CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«がんは成長速度が鈍る、のつづき | Main | まぼろしにつつまれて攻撃しても、ミス! ダメージをあたえられない!»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
がんは成長が鈍る、どころか、しないケースも [2021年02月21日(Sun)]




 こんにちは! 松井です。

 がんについて、
近藤誠医師の本を読んでいます。
ここまでは
「乳がんが肺に転移したとき」
の話でした。

では
そもそも
まだ転移していない乳がんならどうなのか?
これがまたいっそう
騒ぐのがバカらしい話になっております。

 引用の続きー。


       ◇

 「これまでは転移病巣が育つ速度を
見てきました。
転移ではなく、初発病巣の成長速度は
どうでしょうか。
(中略)

乳がんの初発病巣が育つところを観察できた
ケースを、
日本中の病院にアンケート調査した結果です。
232人の直径倍増時間を短いほうから
示します。

 ●〜0.75か月 1人
 ●〜1.5か月  8人
 ●〜3か月  26人
 ●〜6か月  39人
 ●〜1年   51人
 ●〜2年   41人
 ●〜4年   28人
 ●〜8年   14人
 ●〜16年   4人
 ●〜32年   2人
 ●無限大   18人

直径倍増時間が
3か月未満だったのは、
232人中35人でしかなく(15%)、
3〜6か月も
39人(17%)で、
両者を足しても半数にとどきません。

232人中18人(8%)では、
倍増時間が無限大。
つまり、
放っておいても
全然大きくならないものもあるわけです」


       ◇


 しかも2倍4倍8倍になったからといって
ただちに命がどうこうってわけじゃない。
ただちに手術だ
ただちに抗がん剤だと騒ぐのは……
どう思います?

 つぎも、女性にとっては重大なこちら。


      ◇


 「子宮頸がんでは、
米国にある有名ながんセンターから、
初期がんに関するデータが報告されています。
ゼロ期という
上皮内にとどまる病変を持つ67人を、
6か月〜7年以上観察した結果です。

 ●1期に進行        4人
 ●進行したかどうか判定困難 5人
 ●不変          41人
 ●消失          17人」


      ◇


 67人いて進行する人は
たったの4人! 
子宮頸がんって言われたら
ほとんどの人は
子宮とっちゃうよね……。

 さらに
早期胃がんの場合、

「直径が10倍になるのは最短でも
15年かかることになる」

とも書かれています。

 いよいよ、
がんが見つかったからといって
あわてふためくことは
それこそ寿命がちぢまりそうだ。

 では続き。


      ◇


 「まとめてみると、以下のようになるでしょう。

 ●転移がんはゆっくり成長する
 ●初期がんは成長する場合にも、ゆっくり成長する
 ●初期がんの中には、大きくならないもの、消えてしまうものもある

圧倒的多数の読者は、
こういうことを知らなかったはずです。
それどころか、
がんは放っておくと、あっという間に
増大して、
すぐに死んでしまう、
と思っていたことでしょう。

問題は、なぜ知らずにいたのか、です」

(近藤誠『がん治療総決算』
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167620073/jironosyosai-22/


      ◇


 さあ、
ここからが見どころですよ。
近藤医師があばく、
がん治療の現場の
恐るべき実態とは――

次回に続く。


  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  乳がんの直径倍増時間が6か月未満の人は
  半数に満たない。
  大きくならない人も8%いる。




pr0simg.jpg  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 その実態とは! ――まあこのメルマガの読者さんなら予想ついちゃうでしょうけど。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから