CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
排気ガス汚染によるがん対策に効く野菜 [2021年10月05日(Tue)]




 こんにちは。松井二郎です。
 コロナのことはもう書かない
と言った舌の根もかわかぬそばから
なんですが、
少しだけ。

 「ワクチン反対派のあいだで
科学的根拠の乏しいサプリを買ったり
販売されたりしていることが問題だ」
との報道があるようです。

何が何でもワクチンを全国民に打たせようとする
逆ネガティブキャンペーンですが、
「専門家」たちの言うことにも一理はあるのです。


 ワクチン反対派の多くは根拠を持っていません。
ただ薬はいやだ、
ワクチンはいやだ、
不自然なものはいやだ、

まるで嫌いな異性を「いやだからいやだ」と条件反射で
拒絶しているような人がほとんどだからです。
これでは科学的に反論されてもしかたありません。

(コロナワクチンも科学的根拠の乏しさでは負けていませんが。)


 専門家たちは
「コロナウイルスにサプリは効かない」
と主張します。

 なにをいいますか。
99%のサプリメントはニセモノなのだから
始めから何に対しても効きません。
当然コロナにも効きません。

 1%の本物を知っているのは
みなさんのような意識の高い方
だけです。


 わたしも良いサプリを1つ見つけているので
今の特集が終わったら
そのことについて少しだけ書くつもりです。

松井のクローン病が
じつはほぼ治っておりまして、
そのサプリのおかげだとさえ思っています。


 そろそろ
がん特集も終わるので
次回予告も兼ねてでしたー。

 では特集のつづき。

      ◇


 みそ汁にキャベツ。

おいしいですよね。
これも、がん予防にぜひ。

 発がん物質ベンゾピレンを無害化する力がキャベツにはあります。

ベンゾピレンって何? 
はい。タバコに含まれている発がん物質です。

「なーんだ。じゃ私には関係ない」
と思いきや、
ベンゾピレンは車の排ガスにも混じっています。
現代人は無関係でいられません。


 ベンゾピレンを無毒化する成分は
キャベツに含まれるインドール化合物です。

 これがベンゾピレンに結合し
発がん性をなくす化学変化を
起こすのです。

その手順は――

(ここから高校化学の分野なので★印のとこまで飛ばしていいよ)

OH(水酸基)を与えることでH2(水素)を奪う
というものです。
水酸基は、
発がん物質が入ってきたとき
体内の酵素がつくりだすのですが、
その酵素を活性化するのが
インドール化合物なのです。

――(ややこしい説明、ここまで)★


 べつにみそ汁の具である必要はないですね。
いままでの話の流れでつい。
何でもいいですよー。お肉のつけ合わせでも、
ロールキャベツでも。

ただ、和食が好きなかた、
甲田先生が好きなかたは、
なかなかキャベツの出番がないのでは。
ってことでみそ汁に入れておこう。


 と思ったら
このインドール化合物を含む野菜は
キャベツのほかにもありました。
ブロッコリー、
カリフラワー、
カブなど、アブラナ科の野菜に多い。
じゃ、これらもみそ汁に。
みそ汁しか知らんのか。


  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  キャベツ(の他、アブラナ科の野菜の多く)が
  排ガスの発がん物質ベンゾピレンを無害化する。


 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 甲田式健康法的に正しいみそ汁は、汁を極力少なくすること。
「煮野菜の味噌スープ漬け」にすることです。
味噌はいつもの量で、水をグッと減らし、汁というよりおかずの一品に♪





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




青ジソの香りのすごい秘密 [2021年10月12日(Tue)]




 こんにちは。松井二郎です。
 実家の父ちゃん、家庭菜園が趣味で、
庭先に小さな畑をつくってナスやらプチトマトやらをまめまめしく世話していて、
「その愛情の半分でも母ちゃんにかけてやったら」と思うのですが、それはどうでもいいのですが、
その菜園のすみに青ジソがしげっている。

 栽培しているというよりは雑草のように無造作に生え広がり、
ぱっと見ただけでも1株につき100枚以上の葉っぱをつけていて、それが数株あって、
その葉っぱすべてが青ジソ。

 夏の暑い夕方、「きょうはそうめんにでもすっか」と言うと父はおもむろに菜園に出ていき、手にいっぱいの青ジソをわしづかみにして戻ってくる。
ざくざく刻んで、皿に大盛りにのせ、わしづかみにしてそうめんのつゆに投げ込んで食す。
もはや薬味ではない。

 こんな子供時代を送ったもんですから、大人になってスーパーで青ジソ数枚が発泡トレイに並べられ値段をつけて売られているのを見たときは衝撃でした。


 青ジソ特有のあの爽やかな香りは、ペリラアルデヒドという成分です。
このペリラアルデヒドにがんを防ぐ効果があります。

 あらかじめがんにさせておいたネズミに(こういう動物実験は好きではないけど)、青ジソからとった液を7日間注射したところ、
何もしなかったネズミと比べてがん細胞の増殖を2分の1におさえることができたといいます。

 これについて甲田先生のコメント。
「青ジソにはこのほかにすぐれた防腐作用があり、わずか20gで180リットル (1升瓶100本分)のしょうゆを
防腐できる能力があるといわれるほどです。
この青ジソの制がん効果はペリラアルデヒドのほかにビタミンAやCなどが相乗的に作用した結果、現れるのであろうと考えられます」
(甲田光雄『ガンになる人ならない人』
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4393713605/jironosyosai-22/


 父ちゃん、こんなすごいものを雑草のように植えていたのか。
あれを思い出すと、スーパーで買う気になれないんですけど。
じゃ育てろ? 育てる気は、もっとないんですけど。
じゃあ買え? はい。


  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  青ジソにはすぐれた防腐効果、制がん効果がある。


 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 青ジソは「雑草のよう」というより「雑草」。しろうとが気軽に、家庭菜園♪ と手をだすと収拾がつかなくなるのでご注意ください。父ちゃん、どうやってたんだ。




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




ニンニクでパワーアップ、だけじゃなく [2021年10月17日(Sun)]




 こんにちは。松井二郎です。
 いま「少年ジャンプ」といえば『ワンピース』ですが、
いやヒロアカでしょ、
なにいってんのハンターハンターにきまってんじゃん
という議論はしませんが、
そもそもおじさん、もうそのへんわかりませんが、

わたしが子供のころは、なんといっても『キン肉マン』! 
でした。
このマンガを読みたいがために少年ジャンプを買いだしたのです。

 そしたら、 北斗の拳も面白い、まもなく始まったドラゴンボールも面白い、ジョジョも始まったぞッ! 
とキン肉マンが終わったのに10年ジャンプを買い続けちゃった。
いま振り返るにあの黄金期のジャンプとともに少年時代を過ごすことができたことは生涯の財産といえよう。

 その黄金期の黎明(れいめい)をひらいたキン肉マンは、
ドジでマヌケで、いつも教育係の少年に叱られていて、好物が牛丼とニンニク、嫌いなものが牛乳という、
当時としては画期的に親しみがわくヒーローだった。
牛丼かニンニクを食べるとパワーアップするが、牛乳を飲むとパワーダウンしてしまう。
 牛丼で力はつかないはずだが、
「ニンニクは体によい」
「牛乳は体によくない」
と暗示していたことはこのマンガの隠れた功績といえよう。


 滋養強壮にはニンニク、とはいまさら言うまでもないですが、
このニンニク、胃がんを防ぐ効果もあるらしい。

 "毎日新鮮なニンニクを平均約20グラム食べている" というA市の人たちと、
"ニンニクをめったに食べない" B市の人たちを、
山東医学研究所の王梅嶺博士が比べたところ、
B市は胃がんの死亡率がA市より11倍も高かったのです。
 A市とB市の食生活はほかに変わったところはないため、
「ニンニクの摂取量は胃がんの死亡率に関係する」
と結論。

 理由は、ニンニクの殺菌力にあるようだ。
 胃に細菌が繁殖していると、食品中の硝酸塩が亜硝酸塩に変わる。
これが焼き魚などに含まれるアミン類と結合すると発がん物質ニトロソアミンになるのは既述のとおり。
 ところがニンニクを食べていると、強い殺菌力で胃のなかの細菌の繁殖がおさえられる。
原因をもとから断てるというわけだ。

 キン肉マンはいつも「ニンニクくさい」と人から苦情を言われていたが、
たとえ市民から嫌われようとも健康を維持して市民を守ろうとしていたのだ(ほんとか)。
 甲田式健康法では20グラムは食べすぎなので、
せいぜい1かけらがよいでしょう。


 余談ですが、
キン肉マンは牛丼を宣伝したので吉野家となか卯が大いによころび、
特になか卯は 「キン肉マン祭り」と称してコラボキャンペーンまでやりました。
いっぽう、キン肉マンはニンニクも宣伝しましたが、
その功績をJAがたたえたという話は寡聞(かぶん)にして聞きません。

コロナしかり、世論をきめるのは情報の真偽ではなく宣伝の多寡(たか)。


  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ニンニクは胃のなかを殺菌するため胃がん防止に役立つ。


 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 コンビニもない田舎町で、駄菓子屋でジャンプ買ってました。
家には蔵書の1冊もなく、ジャンプが読書。
これで都会の子たちと同じ文化レベルを体験できたことはほんとうに財産です。
ありがとう、ゆでたまご先生(←キン肉マンの作者)。

 なお家にはCDの1枚もなかったので音楽はファミコン、
とくにドラゴンクエストの音楽で育ちました。
先日他界されたすぎやまこういち先生、ほんとうにありがとうございました……。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




冬を楽しんでいるとがん対策になる [2021年10月23日(Sat)]




 こんにちは。松井二郎です。
 太りました。
骨かわスジえもん状態はおかげさまで脱しまして、46キロになりました。
いやそれ、太ってないですから。ぺらっぺらですから。脂肪なさすぎて死亡しそうですから。
なので基本、寒いのは苦手です。

 でも寒くなると、楽しみもあります。
おでんがおいしい。なべがおいしい。
すると、大根がおいしい。ああ、冬は大根を食べるための季節ですなあ。
ごぼうも、ニンジンもいいなあ。
冬は根菜がうまい。

 というわけできょうは、大根とごぼうとニンジンががん予防にいい♪ というお話です。
 これらに共通して含まれるリグニンがいい。加えてニンジンにはβカロチンもあるので特にいい。

 まずリグニン。がん細胞のDNAを切断する効果があります。
 免疫力を上げる効果もあるので、がんだけでなく万病の対策になります。
風邪にもいいし、インフルエンザにもいいし、いま流行っているコロなんとかいうただの風邪にもいいです。
ワクチンは効きませんが、ふつうになべやおでんに根菜を入れて楽しんでいると効きます。

 ニンジンは、がん対策にとりわけ有効です。
「ニンジンを多く食べたら肺がんの発生率が低下した」
という論文が医学雑誌『ランセット』に掲載されました。
それによると――
1954人を対象に、ふだん食べているものを調べてβカロチンの摂取量を推定し、
摂取量 [最低] の488人、[最高] の488人を選び出した。
19年後、
[最低] の488人はそのうち14人が肺がんになっていたが、
[最高] の488人で肺がんになったのは2人だけだった――。

ややこしいですが、とにかくニンジンのβカロチンはがんを防ぐことが証明されました。


 19年も調査した、というのがポイントです。
データが信憑性をもつには
これくらいの期間が必要です。
「コロナワクチンを接種した人と接種していない人とでは
発症率に明確な差が出ている」
と医学者が論文まで引いて本を書いていますが、
たった半年のデータを引いて結論するべきではありません。

そんな論文を書くほうも書くほう、
引くほうも引くほう、
なにか急ぎたい理由がなければ、
まともに学問をしている人がそんな無茶をしません。

10年後にもういちどデータを引っぱってくるとわかります。
接種した人と接種していない人との
10年間をとおした発症率は同じになっているはずです。
インフルエンザワクチンではそうなっています。

今回のコロナウイルスも
インフルエンザなみに変異しているので
当たらずとも遠からずの結果が出るでしょう。
そうなるとワクチンで得るものは副作用だけです。

もちろん、
これこそまだ推論の域を出ないので、
判断は各自でなさってください。

 話がそれました。
てか、なんでまたコロナの話をしてるんだ。


 はい、というわけで大根、ごぼう、ニンジン、
ようするに根菜を食べましょう。
 てゆーか、ここ数回の内容をまとめると、

「とにかく野菜を食べましょう」。

いやそれ、知ってますから。


  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  がんを予防するβカロチン、リグニンは根菜類に多い。


 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 とにかく目新しい情報、目新しい情報に人の目は奪われます。「野菜を食べてればいい」という知っているはずのことが、見えなくなる。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




大豆を半モヤシで食べるとは [2021年10月29日(Fri)]




 こんにちは。ネットで「めぞん一刻」の
無料アニメをみて
キュンキュンしている松井です。
か、管理人さーん。

 みていたら、
とうふ屋が夕暮れどきに自転車で、
あの独特の笛をふいて、
せつない五代くんの気持ちを際だたせていました。

といっても若い子には
めぞん一刻も
とうふ屋の笛の音(ね)もわからないですね。
そんな時代があったのです。

とうふ屋さん、すっかりみなくなったなあ。


 この特集も終盤。
がんに効く食品は何か? 
紹介するものは残りわずかになってきました。

 きょうは【大豆】です。

 うんうん。だよねー。
1日2食健康法は、なんといっても、
タンパク質は大豆で♪ 
とうふ最高♪ 
みそ汁にも制がん効果があったし、
そりゃー大豆はがんに効きますよね。


 大豆には【プロテアーゼ・インヒビター】、
すなわち
タンパク質分解酵素阻害因子なるものがあり
(舌かみそう)、
この成分ががんを抑えるとのこと。
ふんふん。

 しかしこのプロテアーゼ・インヒビター、
加熱するとなくなってしまうとのこと。
ふんふん。


 ……え?

 大豆って、加熱しないと食べられないですよね。
どーするの。


 甲田先生によると、
短時間の加熱ならこの成分は少し残るので、
煎り大豆で食べる
(煎る時間は短くする)
か、
いちばんいいのは
大豆のモヤシにするんですって。


 「大豆のモヤシは他の豆より少し手間がかかりますが、
これを簡単にするには半モヤシ状態で食べたらよいのです。
すなわち一晩水につけて、一両日中水をすすぎ、
芽が少し出たものを食べるのです。
こうすれば、料理に要する時間は短縮され、
プロテアーゼ・インヒビターはずっと多く温存されるでしょう」

(甲田光雄『ガンになる人ならない人』)


 ほうほう。なるほど♪
 ……めんどいな。(オイ)

 い、いやその、管理人さん、アハハ、
男って、
あんまりこういうのしないんですよ。
すりゃーいいのはわかるんですけど。
ア、アハハ。

 そうですね、五代さんは、継続しやすい
方法でないと続かないですものね。
続かないと、意味ないですものね。

 そうなんです。アハハ。
か、管理人さん! 
おれのために味噌汁をつくっ……。

      ◇

 というわけで、
お手軽カンタンおとうふでは、
だめなのであろうか? 
加熱しても残る大豆の成分に
制がん効果はないのか? 

よし、調べよう。
あきらめてはいけない。
五代くんだって、あきらめず、
管理人さんと結婚したではないか。


 つづく。




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 めぞん一刻のアニメをリアルタイムで見ていたのは
小学生のときで、
主題歌の「ブラウスの胸がまぶしすぎるきみが」の
ブラウスもわからなくて、
胸がなぜまぶしいのかも意味不明で、
まして作品は理解できなかったけど、
いま見たら心理描写がすごい。
こりゃ小学生にわからなかったわけだ。
昭和はよかった。
さ、おとうふ食べよ。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから