CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«トヨタ/ハイエーススーパーロング | Main | 三菱ふそう/ローザロング»
最新記事
最新コメント
Moncler Jackets Sale
◇◇◇コメント受付中です◇◇◇ (10/24) game
安全運転の徹底を。 (10/17) y8
トヨタ/ハイエース (09/07) friv
「夢ふれあい」握手マーク (08/31) ray ban sunglasses
障害者理解から始まる地域社会の形成 (07/06) Game
NPO民間救急の夜明けに (04/16) Kate Vaughan
ホンダ/ライフ (12/04) 有料老人ホームのヘルプマン
トヨタ/ハイエース (11/09) 心の救急ケア
NPO民間救急の夜明けに (04/12) 伊藤
2006年度から2007年度へ (11/15)
最新トラックバック
<< 2008年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
トヨタ/ハイエース [2006年03月06日(Mon)]

■■◆トヨタ/ハイエース
■■■車いす対応車(普通車)
■■■定員:車いす2+8/後部リフト/4WDあり
■■■エントリー年度:1995〜2005年度

◆日本財団仕様(2005年度基準価格:\3,400,000)
運転席・助手席SRSエアバック(運転席標準)、パワーウィンド(電動式ドアロック・イージークローザー標準)、電動・特殊車いす用固定ベルト、胸部固定ベルト(4)、車いす用手すり(右側)、ストレッチャー固定装置、ウィンドカーテン(特別装備)、1人掛リクライニングシート可倒式アームレスト(特別装備)、フロアマット、サイドバイザー、AM・FMカセットステレオ1sp、マッドガード(前後)、指定マーキング、バックブザー
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
共有のために感謝.
friv | friv games | friv4 | y8 | kizi | angry birds | angry birds online | didi games | moshi games
Posted by: y8  at 2011年09月07日(Wed) 16:39

はじめまして。
Posted by: 有料老人ホームのヘルプマン  at 2008年11月09日(Sun) 13:44

1ヶ月半遅れですみません・・・。ありがとうございます。お寄せいただいたコメントを読んでいて嬉しくなります!

私は車両チームから福祉チームへと部署を変わりまして、改修などによる福祉拠点の整備事業を担当しています。

障害者福祉施設の支援は車両はもちろんそれ以外の部分でも行っています(詳しくは日本財団HPへ)。今後ともどうぞよろしくお願いします!
Posted by: 伊藤より、あけぼの学園さま  at 2007年11月15日(Thu) 13:09

  8月30日から31日にかけて、北海道の日本海側に位置する神恵内村「青少年キャンプ村」に入所部・通所部の全員でキャンプを行ないました。
 キャンプではグループ毎に分かれ思いおもいの夕食を作ることにして、夫々で買い物をし用意しました。いざふたを開けてみると、バーベキューとカレーライスで舌鼓をうっておりました。夕食後は、花火やカラオケで盛り上がり楽しい楽しい二日間でした。
 このキャンプでもう一つ大切なことがありました。それは、従来からの自動車の他、今年は日本福祉財団からご助成していただいた車椅子対応ハイエースとステップ付ハイエースが加わったことから、利用者の方が大変スムーズかつ楽に行動できたことです。
 待ちにまったキャンプの楽しさが倍増し、嬉しく楽しいレクリエーションとなりました。
 これらの車両のお蔭様で活動の輪が広がり利用者の方と職員一同、日本福祉財団様の福祉助成事業に改めて感謝しました。普段の生活では、通院、余暇外出、各種日中活動に活用させていただいておりますが、今後とも安全運転に徹し大切にそして有効に活用させていただきます。
 本当にありがとうございます。
Posted by: 社会福祉法人あけぼの福祉会岩内あけぼの学園  at 2007年09月27日(Thu) 20:34

トヨタの福祉車両は、使い勝手が良く、壊れ難いですよね。トヨタ自動車は、日本の福祉のために良いクルマを造り続けて欲しいです。
Posted by: 竜次☆LEXUS&ALLEX  at 2006年09月12日(Tue) 23:18

社会福祉法人あけぼの福祉会岩内あけぼの学園さま

コメントありがとうございます。お盆ということで施設などでも特別な動きはありますでしょうか。

さて、2006年度は、車いすの方の人数に応じて、様々な車種が選べるよう、日産/キャラバンD使用(車いす3+5人乗車可)などもラインナップに加わってます。今後も多様なニーズに対応できるようなラインナップにしていきたいと思ってますので、また色々なご意見をお寄せいただければ幸いです。


>操作ビデオの他、東京トヨペットの担当者の方がわざわざ実技指導に来園下さったことに、職員一同感激いたしました。安全、安心で使用しております。

財団との窓口となってくださっているメーカーの担当者の方で、最もよく日本財団に見えるのも、実はトヨタさんだったします。皆様からご提出いただく年間運行報告書の車両評価は、データ化して各メーカーさんにお渡ししているのですが、レスポンスは高いです。さすがトップランナーの車両メーカーたる所以です、ハイ。 では。

日本財団 伊藤
Posted by: 日本財団 伊藤  at 2006年08月18日(Fri) 17:13

当施設では、今まで福祉車両を必要とする方がごく少なく、職員の介助で間に合っておりましたが、ご多聞にもれず高齢化などで車椅子を必要とされる方や普通車両への乗り降りが困難な方が増加してきました。
 昨年初めて日本財団様のご助成をいただき、車椅子対応のハイエースを導入することが出来ました。
 従来は、自動車に乗る時は職員の介助があっても車椅子を利用される利用者の方は必死になって乗り込んでおりました。しかし、この自動車がきてからは笑顔で余裕たっぷりで乗っており、かつ地域での活動の機会が増えました。
 ここ、北海道西端積丹半島の付け根に位置する岩内町は、遅かった夏が到来し屋外活動が本番となりました。
 この自動車で思いっきり活動を楽しんでおります。
 利用者の方、保護者、役職員とも日本財団様に心から感謝しております。

利点
 操作ビデオの他、東京トヨペットの担当者の方がわざわざ実技指導に来園下さったことに、職員一同感激いたしました。安全、安心で使用しております。
 車椅子利用者の方が乗り降りする際の使い良さは例えようがありません。

欠点
 2列目のシートの足元が狭く、若干乗り降りしにくいと思います。また、通常のハイエースに比べ、フロントガラスが小さく運転の際に多少の圧迫感を感じます。
Posted by: 社会福祉法人あけぼの福祉会岩内あけぼの学園  at 2006年08月15日(Tue) 15:22

(特)豆たん さんへ

山口県の福祉有償運送を取り巻く状況についてお聞きし、それを踏まえて記事をアップしました。ご覧下さい。
こだわりの福祉車両<6/26>記事
Posted by: 日本財団 伊藤  at 2006年06月28日(Wed) 11:27

初めて助成でいただいた車がこのハイエースです。今までは古い持込車両などで活動していましたが、やはり使い勝手が全然違います。車内空間の広さ、乗り心地が良い等で利用者さんからも喜びの声をいただき、日本財団さんには職員一同、大感謝しております。最新式の車両なので便利なところはたくさんありますが、不便なところは特にないと思います。しいて言えばシートベルトのペアが分かりにくいということでしょうか、結合金具の樹脂製の部分を色分けするというのはどうでしょうか?素人考えですけど…。あともうひとつ、ライト点灯時はバックブザーが鳴らないんですね。
Posted by: NPO法人デイサービス豆たん  at 2006年06月23日(Fri) 11:42

利点
1 クッションが比較的良く、乗り心地は良い。
2 多くのご利用者様が、一度に乗ることができ、レイアウトはよく考えられている。
欠点
1 運転席の次の行のシートの足元が、極端に狭い。かなり不評である。
2 シートベルトが異常に多く、どれとどれがセットになるのかを、極端な色分けで区別して欲しい。
3 荷物を置くスペースが、まったくな い。
4 前側の車イス固定器は良いが、後ろ側の固定器は、独立分割のタイプが良いと思う。
 全体を通して、これだけ短くするメリットよりも、広さを追求したほうが、メリットがある。さらに、余分な手すりはないほうが動きやすい。
Posted by: 田原デイサービスセンター  at 2006年05月02日(Tue) 14:16

平成16年度助成事業で頂いた、ハイエースは、従来のものに比べ、電動リフト等において、介護者への配慮がみられ、大変工夫されているなと感じています。とたも助かっています。
Posted by: NPOクオレ七戸  at 2006年04月20日(Thu) 17:58

今回、10年間使用したハイエースを新型のハイエースに入れ替えることができました。日本財団さんにはとても感謝しています。

私自身、毎日送迎に行っているわけではないのですが、いくつか感じたことを。

10年前の板バネのハイエースに比べると乗り心地は雲泥の差です。利用者はとても喜んでいます。でも、当施設で所有しているVOXYと比べると車高のためか揺れが多きように思います。

>ただ車いすの前後移動時とともに非常事態の介助時には、ひじ掛けや壁面上部にある手すりが障害物と感じることがある。

非常時でなくても、日常的に手すりはじゃまな位置に付けられています。利用者が不安に感じてもそばに近寄ることさえもできません。車椅子が乗っていれば車椅子の手すりが使えるはずです。介助員が乗っている意味がありません。

30p短くする必要はないように思います。室内も狭く感じ、これが運転できれば、ロングも運転できると思います。




Posted by: 老人福祉施設事務長  at 2006年04月18日(Tue) 15:03

>新型のハイエース・ハイルーフ、ショートボディーは全長が約30cm短くなったことで女性にも運転しやすいと言われるほど良い評判がある。

私は、そうは思いません。確かに送迎の現場に女性が進出しています。しかし、最近の車輌は、パワーステアリングを装備しているから車輌の全長が長くてもハンドルの重さなどさほどに関係しないと思う。ダンプカーを運転する女性もいますから・・・
全長が30cm短くなった影響が何処に来たのか。
昨年の夏、トヨタ・ハイエースがフルモデルチェンジしました。それに伴って、車体の全長が短くなりました。最近、送迎車輌の運転を女性が運転する事も多いと言うことが理由だそうですが、そのしわ寄せがフロントシートとセカンドシートの間の寸法になり、旧タイプに比べて非常に狭くなり、下肢に障害のある方には大変苦しい姿勢を強いられます。「福祉車輌の理想型」とは、何も車椅子使用者だけの事を考えるのでは無く、他の方の快適性をも考えて下さい。私の個人的意見としては、新型トヨタ・ハイエースは、最低の不(便な)苦(しい)思(相の)車輌だと思っています。
トヨタさん。ごめんなさいね。最近のトヨタの福祉車輌、私自身あまり研究していませんが、アイシスにスロープ車椅子仕様が欲しいと願っています。これが、私の個人的な「福祉車輌の理想型」です。
Posted by: tom  at 2006年03月09日(Thu) 22:51

 新型のハイエース・ハイルーフ、ショートボディーは全長が約30cm短くなったことで女性にも運転しやすいと言われるほど良い評判がある。車いす乗員からも今回の改善では窓ガラスの高さが上がり、側面ハイルーフとともに視界は良くなったと感じる。
 改善されたとはいえ、車いす乗員のクッション性が悪く、長距離移動には相当のストレスを感じる、またストレッチャー移送時の振動伝達も相当なものがある。(これからのSTSを思うとき、寝たきりの患者さんのストレッチャー病院送迎需要も多くあることを考えるとクッション性の改善されることを望む)

 1度に2名の車いす利用者が乗車するときは、前後するプラットホームの動きに注意する必要がある。(特に降車時には前部の車いす利用者に自分で動かないよう声かけをしたり、一度に固定器具を外さないように注意が必要)
 おそらく老人健康施設の送迎を想定されていると思うのだが、車内に手すりが多用されていたり、狭い車内で車いす2名が縦列になるとき通路がより狭くなり、固定作業などをする介助員の身体がぶつかったり、洋服が引っかかりして作業効率が落ちることがある。またプラットホーム上の車いす横に手すりや固定器具があり作業性が損なわれるように感じる。
 ハイエースなどのように車いす固定席の左側に座席がある車種は、座位保持の困難な人や、てんかん発作や痴呆・認知症などで常時見守りが必要な利用者の介助には不可欠な座席である。ただ車いすの前後移動時とともに非常事態の介助時には、ひじ掛けや壁面上部にある手すりが障害物と感じることがある。

Posted by: NPO法人 東海福祉移動研究協議会  at 2006年03月09日(Thu) 22:29