CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«予備軍1000万人!? あの国民病にねつ造の疑い | Main | なかにし礼はなぜ助かった〈前編〉»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
二人の著名人の対照的な運命 [2020年11月02日(Mon)]




 こんにちは! 松井二郎です。
 じろー探偵でかなりふざけたので、
しばらく通常モードでお送りします。

 あのシリーズは、
じつは生活習慣病
シリーズだったんです。
そのインチキをあばくお話でした。

 このメルマガの読者さんは
1日2食健康法を知ってらっしゃるので、
糖尿や高血圧は関係ない、
あるいは
これから関係なくなる方ばかりでしょう。

 ではほとんどの人に関係あるものは?

 日本人のじつに2人に1人がかかる、
アレがありますね。

アレについて、いちどちゃんと知っておくと、
これからの人生がずいぶん安心になるのでは
ないでしょうか。

 アレで思い出すのは――


      ◇


 過ぎた平成の世を代表する歌舞伎役者がいました。

 その舞台は見たことがなくても、
その明るい笑顔と気さくな人柄を
テレビを通して拝見し、
このひと好きだなと思っていたのは
わたしだけではないでしょう。

 役者の名は中村勘三郎

 ご承知のとおり彼は〈がん〉を公表して
「いってきます」
と笑ってテレビから消えたあと、
アッというまに他界してしまいました。
そのとき日本じゅうを覆った衝撃を
いまでも鮮明におぼえています。


 その同じ年に、
やはり〈がん〉にかかりながら、
対照的な予後を送った著名人がいました。

ふだんテレビの表舞台には出てこないけれども
だれでもそのひとの言葉を
きいたことがある人物。

 作詞家、なかにし礼

 彼も死を覚悟したことを後日談として
語っていますが、
いまも健在です。
それどころか
生還してテレビに出演した姿は
これががん患者だったのかと目を疑うほど
お元気でした。


 中村勘三郎さんとなかにし礼さん、

まるで対照的なお二人の運命をわけたものは
何だったのでしょうか。


  次回からの新シリーズに
  つづく




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ジョシュー「じろー!」


 じろー「げっ、ジョシューくん、国に帰ったんじゃなかったの」


 ジョシュー「いまはズーンで話せるんだ」


 じろー「ズームですね」


 ジョシュー「じゃあなー!」


 じろー「なにしにっ」




 こんなやりとりは、電子書籍でどうぞ。


kirareta.png  - PR -




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから