (10/17) y8
トヨタ/ハイエース (09/07) friv
「夢ふれあい」握手マーク (08/31) ray ban sunglasses
障害者理解から始まる地域社会の形成 (07/06) Game
NPO民間救急の夜明けに (04/16) Kate Vaughan
ホンダ/ライフ (12/04) 有料老人ホームのヘルプマン
トヨタ/ハイエース (11/09) 心の救急ケア
NPO民間救急の夜明けに (04/12) 伊藤
2006年度から2007年度へ (11/15)
最新トラックバック
<< 2008年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
タイトルにまつわる話 [2006年03月11日(Sat)]
BLOG名を「福祉車両の理想形」から「こだわりの福祉車両」に変えました。

理由→ 「理想形」ってムズカシイ!!! 怒り

車に乗る利用者や車の運転者にはいろいろな人がいて、車いすのカタチひとつ取っても違う。そんななか、使う側は、利用する場面を考えて、こだわりを持って車を選び、場合によってはカスタマイズして乗っていく―。

それぞれの描く理想の福祉車両があります。
皆さんが実際に使って感じたことなどを、このBLOGというオープンな場に書き込んでもらうために作りました。

その時点では一意見かもしれません。しかし、そのこだわりが集積していくことで、福祉車両がよりよいものになっていくと思っています。これが「ちょっとは理想形に近まったかな」と感じる瞬間なのかもしれません。 あるいは、書き込みを見た人が何かを感じることもあるでしょう。

このBLOGは、ユーザーの皆さんからそれぞれのコメントが集まる場としてスタートさせたもの。であれば「理想形」ではなく「こだわりの福祉車両」の方があってるよな ということで改名しました。 (あと、「理想形ってカタい」と言われて、確かに と思った)


・・作って一週間。まだ限られた方しか覗いていない立ち上がったばっかりなBLOGなのですが、こだわりの(?)「タイトル」にまつわる話でした。皆に役立つサイトめざして―。赤ちゃん
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

» いろいろ紹介しちゃいます! from Shop人にやさしく
今日も先週の続きで愛知・半田の社会福祉法人むそうの取り組みを紹介しようと思っておりましたが、月曜日はアートスクウェアが定休日ということで、明日紹介します。

その代わりに、今日はいろいろなものを紹介しちゃいたいと思います。

1.“こんなブログがありま... [ReadMore]
Tracked on

コメントする
コメント
事業に対する助成に関しては、非営利団体であることが1つの前提になりますが、ご相談にのれるかもしれないです。伊藤
日本財団 車両チーム 06-6229-5163
Posted by: 日本財団 伊藤  at 2006年09月04日(Mon) 11:16

はじめまして、神戸でベトナムのシクロを使って輪タクをやってます。
いかんせんコンディションが悪く、どこかで作ってもらえないものか試行錯誤しています。
なにかいい情報があれば教えていただければありがたいです。
よろしくお願いします。

神戸の角田です。
Posted by: かくだせいじ  at 2006年08月31日(Thu) 03:29

素敵なブログを見つけちゃったので、私のブログで紹介させていただきました!
これから、日々更新を目標に頑張って下さい。

https://blog.canpan.info/p-shop/
Posted by: Shop人にやさしく:山田  at 2006年03月13日(Mon) 13:20

友人が移送ボランティアをしています。コメントのTukTukに興味があってサイトを訪問させていただきました。遊び心があって素晴らしい乗り物ですね。公道を走るのに車検とか大変ではないですか?
Posted by: Mr.K  at 2006年03月13日(Mon) 09:42

「こだわりの福祉車両」について 
わたしの「こだわりの福祉車両」は、タイ製のオート3輪車『TukTuk』をスロープ式車椅子使用車に改造したものです。
元来あった3名乗りのベンチシートを撤去して、マイクロバスなどの補助席(小型コンパクトで折りたたみ可能)を2個L字型に配置して取り付け、幅600mm長さ1,000mm程度のスペースを確保してそこを車椅子スペースにしました。これで、運転者以外の乗車定員が3名で、元の『TukTuk』と同じです。
スロープは、後部のあおり戸の上にあった飾りを撤去して、その場所にスロープを引っ掛けるバーをつけて貰いました。走行中は、バンパーの位置に収納用のフレームをつけてもらい、後方から見るとスロープは一見バンパーに見えました。
当初のスロープは、アルミ板を凹型に曲げ2つ折りにした特注品でしたが・・・盗難に遭って無くなってしまいました。
仕方が無いので市販の伸縮式スロープを購入しましたが、収納用のフレームに収まらないので、自転車の荷物用のゴム紐で括っています。
Posted by: たけおか  at 2006年03月11日(Sat) 21:57

なぜ、こんな風にタイ製のオート3輪車『TukTuk』を改造したのかと言いますと、最初は、「車椅子+自転車」だったんです。平成14年の初夏だったと思います。次女を乗せた車椅子を押して自宅から障害者福祉作業センター『たけのこ』裏の公園まで散歩に来ましたが、アスファルトからの照り返しの熱が暑く次女も私もぐったりとなりながら歩いていました。その時フト思いました。車椅子を押して歩くのではなく、車椅子を自転車で押せないか?。車椅子を自転車で引けないか?。それは、やがて、「車椅子と一体になった自転車で次女と一緒にサイクリングが出来ないか」に変わりました。
インターネットでそのような市販品とか、改造出来そうな自転車は無いか?探しました。
ドイツ製のものがありましたが50万円以上するとか・・・東南アジア独特の各地独自の形状の自転車タクシー(輪タク)インドネシア(ベチャ)やベトナム(シクロ)などヒントはたくさん見つかりました。
しかし、ここで問題になったのが、日本の各都道府県の道路交通規則等により、地域によっては、自転車に2人乗りが出来ないと言う事です(「車椅子と一体になった自転車」はやはり自転車なのです)で、詳しくは省略しますが、地元選出の大阪府会議員さんに相談して、大阪府はOKになりましたが、日本の愛媛県と千葉県以外で走る事のできる「車椅子と一体になった自転車(試作車)」を開発・製作しました。
Posted by: たけおか  at 2006年03月11日(Sat) 21:56

この過程で、インターネットでの検索中に「トライクプロジェク」に出会いました。
ある身体障害者の方とその方の支援者の方が、夢として、車椅子の障害者の方がオートバイに乗りたい・自然風を受けて・自然の音や響きの中で走りたい・・・その夢の実現を・・・と言うプロジェクトでした。
それは、トライクという乗り物=大型のオートバイを後ろ2輪に改造して、普通のオープンカー以上の開放感があり、しかし、オートバイでも、サイドカーでも無い大変珍しい自動車?があり、この車輌の後部座席を車椅子のまま乗れるように改造しようと言うものでした。
そこに、これも立派なトライク。この上なら車椅子のまま乗れるよ。中国製の90ccのカブのコピーを後2輪に改造されたものが掲載されました。その車輌は神戸にある。値段もビックリする程安い・・・早速見に行きましたが、次女と一緒に乗るには危険すぎると思って断念しましたが、店の裏に置かれていた『TukTuk』を見せられ、こちらならどうですか?と、言われて思わず購入を決め上記のような仕様に改造して貰う事を決めました。
尚、日本で(世界でも) オート3輪車のスロープ式車椅子仕様車は、他に例は無いと思いますし、また、日本国内でナンバープレートを得て公道を走れる『TukTuk』は30台程度と思われますが、オートバイ登録(側車付きオートバイ=サイドカー及びトライク)は、当方の車輌と広島にある1台と計2台のみと聞いております。
親バカが究極の贅沢=自然風を受けて・自然の音や響きの中で走りたい・・・その夢の実現のために用意した1台です。
HPの写真にありますように、『TukTuk』の鉄板製の屋根板は数本の6mmのボルトで固定されているだけですので、簡単に外してオープンカーにする事も出来ます。
定員が運転者を含めて4名です。車椅子の障害者の方、介助者2名、又は、介助者1名+「車椅子+自転車」の自転車部分を積載する事が可能です。
まだまだ・・・夢がありますね。夢の実現・・・アホな親父です。
Posted by: たけおか  at 2006年03月11日(Sat) 21:54