CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大豆を半モヤシで食べるとは | Main | コスパ最強! がん予防の飲み物(1)»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
おとうふが最高すぎるこれだけの理由 [2021年11月04日(Thu)]




 こんにちは。松井二郎です。
 前回は、
大豆にはプロテアーゼ・インヒビター
なるものがあって、
これに制がん効果があるという話でした。
ただし「生の」大豆。
なので水に1〜2日つけて半モヤシにして、
ごく短い加熱調理で食べればよい
とのことでしたが……

わたしにはとても続けられるとは思えない。
そもそも料理が好きかというと、どっちかとゆーと、んー、
えへ。

 というわけで、
気がすすまないことを無理にやって
ストレスになったら、
かえって健康を損ねる。
言い訳ではなく、まじです。


 そこで、
「加熱した大豆」もがんに効く、
なーんて都合の良いデータはないかしら。
と探してみると……。

 ありました♪
 「豆腐などの大豆食品は胃がん・乳がん・前立腺がんを抑える」。
うんうん。だよねー。そうこなくっちゃ。
 大豆に含まれるイソフラボンがいいそうです。
前回のプロテアーゼ・インヒビターは
加熱しちゃダメでしたが、
これは加熱していい。よし!

 おや? でも……
「大豆食品で膵臓がんのリスクが高まる」
なんて記事もネットに出てる。
なんだこりゃ。

 んー、後者はネガティブキャンペーンのような気がするが、
ジャーナリストたるもの公平に調べないといけない。

 まず、ほんとかよとツッコミたくなる「大豆で膵臓がんになる」ってほうから見ていこう。なんだか怪しい。

いや、この先入観ダメ。怪しくないかもしれない。
いや、怪しい。怪しすぎる。無理。
とにかく見よう。

      ◇

 国立がん研究センターが
1995年と98年の時点でがんになっていなかった9万人(年齢45〜74歳)を、
大豆食品全般を最もたくさん食べている人から
最も少なく食べている人へと順番に並べ、
2013年に再調査したところ、
膵臓がんになっている人の率がこの順番で並んだ。

 いっぽう味噌や納豆など発酵した大豆食品では変わらなかった。
 よって、豆腐や豆乳といった発酵させていない大豆食品に関連がみられる。
以上。

 なあーんだ。やっぱりね。驚いてソンした。

 これ、
「食べる量が多く、かつ食べるものに無頓着なひとはがんになる」
という結果です。
よく見てくださいね。ほかの食事はどうか、特に、食事の「量」はどうか? を無視してます。

全員の食事量が同じで、そのなかで大豆ばかり食べている
というならこの結論でいいんですが、
このばあい大豆の摂取量が多い人は食事全般の摂取量が多いと見るのが妥当です。

 むしろ味噌や納豆にいたっては過食によるがんのリスクを打ち消している、
と、そういう結果ですよこれ。

 さらに、当のがんセンターの発表に
「欧米の研究では逆に膵臓がんを予防する効果が報告されているので、この結果はそれとは異なった」
とあります。


 大豆は、コメや小麦と同様に、
人類が長いあいだ食べてきた実績があります。
この先人の知恵がまちがっていると考えるよりも、
この短期間かつ偏ったデータから得る結論が
まちがっていると考えるべきでしょう。

 これはわたしの先入観でしょうか。いいんです。だって、肉より大豆のほうが好きなんだもーん。

 というわけで公平に見るのはムリなので(オイ)、
この勢いで
「大豆全般は胃がん・乳がん・前立腺がんを抑える」
ってほうを見ていこう。

      ◇

 厚生労働省が1990年から10年間、
2万人の女性を調べたところ、
大豆食品の摂取量が多いひとほど乳がん発生率が低かった。
とくに味噌汁を1日3杯以上飲む人は
0杯〜1杯の人より40%低かった。以上。

 ふむふむ。
これも食事全体の量は見てませんね。
しかし過食していてもこうだとするならばこっちはなおさら良いデータです。

 また世界的にも
大豆を食べる習慣のないイギリスでは乳がんでの死亡率が高く
大豆を食べる習慣のある日本や中国では低いなど、
大豆食が多い地域ほど乳がんで死んでいないことがWHOの調査でもわかっている。


 ほかに大豆食が多い人ほど胃がん死が少なく
前立腺がんの発生率も低いなど、
「大豆はがんに効く」
という調査結果のほうは山ほど出てきます。

      ◇

 はい、というわけでタンパク質はとうふでいいです。

なにがいいって、あければすぐ食べられます。
いま原稿が書き終わったので、
ちゃちゃっとあけておしょうゆたらしてパパッと食べてきます。
この便利さが何よりいい。肉ではこうはいかない。
手抜き最高。じゃなかった、とうふ最高。



  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  加熱した大豆でもイソフラボンに制がん効果がある。



 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 カラダにもサイフにも時短にも優しいとうふLove。
 あ、ふだん食べてる肉の半分を大豆に置きかえるだけで食糧問題なくなります。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから