CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
事件は解決した! ではどうすればコレステロールに悩まない? [2020年09月01日(Tue)]




 やあ諸君、ごきげんよう。松井じろーだ。
わたしの探偵事務所へようこそ。

 近藤医師によると、
コレステロールが高いことにされて
薬をだされている人の10人中
9人以上は、
飲まなくてよい、
というより飲むと危険だという。

 コレステロールが300になってから
薬を検討すればいいそうだ。


 これすてローラ「あたしそれよりも
ぜんぜん低いよー。
わかったー。
じゃあもう帰るねー。ウフフっ♪」

 じろー「お待ちください!」

 ジョシュー「カネをおいてけ」

 じろー「それじゃなくって。
まだ言わなきゃいけないことが
あるんだってば。
コレステロールが
300にならなければ薬は必要ないと
わかりました。
そこで、
一生涯、そんな数値にならないためには
どうしたらいいか、
知りたくありませんか?」

 これすてローラ「んー、
どーしよっかなー、
ウフフっ♪
でもなんか
聞いたほうがいい流れー」

 ジョシュー「どうせ少食にしろって話だろ」

 じろー「はい みなさーん、
ここ食いつくところですよー。
いまそういう空気ですよねー。
って、このふたりに言ってもむりか」

 ジョシュー「話があるならさっさとしやがれ」

 これすてローラ「しやがれー。ウフフっ♪」

 じろー「とほほ。自分で作ったキャラに
ここまでいじられるとは。
さて
ジョシューくん、
このメルマガは何というタイトルでしたか?」

 ジョシュー「美人助手とまあまあ美人モデルの
探偵事務所」

 これすてローラ「たしかー。1日2食の
なんとかだよー♪」

 じろー「そうです! いろんな話をして
ますが、
すべてはこの正しい健康法を知っていただく
ためなのです。
というわけで
コレステロールに二度と悩まない方法を
甲田光雄先生から
聞かせてもらいましょう!」

(以下は引用)


        ◇


 高脂血症や脂肪肝は、本断食を行うこと
によって、いとも簡単に改善できますが、
本断食を行うまでもありません。
半日断食※ でじゅうぶんです。

(※引用者註:
  半日断食……腹8分の1日2食のこと)


 本断食を開始すると、そのとたんに
血液中の中性脂肪がへってきて、
3〜4日で血液中の中性脂肪の値は
正常になります。


 血中の中性脂肪が全部使われて底をつくと、
今度は肝臓の脂肪が使われます。
こういうしくみで変化していき、
1週間も断食を続けると、脂肪肝も一挙に
改善します。


 半日断食の場合、速効性では本断食に劣りますが、
きちんと実行すれば大半の人が1カ月程度で改善
してきます。


(甲田光雄『奇跡が起こる半日断食』)


        ◇


 これすてローラ「ふーん。
でも近藤っち、
コレステロールが低い人は
死亡率が高いって
言ってなかったあー?」

 じろー「それは1日2食も少食も
知らない人の話です。
それに薬を飲んで
コレステロールが下がりすぎている
可能性もあるし、
スタチン剤にそもそも発癌性があるんです。
甲田式1日2食健康法をしていて
なおかつ
薬も飲んでない人たちばかりで
いちど統計をとったらいい。
まったく別の結果になるだろう。
そんな人めったにないし
そんな統計とったところでカネにならんし
とりようがないけど」

 ジョシュー「1日3食っつー洗脳された
食べかたしてて
なおかつ薬でコレステロール下げろって
洗脳されてると死ぬんだろ」


 じろー「もうちょっと優しく言ったほうがいいけど
そういうことになりますね。
それと、
これは近藤医師も書いていたけど、
食事療法で下がったのなら
それは体が調整したしぜんな値だから、
低くていいのだ。

というより、低いわけではない。
高い低いっていうのは相対的な価値観で、
言葉じたいに意味はない。
バクバク食ってる人が高いのは当たりまえ、
少食にしてる人が低いのも当たりまえ、
どっちもその人の正常値なのだ。
ただ、異常に食べてる人が異常に高いのは
それはたしかに
病気というべき本当の高脂血症なので、
そーゆー人は下げなきゃいけない。
それも少食で下げなきゃいけないって話なのだ。

というわけで、
やれやれ、どうやらこの事件も
ぶじ解決したようだな」


 これすてローラ「わかったー。
ありがとー。じゃあ
お仕事あるからもう帰るねー。
いくら払えばよかったかしら? 
ウフフっ♪」

 ジョシュー「そうだな、
うちの基準値は、
どうする? じろー」

 じろー「そんな行き当たりばったりの
コレステロールの値みたいなことは
やめてください」




 おしまい☆



   ― 次回予告 ―

  *「アイヤーッ!
  わたし糖尿病いわれちゃったアルよー!
  わたしそんなに食べてないアル!
  食べてないアルー!
  ないアル、
  ないアル、
  あれ? 
  あるのかないのか
  わかんなくなったアルー!」

  ジョシュー
 「またおかしなやつが来ちまいそうだな」



 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ジョシュー「ジョシューの、もたよりコーナー!」

 じろー「おたよりですね。あと、じろーも入れてね」

 ジョシュー「わかった。ジョシューとローラの、
もたよりコーナー!」

 これすてローラ「いやん♪」

 じろー「もうええわっ」


      ◇


> じろーさん
> いつもメルマガ読ませていただいてます!
>
> 更年期の症状で、
> 高血圧とコレステロールの薬を処方されて
> 飲んでいました。
> 高血圧は次第に下がったのですが、
> コレステロール値が下がらず
> 医師からの処方で下げる薬を
> 飲み続けてたのですが、
>
> 手のひらの湿疹が日に日にひどくなり
> 副作用に間違いないと確信してから
> 怖くなり、
> じろーさんが言われるように、
> わたしは必要ないんだって思ってから
> 飲むのを止めました。
>
> すると、すぐに
> 手のひら湿疹が、みるみる良くなったんです!
> うれしかったです!
> 教えていただき^ ^
> ありがとうございます♪
> これからも
> メルマガ楽しみにしてます!
>
> ジョシューとローラちゃんのファンです^ ^
> あっ、じろーさんもね^ ^
>  Hikariより


      ◇


 ジョシュー「ほら、じろーはついでだぞ」

 これすてローラ「わたし入ってたー。いやん♪」

 じろー「ついででもファンだと言って
いただければ光栄です。
むだな薬をやめることができて、
ほんとうによかったですね。
その言葉がきければ、なによりの褒め言葉です」

 ジョシュー「またなー! 次のメルマガは
ちょっとだけあいだがあくぞ」

 これすてローラ「わたしはここまでだよー。
ばいばーい。LOVEー♪」




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




予備軍1000万人!? あの国民病にねつ造の疑い [2020年09月23日(Wed)]

 やあ諸君、ごきげんよう。松井じろーである。
わたしの探偵事務所へようこそ。


 ジョシュー「じろー! 探偵事務所サボって
なにしてた」

 じろー「やあジョシューくん久しぶり。
休むって言ったでしょ。サボってたわけ
じゃ」

 ジョシュー「おいじろー、外でヘンな
声がするぞ」


 *「あるアルか? このへんにあると
きいたアル。
あ! あったアル! ここアル! 
入るアルー」


 ジョシュー「だれかきたぞ。おい、
もまえ
さっきのセリフだけで6回アルって
言ったな。アル中か」

 じろー「失礼しましたお客さま! 
ささ、どうぞこちらへ。
ジョシューくん、
えーと
お茶、お茶をたのむよ」

 *「お茶はウーロン茶しか
飲まないアルー。
ウーロン茶あるアル?」

 ジョシュー「アルアル大事典か
もまえ。
ウーロン茶あるぞ。待っていやがれ」

 じろー「ようこそ松井じろー探偵事務所へ。
わたしが松井じろーです。
まずはお名前をうかがいましょうか」

 *「わたし、騰 如廟(とう にょびょう)
アルよー」

 じろー「とうにょびょう……。
またもや特集のテーマがバレる、
わかりやすいお名前ですな。
いえ、こっちのことです」





 じろー「それで、
とうにょびょう様、きょうは
どういったご用件で?」

 とうにょびょう「わたし仕事で今年から
日本にきたアルよ。
そしたら日本人、病院だいすきアル! 
むりやり健康診断させられたアルよ!」

 じろー「ああ、またそのパターンですか。
いえ、なんでもありません。
それで、なにか言われましたか」

 ジョシュー「もまえら、ウーロン茶だ」

 じろー「はやっ! ってジョシューくん、
サントリー烏龍茶をペットボトルのまま
出さないようにしようか」

 とうにょびょう「いーアル いーアル、
これ好きアル、これでいーアル」

 ジョシュー「イーアルカンフーか もまえ」

 じろー「そんな100年前のゲームを
よく知ってますね。
あれは5人の敵をぜんぶ倒すと
ゲーム中は出せなかった
すごい跳び蹴りでドラを鳴らして終わるのだが
始めからやれよって思ったのは
わたしだけでしょうか。
それはどうでもよくて、
とうにょびょう様、健康診断で問題が
あったのですね?」

 とうにょびょう「そうよ問題よ! 
これ問題アルよ!
糖尿病の初期いわれたアル! 
血糖降下剤とかいうのたらふくもらったアルよ! 
わたしそんなメタボあるか? 
そりゃ、やせてはいないアル。
でもこんな体型、中国ではふつうヨー!」

 じろー「わかりました、とうにょびょう様。
この事件、きっと解決してみせましょう」

 ジョシュー「事件なのかこれ」


 つづく☆



◆この先から最終話までは
 電子書籍で読むことができます。



kirareta.png  - PR -