CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
二人の著名人の対照的な運命 [2020年11月02日(Mon)]




 こんにちは! 松井二郎です。
 じろー探偵でかなりふざけたので、
しばらく通常モードでお送りします。

 あのシリーズは、
じつは生活習慣病
シリーズだったんです。
そのインチキをあばくお話でした。

 このメルマガの読者さんは
1日2食健康法を知ってらっしゃるので、
糖尿や高血圧は関係ない、
あるいは
これから関係なくなる方ばかりでしょう。

 ではほとんどの人に関係あるものは?

 日本人のじつに2人に1人がかかる、
アレがありますね。

アレについて、いちどちゃんと知っておくと、
これからの人生がずいぶん安心になるのでは
ないでしょうか。

 アレで思い出すのは――


      ◇


 過ぎた平成の世を代表する歌舞伎役者がいました。

 その舞台は見たことがなくても、
その明るい笑顔と気さくな人柄を
テレビを通して拝見し、
このひと好きだなと思っていたのは
わたしだけではないでしょう。

 役者の名は中村勘三郎

 ご承知のとおり彼は〈がん〉を公表して
「いってきます」
と笑ってテレビから消えたあと、
アッというまに他界してしまいました。
そのとき日本じゅうを覆った衝撃を
いまでも鮮明におぼえています。


 その同じ年に、
やはり〈がん〉にかかりながら、
対照的な予後を送った著名人がいました。

ふだんテレビの表舞台には出てこないけれども
だれでもそのひとの言葉を
きいたことがある人物。

 作詞家、なかにし礼

 彼も死を覚悟したことを後日談として
語っていますが、
いまも健在です。
それどころか
生還してテレビに出演した姿は
これががん患者だったのかと目を疑うほど
お元気でした。


 中村勘三郎さんとなかにし礼さん、

まるで対照的なお二人の運命をわけたものは
何だったのでしょうか。


  次回からの新シリーズに
  つづく




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ジョシュー「じろー!」


 じろー「げっ、ジョシューくん、国に帰ったんじゃなかったの」


 ジョシュー「いまはズーンで話せるんだ」


 じろー「ズームですね」


 ジョシュー「じゃあなー!」


 じろー「なにしにっ」




 こんなやりとりは、電子書籍でどうぞ。


kirareta.png  - PR -




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




なかにし礼はなぜ助かった〈前編〉 [2020年11月06日(Fri)]




 「そうなると、あとは余命の問題になりますね」
 「余命って……半年くらいですか」

 なかにし礼さんは医師とこんな話を
していました。
ここからどうやって生還したのか。

 こんにちは。松井二郎です。

 このやりとりが放送されたのは
人気番組「金曜日のスマたちへ」(2013年3月1日)。
 放送された、なかにしさんの体験談を
要約すると――


      ◇


 なかにしさんは、
〈食道がん〉、それも第2ステージ
といわれる、
かなり進行した状態であることを
宣告されます。

手術をすすめられるものの、
なかにしさんは心臓に障害を持っていて、
とても食道がんの過酷な手術に
耐えられるとは思えない。

しかし、全国どこの病院を回っても、
医者の言うことは同じ。

 もし手術をしなければどうなるのかと
たずねたところ、

「そうなると、あとは余命の問題になりますね」
「余命って……半年くらいですか」
「うーん……」

 黙りこむ医者をみて、
長くて8ヵ月かな、
と思ったそうです。

 そこで、なかにしさんは、
これは自分の頭で考えないといけない、
とネットや本を
徹底的に調べ始めます。

 そして見つけたのが
"陽子線(ようしせん)治療"
でした
(粒子線治療ともいう)。

 水素の原子核である "陽子" を
光の速さに近い速度まで加速して
患部にぶつけるというもので、
放射線治療の進化バージョンみたいなものです。

 ただし、
陽子を加速するためには
サッカーコートの約半分という
巨大な設備が必要で
その建設費が80億円、

まだ技術者も少なく、
これを実施している病院は
全国に7つだけという、
いまのところ実験段階といえる方法です。
治療費も300万円と高額。

番組ではふれていませんでしたが、
威力がすごいぶん、
照射位置がズレてしまったときの副作用も
従来の放射線治療より深刻なものになります。

 しかし、なかにしさんはこれで生還しました。
番組でしゃべるなかにしさんは、
ピンピンしていて、
どうみても健康な人でした。


       ◇


 なぜ、なかにしさんは、医者にまかせず、
自分で調べたのでしょう?

幼少時代、ある体験をしたからだといいます。

 つづく。




 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 医者が「余命」と言ったら疑う。




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




なかにし礼はなぜ助かった〈後編〉 [2020年11月10日(Tue)]




 なかにし礼さんは
食道がんになり、
医師から手術を
すすめられるのですが、
まずそれを疑った。

 なかにしさんは自分で調べ、
"陽子線治療"
という方法があるのを発見。
これを受けたところ
食道がんは消えたのです。
その体験をテレビで語る
なかにしさんは
どうみても健康な人でした。


 こんにちは。松井二郎です。

 なぜ
なかにしさんは、医者にまかせず、
自分で調べたのでしょう?

 幼少時代、こんな体験をしたからだといいます。


       ◇


 旧・満州で生まれた
なかにしさんは、
終戦間際の1945年、
ソ連の攻撃から逃れるため
母と列車で
満州の牡丹江(ぼたんこう)から
ハルビンに向かっていました。

 そのとき突然、ソ連軍の空襲に遭遇。
乗客はみんな外へ逃げ出し、森へ走る。

 しかし母は
「おまえは小さいから、
イスの下に隠れていなさい。
そうすれば大丈夫だから」

 幼い息子が森まで逃げるのは困難と考え
息子を列車に残し、
母だけが外へ出たのでした。


 空襲が終わって母が戻ると、
列車はめちゃめちゃになり、
なかにしさんは生きていましたが
まわりの乗客はほとんど
死んでいました。

 「許しておくれ。わたしがまちがっていたわ。
これからは、おまえは
お母さんの言うことでも信じてはいけない。
自分で、逃げるのよ。自分で、生きるのよ」


 このとき、なかにしさんは
「母のいいわけめいた
この言葉を聞いた瞬間、
『そうか』
と思って、私は突如目覚めた」
といいます。
「このとき以来、
私は物事をすべて自分で考え、
自分で決断してきた」。


 それが、いまのぼくは、
ただ医者の話を聞いて
ぼんやり呆然としている
だけではないか。
ぼく自身、頭を何も使っていない。
これはいけない。
少しはおまえも頭を使え。
自分の体なんだから、自分で考えろ。
もっと全知全能を傾けて戦うんだ!


 なかにしさんは自分で徹底的に調べはじめ、
そしてたどりついたのが陽子線治療だった
のです。


       ◇


 食道がんといえば、
思い出さずにおれないのが、
同じとき同じ食道がんを発表し
突然世を去った、
中村勘三郎さんです。

お二人の結末は、あまりにも対照的です。


 勘三郎さんは、いい人でした。
きっと医者を心から信じ、
心から任せたのでしょう。

のちの追悼番組で
入院直前の勘三郎さんの映像が
紹介されましたが、
気のおけない仲間とゴルフをしたあと
ニコニコ笑って
「お医者さんにお任せ」みたいな
言葉を仲間に言っていました。

その結果は残酷でした。


 対して、なかにしさんは、すね者だ(失礼)。
批判精神は医者の言葉にも向けられた。
信じなかった。
信じない、のでもなかった。考えた。


 そして運命が分かれたのでした。

 (つづく)





 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 信じない。疑わない。確かめる。




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




信じることは善? 悪? 運命の分かれ道 [2020年11月14日(Sat)]




 医者を信じて手術をし、アッというまに
亡くなってしまった中村勘三郎さん。
対して、
自分を信じ、治療法を選び、がんが消えた
なかにし礼さん。

 「信じる」ことは、
いいことなの?
悪いことなの?

 信じる、という言葉は純粋できれいな響きですが、
ろくでもない男性を信じてついていった女性は
苦しまなければならないし、
「あなたのパスワードが漏洩しました。
こちらからお手続きを」
「給付金を振り込みますのでこちらに暗証番号を」
というメールを信じると犯罪に巻き込まれます。

 信じることそれ自体は、善でも、悪でもなく、
よく確かめ、
信じるべきものを信じたときに良い結果が得られます。


      ◇


 私はクローン病です。

 日本にいる10万人のクローン病患者が、
強い薬でおさえるしかないと信じ、
いつか薬がきかなくなることへの恐怖におびえ、
はたして薬がきかなくなり、
薬でおさえた反動の激烈な症状でさらに苦しんでいます。
発症から10年以内に70%の患者が
腸の一部または全部を摘出する手術をしています。

 いっぽう私は、
病気をおさえる薬を断りつづけ、
「このままだと腸を摘出することになりますよ」
と説得されても断りつづけ、
発症から20年ちかくたちますが
いまだに腸をすべて温存できており、
それどころか発症当時は
猛烈な腹痛と1日30回の下痢だったのが、
いま腹痛はなく、トイレは5、6回です。

 常識をうのみにしない医師を信じた結果です。


      ◇


 がんだって、そう。

 がんになると、世間では
〈手術〉〈抗がん剤〉〈放射線治療〉を
当たりまえのようにしています。
いわゆる〈3大療法〉といわれるもので、
がんの治療といったらこの3つをするのが
ふつうです。
3大療法でがんに向かうのは、正しいケースも
ありますが、
正しくないケースもあります。

 医者でさえ判断がつかずにやっている。
私たちシロウトが、わかるわけない。
ということで
せめて自分よりは知っているであろう
医者に任せる。

 それでよいのか。
それは、「信じるべきものを信じる」ことに、
なるのでしょうか?

 信ずべきものに出会えるかどうかは、
難しいことです。
はっきり言って、運まかせな面もあります。
身もフタもないですが……。

 そんな中、私たちは、まず、
甲田光雄先生に出会うことができました。
そしてさらに、
松本仁幸先生に出会うことができました。
私は、これは宝クジの当たりを2度続けて
引いたようなものだと思っています。

 私は甲田理論、松本理論を信じます。
 これは、私の態度です。
みなさんにまで強制しようとは思いません。
ただ、共有すれば
みなさんにとっては、知識が増えます。
知識が増えれば増えるほど、信ずべきものに
たどりつける確率が高まるでしょう。

 松本先生いわく、
がんは「病気ではない」ので、
対処するにしても
完治をめざす方法とは異なってきますが、
正しい対処のしかたを信じれば、
勘三郎さんのような悲しい結末は逃れることが
できる。
そして、がんになる確率は、
単純計算では日本人なら2分の1。
「正しい対処のしかた」は、
ぜひ今のうちに知っておくべき。

 その松本先生から、読みなさい、と
言われたのが
近藤誠医師と中村仁一医師の本です。
両者ともたくさんの著作がありますが
今回選んだのはこの2冊。


『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(中村仁一著)
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4344982487/jironosyosai-22/

『がん治療総決算』(近藤誠著)
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167620073/jironosyosai-22/


 この2冊を、これから
いっしょに読んでいきましょう!

 まずは、こちら。
『大往生したけりゃ医療とかかわるな』。
すごいタイトルですね。
内容もすごいですよ。
きょうはここだけ引用しておきます。


      ◇


 「がんでさえも、何の手出しもしなければ全く痛まず、
穏やかに死んでいきます。
以前から『死ぬのはがんに限る』と思っていましたが、
年寄りのがんの自然死、60〜70例を経験した今は、
確信に変わりました」


      ◇


 本の表紙のオビには
「死ぬのは『がん』に限る。ただし、治療はせずに」
とまで書いてあります。

 さあ、どんな意味?


 (つづく)





 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 私は、信じていただくに足る人間になるよう、努めていますが、ないものねだりですから、
みなさん、信じなくていいので、ご自身の判断の一助としてお役に立ててもらえるとうれしいです。




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




がんという名の寿命 [2020年11月18日(Wed)]




 こんにちは! 松井です。
ではきょうから、
がん特集、
本格的に始めます。

 がんを考えるにあたって
最初の議題はこれ。
まず、そもそも

「がんになったら治そうと躍起になるべきかどうか?」


       ◇


 私たちはテレビのドラマやドキュメンタリーを
見ているので、
がんになったら
それはそれは
激しい苦しい闘病生活をしなければならない
と思い込まされています。

しかし、
あれは
本当に正しい「がんとの向き合いかた」なのでしょうか?


 がんになったら、治すべきか、否か。
病気であれば、
治す方向でいくに決まっているのですが、
なにぶん、がんは、
松本仁幸先生がおっしゃるに、
病気ではない。
そのひとの寿命が、がんというかたちで来たのです。
老衰です。

 だったら、医者に
「治してくれ!」
と言うのはおかしなことになります。

"私を死なない人間にしてくれ!"

と頼んでいるのと同じだから。


 がんは、寿命である。
まずこのことを知っておく必要があります。


       ◇


 とはいっても、です。

20代や30代でがんになったら、
とても
「寿命がきたか」
とは思えません。

若いときのがんはどうなのでしょう?


 これも、もしかしたら、寿命なのかもしれない。

ムチャな生き方をして
一瞬で人生を駆け抜けてしまったか、
悲しみや絶望が強すぎて
ストレスで免疫力が老いていたか、
あるいは
食べ物や美容品の化学物質および電磁波で
短命になってしまったか、
どれなのかは、わかりませんが。


 でも、
もしかしたら、寿命ではない、かもしれない。

治療をすると治るがんがあるからです。


 なので、
自覚としてまだ若く、
がんという寿命を
迎える年齢ではないな、
そして誤診でもなく、どうやら本物の
がんのようだ、
となったら、

私だったら治す方向でいきます。
なかにし礼さんのように、全知全能を傾けて
治療するでしょう
(トシとってたらもう放置だが)。


       ◇


 しかし、そういった若いときの
病気としてのがんは、
例外的ながん。

「日本人の2人に1人がかかる」といわれている
がんは、
70代や80代で発症する、
寿命としてのがんなのです。


 こちらは、寿命なので、
戦おうとすればするほど
苦しまなければいけない。

寿命がきたのに、
医者に
「生かしてくれ」
と言うわけですから、
医者はムリなことをせざるをえません。
薬漬け、
放射線漬けにして、
生きるしかばねにするしかないのです。


 そんなことは、私だったら、したくない。
やればムリせず寿命をのばせるとわかっている
ことだけをやります。
あと、痛みが出たら痛みをなくす治療だけを。

痛みをなくす治療は、免疫力を下げますが、
もう、死にゆくことがわかっていたら、それは
問題にしなくていいでしょう。


       ◇


 前回からご紹介している
『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(中村仁一著)
という本は、

この
「70代や80代で発症する、寿命としてのがん」
を考えるための本。

これを、みなさんといっしょに、読んでいきたい
のです。


 (つづく)




 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 がんは寿命なら、発症するという言葉もおかしいことになる。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




死ぬのはがんに限る!? [2020年11月22日(Sun)]




 こんにちは。松井です。

若いときに発症する病気としての
がんは、
例外的ながんであって、
まず、ならない人がほとんど。

私たち全員が考えておかねばならない、
「日本人の2人に1人がかかる」といわれている
がんは、
70代や80代であらわれる、
寿命としてのがんです。


 このまえからご紹介している
『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(中村仁一著)
という本は、

この、
「70代や80代で発症する、寿命としてのがん」
を考えるための本です。


 中村仁一さんは、お医者さん。
それも、老人ホーム専属の、
こういったら語弊(ごへい)があるかもしれませんが、
死にゆくひとを看取(みと)ることが重要な任務
である医師です。

その中村医師が、
がんで亡くなっていく数十人のかたを看取って
たどりついた結論が、
この本の表紙のオビに書いてある

「死ぬのは『がん』に限る。ただし、治療はせずに」

というものであったのです。


 この本、まずは目次をパラパラッと
みてみよう。

すごいですよ。
この目次だけでそうとう学べます。


       ◇


  第1章
  医療が "穏やかな死" を邪魔している

  ・「あなたは確実にこうなる」と断言する医者は
   とんでもないハッタリ屋
  ・本人に治せないものを、他人である医者に治せる
   はずがない
  ・介護の“拷問”を受けないと、死なせてもらえない

  第2章
  「できるだけの手を尽くす」は「できる限り苦しめる」

  ・極限状態では痛みを感じない
  ・長期の人工栄養は悲惨な姿に変身させる
  ・鼻チューブ栄養の違和感は半端じゃない
  ・食べないから死ぬのではない、「死に時」が来た
   から食べないのだ

  第3章
  がんは完全放置すれば痛まない

  ・死ぬのはがんに限る
  ・「早期発見の不幸」「手遅れの幸せ」
  ・「がん」で死ぬんじゃないよ、「がんの治療」で
   死ぬんだよ
  ・手遅れのがんでも苦痛なしに死ねる
  ・最期を医者にすがるのは考えもの

  第4章
  自分の死について考えると、生き方が変わる

  ・「死」を考えることは生き方のチェック

  第5章
  「健康」には振り回されず、「死」には妙にあらがわず、
  医療は限定利用を心がける

  ・医者にとって年寄りは大事な「飯の種」
  ・検査の数値は微妙なことで変わる
  ・基準値はあてになるのか
  ・病気が判明しても、手立てがない場合もある


       ◇


 ぜんぶ載せるとメルマガの長さが
えらいことになるので抜粋しました。
このへんにしておきます。

きょうは、
このなかの
「死ぬのはがんに限る」
から、ちょっとだけ引用しましょう。


(以下は引用)


      ◇


 「私は、20年以上も前から『死ぬのはがんがいい』
『がんに限る』
とあちこちで口走ったり、本に書いたりしてきました。
(中略)

なぜ、死ぬのはがんがいいかについては、2つの理由が
あります。
一つは、周囲に死にゆく姿を見せるのが、生まれた人間
の最後の務めと考えているからです。
しかも、じわじわ弱るのが趣味ですから、がんは最適
なのです。
(中略)

2つ目は、
『救急車は呼ばない、乗らない、入院しない』を
モットーにしていますので、
比較的最後まで意識清明で意思表示可能ながんは、
願ってもないものだからです。

がん死は、
死刑囚である私たちに、
近未来の確実な執行日を約束してくれます。

そのため、きちんと身辺整理ができ、
お世話になった人たちにちゃんとお礼やお別れが
いえる、得がたい死に方だと思います。
(中略)

すべてのがんが強烈に痛むわけではありません。
(中略)
がんで痛みが出るのは、放射線を浴びせたり、
"猛毒" の抗がん剤で中途半端に痛めつけたりする
せいではないか。
(中略)
今はそれが、確信に変わっています」



(以上、中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな』
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4344982487/jironosyosai-22/
より引用)


       ◇


 では次回から本格的に読んでいきますよ。


 (つづく)




 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 引用文中の「死刑囚である私たち」とはパスカルの『パンセ』を踏まえてのものでしょう。

執行日を言われてから取り組むのでは遅いことを、きょうから取り組まないといけないな。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから