CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«お産とウ●コ | Main | 手遅れのがんでも痛まない!?»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
がん検診で得る5つの不利益 [2020年12月13日(Sun)]




 こんにちは! 松井です。
 特集を続けますよ。

 『大往生したけりゃ医療とかかわるな』
という本を読み進めているところですが、
きょう引用したいのはここ。

 「がん検診は必要か」?


       ◇


 「『がん検診』は、『早期発見』『早期治療』によって
救命するという利益はあります。
しかし、一方、不利益があるのもたしかです。
どんな不利益かといいますと、次のようなことが
考えられます。

(1)検診によって100%がんがみつかるわけでは
ないこと。
どんなに優れた検査でも精度が100%ということは
ない。病気になる個々人には差があり、
したがって、がんであるにもかかわらず、見逃しは
ある確率で存在すること

(2)過剰診断により、過剰な検査や治療を招くことが
ある。その結果、医療費の過剰な負担をもたらす可能性
があること

(3)心理的な影響。精密検査が必要ということで、
不安を感じる場合があること

(4)検査には偶発症がある。例えば、内視鏡検査には
出血や穴が開くなどの可能性があり、極めて稀には
死亡することもあること

(5)放射線被曝の問題がある。検診の被曝については、
機器の開発、改良により、その影響は最小限に抑えられる
ようになったというものの、
「がんの誘発や遺伝子的影響が全くない」とは断定できない
こと

などがあります。
(中略)

放っておいても問題のないタイプのがんを見つけて
しまうと、治療する無駄と副作用という不利益も
蒙ることになります」


(中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな』
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4344982487/jironosyosai-22/


       ◇


 がんを早期発見できてよかったね、
ではなくて、

「放っておいても問題のないタイプのがん」を
わざわざ検診で見つけだして治療すれば、
治ってあたりまえ、
それを、
治ってよかったね、と言っているとしたら、

自作自演、
ばかばかしいドラマに
つき合わされたことになります。

 (5) 番などは、
がん検診を受けなければがんに
ならなかったのに、
わざわざがん検診を受けにいって
浴びた放射線でがんになる人もいる、
ということ。


 私は、不利益のほうが多いと思う。
どこかに就職していて
ムリヤリ受けさせられる
というケースでもない限り、
一生、がん検診を受けないと決めています。

 てか、
自分で何ともないと感じているのなら、
そりゃ、何ともないのです。

これはクローン病とつき合っていて体で知らされたことです。


  ◆まとめ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  がん検診をしても、見逃しがある。
  かえって、放射線を浴びてがんになることが
  あったり、
  放っておけば消えていたがんまで見つけて
  治療されてしまったりする。


 (つづく)




pr0simg.jpg  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 しかもバカバカしいドラマにお金を払わせられるというバカバカしさ。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから