CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«コレステロールおまえもか! 基準値に根拠なし | Main | コレステロールの正しい基準値はこれだ!»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
コレステロールは低ければいいのではない [2020年08月24日(Mon)]




 やあ諸君、ごきげんよう。松井じろーだ。
わたしの探偵事務所へようこそ。


 これすてローラ「コレステロールの値って
根拠ないんだぁー♪」

 じろー「根拠ないんだけど
基準値を決めとけば
2200万人がひっかかるから
1850億円の売上が立つだろ、
って計算だけが
根拠といえば根拠です」

 ジョシュー「売上 伸ばしたくなったら
基準値いじればいーのな」

 じろー「するどいねジョシューくん。
だから何年かにいちど
基準値って変わるんです」

 ジョシュー「いい仕事だな。じろーも
やったら?」

 じろー「いたしません」

 これすてローラ「それでー、結局
どうしたらいいのー?」

 じろー「わたしたちはどう身を守れば
いいかってことだね? 
医者の商売からも、
そうではない
ほんとうに高すぎるコレステロールからも。
いよいよ話も佳境だが、
それについての近藤医師の意見はこうだ」


(以下は引用)


        ◇


 まず、コレステロールに対する見方を変えましょう。

 コレステロールは人体に不可欠の要素ですから、
高値だからとて
下げると危険なことがありうる、
死ぬこともある、と観念すべきです。


 この際、コレステロール値は低ければ低いほど
よいとの考えは、きっぱりお捨てください。


 それでもコレステロールがどうしても
気になる方は、
食事療法に励みましょう。
体重が減れば、血中コ値も下がります。

 それは体が必要に応じてコレステロールを
調節した結果ですから、
無理がなく、
冠疾患も確実に減るはずです。


 これに対してスタチン剤は、
冠疾患をある程度減らすことはできますが、
前述したような効率でしかありません。

 それゆえスタチン剤の使用は、
冠疾患発症率が
かなり高い場合にかぎる、
とするのが合理的です。



 (近藤誠『成人病の真実』
  https://amzn.to/31FASm0


        ◇


 ジョシュー「かなり高い場合って
具体的にどんくらいよ?
コレステロールの値がどんだけ以上よ?」

 じろー「それについては次回です」

 これすてローラ「あれぇー? 
きょうのメルマガ
みじかーい」

 ジョシュー「こいつはよく
こうやって手抜きすんだよ」

 じろー「そうじゃなくってえぇぇ。
メルマガの構成とかあぁぁ。
いちおう考えてるんだけどおぉぉ」

 これすてローラ「あはは
じろーっち
いじられてるー」

 じろー「じろーっちになってるしいぃぃ」




 つづく☆





 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ジョシュー「じろー、あたしはほんとは
わかっているぜ」

 じろー「ツンデレかっ!」





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから