CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ジャガイモ愛が爆発して止まらない件 | Main | 青ジソの香りのすごい秘密»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
排気ガス汚染によるがん対策に効く野菜 [2021年10月05日(Tue)]




 こんにちは。松井二郎です。
 コロナのことはもう書かない
と言った舌の根もかわかぬそばから
なんですが、
少しだけ。

 「ワクチン反対派のあいだで
科学的根拠の乏しいサプリを買ったり
販売されたりしていることが問題だ」
との報道があるようです。

何が何でもワクチンを全国民に打たせようとする
逆ネガティブキャンペーンですが、
「専門家」たちの言うことにも一理はあるのです。


 ワクチン反対派の多くは根拠を持っていません。
ただ薬はいやだ、
ワクチンはいやだ、
不自然なものはいやだ、

まるで嫌いな異性を「いやだからいやだ」と条件反射で
拒絶しているような人がほとんどだからです。
これでは科学的に反論されてもしかたありません。

(コロナワクチンも科学的根拠の乏しさでは負けていませんが。)


 専門家たちは
「コロナウイルスにサプリは効かない」
と主張します。

 なにをいいますか。
99%のサプリメントはニセモノなのだから
始めから何に対しても効きません。
当然コロナにも効きません。

 1%の本物を知っているのは
みなさんのような意識の高い方
だけです。


 わたしも良いサプリを1つ見つけているので
今の特集が終わったら
そのことについて少しだけ書くつもりです。

松井のクローン病が
じつはほぼ治っておりまして、
そのサプリのおかげだとさえ思っています。


 そろそろ
がん特集も終わるので
次回予告も兼ねてでしたー。

 では特集のつづき。

      ◇


 みそ汁にキャベツ。

おいしいですよね。
これも、がん予防にぜひ。

 発がん物質ベンゾピレンを無害化する力がキャベツにはあります。

ベンゾピレンって何? 
はい。タバコに含まれている発がん物質です。

「なーんだ。じゃ私には関係ない」
と思いきや、
ベンゾピレンは車の排ガスにも混じっています。
現代人は無関係でいられません。


 ベンゾピレンを無毒化する成分は
キャベツに含まれるインドール化合物です。

 これがベンゾピレンに結合し
発がん性をなくす化学変化を
起こすのです。

その手順は――

(ここから高校化学の分野なので★印のとこまで飛ばしていいよ)

OH(水酸基)を与えることでH2(水素)を奪う
というものです。
水酸基は、
発がん物質が入ってきたとき
体内の酵素がつくりだすのですが、
その酵素を活性化するのが
インドール化合物なのです。

――(ややこしい説明、ここまで)★


 べつにみそ汁の具である必要はないですね。
いままでの話の流れでつい。
何でもいいですよー。お肉のつけ合わせでも、
ロールキャベツでも。

ただ、和食が好きなかた、
甲田先生が好きなかたは、
なかなかキャベツの出番がないのでは。
ってことでみそ汁に入れておこう。


 と思ったら
このインドール化合物を含む野菜は
キャベツのほかにもありました。
ブロッコリー、
カリフラワー、
カブなど、アブラナ科の野菜に多い。
じゃ、これらもみそ汁に。
みそ汁しか知らんのか。


  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  キャベツ(の他、アブラナ科の野菜の多く)が
  排ガスの発がん物質ベンゾピレンを無害化する。


 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 甲田式健康法的に正しいみそ汁は、汁を極力少なくすること。
「煮野菜の味噌スープ漬け」にすることです。
味噌はいつもの量で、水をグッと減らし、汁というよりおかずの一品に♪





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから