CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«コレステロールの薬がダントツにバカ売れ! その額なんと…… | Main | コレステロールの薬は有効だが無用»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
コレステロールを下げるとヤバいのが上がる [2020年08月10日(Mon)]




 やあ諸君、ごきげんよう。松井じろーだ。
 わたしの探偵事務所へようこそ。

 高脂血症、
あるいは
高コレステロール血症で略して高コ血症、
まあどう言ってもいいんだが、
いま日本に
2200万人もいるらしい。
 どうもまた基準値があやしそうである。

 そして、出されている薬、スタチン剤が
また問題だ。
どう問題かというと……。
 きょうはすぐ近藤医師の話から。

(以下は引用)


        ◇


 2200万人のほとんどが
スタチン剤を処方されて
飲むようになる、
そんな将来がみえるようです。

 しかし結論を先にいえば、
スタチン剤は
ほとんどの場合無意味です。

そればかりか
高コ血症者の大部分は、
スタチン剤を服用すると
死亡率が逆に高くなる可能性があり、

最近、それを裏づける試験結果が報告されました。

 (近藤誠『成人病の真実』
  https://amzn.to/31FASm0


        ◇


 ジョシュー「これでスッキリしたな! 
おい ウフフ女、
おまえ薬 飲まなくていいぞ。よかったな」

 これすてローラ「えー飲まなくていいのー? 
ほんとー? やったー! ウフフっ♪」

 ジョシュー「もう帰っていいぞ。カネをだせ」

 じろー「まだぜんぜんスッキリしてませんし
この特集はこれからだし
10秒診療みたいなことしないでください。
ジョシューくん、手を引っこめようね。
ローラ様、
あなたもまだ納得なさいませんように。
スタチン剤とかいう薬の正体をきちんと
確かめなくてはいけません。
続けて
近藤医師にきいていきましょう」


        ◇


 コ値が高くなるにつれ、
「冠動脈疾患」
(以下、「冠疾患」)
が増えることも確かです。

 冠動脈というのは、
心臓の筋肉に酸素や栄養分を
送りとどけるための血管で、
動脈硬化によって冠動脈の内径(ないけい)
が狭くなり、
血液が流れにくくなって胸痛が生じるのが
「狭心症」、
血流が途絶(とぜつ)して心筋が壊死(えし)
におちいったのが
「心筋梗塞」
です。

(中略)


 この問題の専門学会である「日本動脈硬化学会」は、
高コ血症にともなう冠疾患の増加を重くみて、
「高脂血症診察ガイドライン」
(以下、「ガイドライン」)
を発表し、
血中コ値が
220mg/dl(ミリグラム・パー・デシリッターと読む)
以上を
高コ血症と定めました
(「動脈硬化」25巻1頁・1997年)。


 そう聞けば、血中コ値のレベルは220mg/dl 未満が
好ましい、と誰しもが思います。
しかしじつは、低いのも問題なのです。


 なぜならば血中コ値が低いと、脳卒中が増える
という種々の調査結果があるからです
(例として「Stroke」13巻62頁・1982年)。

 脳卒中の主なものには、
血管がつまって血流が途絶し
脳組織が壊死におちいる
「脳梗塞」
と、
脳の血管が破れる
「脳出血」
があります。

 血中コ値が低い場合、脳出血が増えるようなので、
血管がもろくなることが発症メカニズムでしょう。


 第二の問題として血中コ値が低いと、
がんによる死亡も増える傾向が
あります

(「日本公衆衛生雑誌」41巻393頁・1994年、参照)。


 そして第三には、
脳出血とがん以外の疾患も増えるようです。

ある調査では、呼吸器疾患や消化器疾患による
死亡が、血中コ値が低い人たちに多く、
240mg/dl 以上では少なかった

(「Circulation」86巻1046頁・1992年)。


 (同)


        ◇


 じろー「ようするに
コレステロールが下がると
死亡率は上がるって
ことだな」

 これすてローラ「えーなにやだーこわーい。
やっぱり薬 飲みたくなーい」

 ジョシュー「だから飲まなくていいぞ。
帰っていいぞ。カネを」

 じろー「だからまだ決めちゃいけないし
帰っちゃいけません。
ジョシューくん、手を引っこめようね」




 つづく☆





 ◆ まだコロナが不安なら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ ↓ ↓


  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 メールをいただきました。



>  すみません。
>  コロナのことはもう言わない、と書かれていて
> 理由もわかってるつもりですが。
>  先日、YouTube で気になる動画を見つけました。
> (中略)
>
>  「デカドロン」というステロイドを短期間使う
> 治療法を勧めています。
>  なんでステロイド?
>  どう考えても免疫の邪魔をするだけでは……
> (中略)
>  重症化しなくなるらしいです。
> (中略)
>
>  すみません。他に聞く人がいなかったので。
> (中略)
>  長い梅雨が明けた途端、猛暑がやってきました。
>  お体のほうはいかがでしょうか。
>  精力的に活動されているようなので
> すっかり大丈夫かと思っていました。
>  あまり無理はなさらぬよう、お体大切にしてくださいませ。

(サガさん)


      ◇


 ありがとうございます^^
 では
ひとことだけ……。

 すべての病気は「免疫の正しい反応」である
ことを思い出してください。
 すべてです。
 ですから、免疫をピタリと止めれば
コロナも止まりますね。
 副作用でいずれコロリといきますが。

 ほんとくだらないですね、コロナ騒ぎ。
 これだけ人々を恐怖におとしいれておけば、
ワクチン ばか売れの準備OK、

案の定、
NHKの7時のニュースで
いよいよワクチンができたと〈広告〉されました。

 テレビはこの冬
ワクチンの〈広告〉だらけになりますから、
まあ見ていてください。

 私は おかげさまでめっちゃ元気ですよー。
 私、クスリしないんで(笑)





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから