CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NTC | Main | 日本の夏»
プロフィール

たしさんの画像
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
記事一覧
コメント
たし
日々成長 (10/18) はづき
日々成長 (10/17) たし
夢の方へ (09/30) おくえり
夢の方へ (09/16) たし
09/04 今日の畑 (09/12) tanaka
09/04 今日の畑 (09/12) たし
イクメン記録 子育てはマネジメント (08/19) JT
イクメン記録 子育てはマネジメント (08/16) たし
イクメン記録 子育てはマネジメント (08/11) まり
イクメン記録 子育てはマネジメント (08/11)
トラックバック
AMAZONN (08/12)
育恵時間 (05/12)
月別アーカイブ
仲間のblog、読んでいるblog
https://blog.canpan.info/312/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/312/index2_0.xml
百見は一触に如かず [2008年06月25日(Wed)]
東京財団前会長で、日本財団特別顧問の日下公人氏が著した『こんなにすごい日本人の力』の中に「発信力は触覚から」という一節があった。

なんでも、仏教の世界では、認識の成立要件について六入というが、その順番は、目・耳・鼻・舌・身・意で、身は触覚、意は思考を示しており、触覚が思考に一番近いということだ。またヘブライ語では、「知る」を「Yada」と書くが、その語源は「Yad」=「手」だとあった。

「百聞は一見にしかず」というが、「百見は一触にしかず」といったところだろうか。

これを読んでいて改めて、「現場を知る」ということは、なんなのか考えてた。
よく「現場主義」という言葉があります。ボクも、財団にいたときは、日本各地の「現場」に行く機会があり、助成先の団体さんの活動を見たり、話を聞いたりした。
しかしいつも疑問だったのは、確かに「現場」に足を運んだが、これで「現場主義」と言えるのかどうか、「現場を知った」と言えるのかどうかということ。
ツブログさんも先日のブログで「助成財団の職員の言葉は、現場で活動する団体の職員の言葉よりも現実味と重みがない」とを思ったと書いてました。

でも「発信力は触覚から」を読んで、振り返ってみて思った。現場に行っても、ほとんどが「聞く」「見る」で終わっていたなと。財団の時は出張に行く際、効率を考え、なるべく多くの方に会おうと予定を組んでいた。それはそれで大切。しかし例えばイベントのスタッフとして入ってみたり、もっと言えば助成先で半年間働かせていただくとかそういうことがあっていいと思う。(相手に迷惑がかからないのが前提だが)。単純に「現場を知ることができる」以上の、価値があると思うから。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
TBできてましたか。
初めてやってみたので、これでいいのかなぁと。

先週リンク集を整理したので、入れてみましたm(_ _)m
Posted by: たし  at 2008年06月30日(Mon) 09:42

そんでもって、地味にリンク集にも入れてくれてありがとうございます。
(今気がついた)
Posted by: 「ツブログ」2  at 2008年06月27日(Fri) 17:47

TBありがとう。

そうだね。
きっとたっしーの言葉は、これから徐々に重みを帯びてくるんだと思います。貴重な出向期間、がんばってください。
Posted by: 「ツブログ」さん  at 2008年06月27日(Fri) 17:46