CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
白血球をいじめるな! 「薬」の暴挙 [2020年07月01日(Wed)]




 ここまで、白血球たちによる
熱い戦いのストーリーをお話ししました。
白血球が元気ならば、
わたしたちは病気になりません。
なっても治ります。

 「白血球が元気ならば」、ね。

 では、
白血球をいじめてしまうと
どうなるのでしょう?
ここからはそんなお話です。


   ★前回のキモ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  体内の異物を免疫は殺そうとするが、
  殺せない異物だとわかると、
  追い出そうとする。
  これがアトピー性皮膚炎や花粉症である
  (アレルギーという)。

  その後、
  追い出してもキリがないと分かると
  戦うのをやめる。
  するとアレルギーが治る。
  (免疫寛容という)。




  ◆シリーズ 〈病気〉とは?
   〜 ミクロの世界で何が起きているのか
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 白血球A「ボっ、ボっ、ボクらは白血球軍団♪」

 白血球B「きょうも松井ちゃんの体を
病気から守ってあげちゃうよ♪」

 白血球C「あ! なんか、いたー。
あれはウイルスだ。おれ見覚えあるもん」

 白血球D「よっしゃー! ただちに攻撃開始」

 白血球A「攻撃開始」
 白血球B「攻撃開始」
 白血球C「攻撃開始」


 ボカーン!
 ドカーン!


 ウイルス「ぎぃにゃあぁぁ」


 白血球A「やったぜ」
 白血球B「ふっ」
 白血球C「たわいもないやつ。オレたちが強いだけか」

 白血球D「ん? あっちにもなんかいるな」


 彼らが見つけたのは、〈化学物質〉です。




 白血球A「正体不明の異物を発見! 攻撃開始」

 白血球B「ラジャー」
 白血球C「ブラジャー」
 白血球D「炊飯ジャー」


 ボカーン!
 ドカーン!


 化学物質「……」


 白血球A「あ、あれ?」

 白血球B「なにこいつ。死なねぇな」

 白血球C「ちょっと待て。あれウイルスとちがうぞ。
最近よく体に入ってくる死なない異物だ」

 白血球D「じゃあ殺さないでそのまま外に放り出すか。
総員、迎撃態勢。IgE攻撃、開始!」

 白血球A「ラジャー」
 白血球B「ジンジャー」
 白血球C「アベンジャー」


 バシュ バシュ バシュー!
 かゆみ成分ドバドバー!




 おや? 
ここでいま、外の松井ちゃんに何か起きたようです。
 カメラを外に切り替えましょう。




 「お母さーん、かゆいよー。目がかゆいよー」

 「あらあら、じろくん、じゃあこれ、お薬よ」


 どうやら松井ちゃんの母親のようです。じろくんと呼ばれてたんですね。
 そして松井ちゃんは、いままさに花粉症になろうとしています。
 花粉症とは免疫が化学物質を外に出そうとして戦う正しい反応なのです。


 「じろくんは、いい子だから、ちゃんと飲めるよね」

 「うん、ぼく、いい子だから、ちゃんと飲める」


 あーッとぉ!
 じろくん、もとい松井ちゃん、白い粉を思いっきり
飲んでしまったァー! 
白い粉はだいたい危ないものと相場が決まっています。
 かゆみはおさまったようですが……
 カメラを体内に戻しましょう。




 白血球A「ハア、ハア。だめだ」

 白血球B「おれ、わかったー! 
こいつら増殖して松井ちゃんを乗っ取るつもりないんだ。
ほっとけば松井ちゃんがトイレで外に出して、
それで終わりだ」

 白血球C「じゃ、このへんで攻撃やめるか」

 白血球D「そうだな」


 ゴゴゴゴゴ……。


 白血球A「ん? なんだ?」

 白血球B「なにか押し寄せてくる。うわーッ! 
なんじゃこりゃあーッ!」

 白血球C「白い粉だ! なんかコイツも異物っぽいぞ」

 白血球D「そうか。じゃあ戦わねば」


 ドバドバドバー!


 白血球A「ぐえっ」

 白血球B「だいじょうぶか! お、おい、
死ぬなー! 
……
ここは誰? わたしはどこ?
あはは。なんだか楽しくなってきた。あはは
ウフフおほほ」

 白血球C「……ぐうぐう……ムニャ……はい、
もう食べられません……ムニャ」

 白血球D「なんだとォー!? 
まともなのはオレだけか。
オレだけでも戦わねば。抗体ミサぁーイルっ! 
あれ? 
出ねえ。ミサイルが出ねえ」


 なんと! 白血球Aは しんでしまった!

 白血球Bは こんらんした!

 白血球Cは ねむってしまった!

 白血球Dは とくぎを ふうじこまれた!




 なんということでしょう。
白血球たちは全滅してしまいました。
 おや? 
しかし、白血球たちが体内でドンパチ
できなくなったので、
松井ちゃんの花粉症は、一時、おさまったようです。


 薬はこういうことをやっているのです。

 つまり、薬の役目は、病気を治すことではなく、
【病気を治そうとしている白血球たち(免疫)を狂わせること】
なのです。
 どうなる? 白血球!
 どうなる? 松井ちゃん!

 つづく☆



   ★ポイント!
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  薬は白血球を狂わせることで症状を止める
  (治していない)。




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 両親は、医者を「お医者さま」と呼んでいました。そりゃ疑わずに薬を飲むよね。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




カメラはとらえた! アレルギーが難病に変わる決定的瞬間 [2020年07月04日(Sat)]




 こんにちは。松井二郎です。
 どうでもよいのですが、
きょうはメルマガ第666号です。
 それはどうでもよいのですが、
メルマガの内容は大切です。
 では、いってみよー ^^


   ★前回のキモ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  9割がたの薬は白血球を狂わせるもの。
  異物と白血球が戦っているのが病気なので、
  症状は止まる。
  だが!




  ◆シリーズ 〈病気〉とは?
   〜 ミクロの世界で何が起きているのか
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 松井の母親「じろくん、どーお? 
おめめ、かゆくなくなった?」

 松井ちゃん「うん! 
もうぜんぜんかゆくないよ! 
薬ってすごいね!」


 どうやら花粉症のつらい症状はピタリと
おさまったようです。
 ところが……
 数時間後。


 松井ちゃん「かゆい! かゆいー! 
お母さん、また、かゆくなったー」

 松井の母親「あらあら、もう効き目が
切れたの?」


 いま体内で何が起きているのでしょう。
 カメラを切り替えます。




 白血球B「う……アタマいた……。
あれ?
わたしは何をしていた? たしか、
ここは誰わたしはどこ
とか言ってたような気がするが」

 白血球C「ムニャ……うーん……
あ、みんな おはよぉー。
って、
あれ? なんで眠っちゃったんだっけ」

 白血球D「おお、気がついたかおまえら」

 白血球B「わりィわりィ。
なんだったんだろねー、さっきの。
たしか白い粉がドバドバって
降ってきて……
あ! 
そうだ白血球A! おーい!!」

 白血球A「……」


 へんじが ない。
 ただの しかばねの ようだ。


 白血球B「Aのやつは死んでしまったのか……」

 白血球C「ムニャ……うーん、なんかオレさー、
目が覚めたはいいけど、
いつもより目覚めが悪いんだよね。
なんかこう、体がギクシャクするっていうか」

 白血球D「おまえも体調わるいのか。
じつはな、オレの必殺のミサイルも
出なくなっちゃったんだよ」

 白血球B「まじで」

 白血球C「まだ出ない? もういっかい撃ってみたら」

 白血球D「そだね。ぬぬぬ……
抗体ミサぁーイルっ!」


 バシュー!


 白血球D「あっ、出た」


 ボカーン!


 白血球D「あれ?」

 白血球B「そのミサイルちがうって。
いま撃たなきゃいけないのは
異物を追い出すミサイルだろ。
IgE抗体。
いまオマエ撃ったのは異物を殺すやつだぞ。
えーと」

 白血球C「IgGね……」

 白血球D「ほんとだ。おっかしーなー。
IgE撃ったつもりなんだけどなー。
じゃあ、もういっかい。
必殺! 異物追い出しIgEミサぁーイル!」


 バシュー!
 ドカーン!


 白血球B「だからちがうって」

 白血球C「それIgGね……」

 白血球D「お、おかしい。
どうなっちまったんだ
オレの体……」

 白血球B「もういいやオマエ
休んでろ。
オレたちに任せな。
IgEミサぁーイルっ!」

 白血球C「IgEミサぁーイル」

 白血球D「ぐっすん…… 
なんでこんなことに」


 バシュ バシュー!
 かゆみ成分ドバドバー!




 ここでカメラを外に切り替えます。


 松井ちゃん「かゆい!! かゆいー!! 
お母さん、かぁーゆぅーいぃー」

 松井の母親「じろくん、はい、お薬よ」

 松井ちゃん「ゴックン」

 松井の母親「どーお?」

 松井ちゃん「あ♪ かゆくなくなってきた♪」

 松井の母親「よかったわね」




 では再びカメラを体内に戻しましょう。


 白血球B「ん……?」

 白血球C「どうした? あ! また何かくる。
あ、あれは」

 白血球D「白い粉だ! さっきの
白い粉だ! やばい」

 白血球C「うわー!」

 白血球D「ぐえー!」

 白血球B「ぎやー! ま……負けねぇ……
オレは負けねぇ……
この白い粉も追い出してやる。
異物追い出しィィィー 
IgEミサぁーイルっ!」


 バシュー!
 ドカーン!


 白血球C「オマエそれIgGだって。
異物を殺すやつ」

 白血球B「え……? なんで?」

 白血球D「オレにおきたのと同じ現象だ……」

 白血球C「もういいよ。
まともなのはオレだけだ。
まかせておけ。
異物追い出しIgEミサぁーイル」


 バシュー!
 ドカーン!


 白血球B「オマエもだめじゃん」

 白血球C「あれぇ? これ殺すミサイルだ。
いまは白い粉を出さなきゃいかんのに。
おかしいな。
IgEミサぁーイル! IgEミサぁーイル!」

 白血球B「よし、オレたちも。ミサぁーイル!」

 白血球D「ミサぁーイル!」


 バシュ バシュ バシュー!
 ボカーン!
 ドカーン!
 バコーン!


 白血球B「えーっ!?」

 白血球C「だめか!!」

 白血球D「なんで!? オレたち
もう異物を殺すIgGしか出ないの? 
これじゃ……松井ちゃんが……」




 カメラを外に切り替えます。


 松井ちゃん「お母さん……なんか最近……
おなか痛い。下痢ばっかする……」

 松井の母親「あらあら、どうしたのかしら。
じゃあまたお医者さまに
お薬を出してもらいましょうねえ」


 こうして松井ちゃんはクローン病になりました。




   ★ポイント!
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  かゆみを止める薬を飲むと
  異物を追い出すIgE抗体が出なくなる。
  しかし免疫は復活しようとする。

  そこでまた薬を飲み続けると
  IgE抗体は
  異物を殺すIgG抗体に変わってしまう
  (逆クラススイッチ)。

  これで難病の準備が整う。


 つづく




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 666号なので6月66日に出したかったんだけどそんな日はないので6月26日にしました。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから