CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«決定版! 弱った免疫をどう強くするか | Main | お待たせ! あの子が帰ってくる☆新キャラとともに新事件に挑め!!»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
何を信じるかが治療です [2020年07月20日(Mon)]




 こんにちは。松井二郎です。
いただいたメールをご紹介して、
このシリーズを終わりたいと思います。
 では、どうぞ^^


      ◇


> はじめまして。
> YouTube動画「病気の正体」を一気に全部見させて頂きました。
> とても参考になり、
> 自分の病気に対する納得と勇気を頂きました。
>
> 私はクローン病歴約30年の51歳の男性です。
> 27歳の時にクローン病の診断を受け、
> 15年間くらい薬(プレドニンなど)を服用した結果、
> 今度は8年前くらい前にリウマチ性疾患である脊椎関節炎の症状が出始め、
> 以後6年間、それを抑えるために
> 今度は生物学製剤(ヒュミラ)を使用して来ました。
>
> 脊椎関節炎の症状はその後大きな進行は見られず
> ヒュミラが効いているのだろうと
> そのまま何も考えず接種を続けていたのですが、
> 一昨年の年末におかしな症状が出始め、
> その時点で一旦ヒュミラを中断しました。
> その後クローン病や膠原病の症状は不思議と落ち着いてるのですが、
> おかしな症状の方は中断後も断続的に出ています。
> 手足の腫れ、腕やひざ下、肩のしびれ、軽い硬直感、耳鳴り、などです。
>
> 特に手が真っ赤に腫れたり真っ白になったりする症状は
> 皮膚科はじめいくつかの科で検査もしましたがよく分からず、
> どこに相談してもあまり聞いたことがない症状のようです。
>
> ここ半年ほどは落ち着いていたのですが、
> 最近また全身のしびれなどの症状が出始め、
> 不安に思ってあちこち検索してるうちに
> 今回こちらの動画に辿り着いた次第です。
> 私自身子供のころからアレルギーや喘息持ちで、
> それが治まった二十歳頃にクローン病の症状が出始め、
> 43歳頃に今度は膠原病の症状が出始め・・
> そして一昨年から上記のおかしな症状が出始めています。
>
> まさに動画で語られていた最悪の道を歩んで来ているのだな・・
> と、今更ながらまざまざと今の自分の状態を実感している次第です。
>
> 今現在はクローン病の症状も落ち着いていることもあり
> 生物学製剤(ヒュミラ)をはじめ免疫剤は一切絶っています。
> 他の薬も睡眠薬以外は何も飲んでいません。
> 不安は消えませんが、今回松井さんの動画を拝聴し、
> 現在なるべくしてこうなっていることを自覚しました。
> 変な話ですが納得もし少し一息つけました。
>
> 今後も動画やツイッターなどフォローさせて頂きます。
> わかりやすい動画で納得いきました。
> ありがとうございます。

(Nさん)


      ◇


 Nさん
 メールありがとうございます。
どれほど
おつらかったことか、
同じ病気の者として
心よりお察し申し上げます。

 病気の正体を知ることができて、
よかったですね。

 私も、「知ることができた」だけで
気持ちの面でほんとうにラクになりました。

 難病だ、原因不明だ、一生投薬だ、
と言われていたころは
暗黒でした。
病気で体がつらいよりも
出口が見えない暗黒がつらかった。

 だからこの病気の正体だけでも、
みなさんに知らせたいなと思ったのです。


 おっしゃるとおり、
免疫をいじる薬を使っていると
医者も「よくわかりませんね」と言う
おかしな病気が始まります。
医者自身が
よくわかっていない治療をするからです
(治療?)

 免疫のはたらきは完璧です。
それを人間がいじるから
おかしなことになるのです。

 もっと自分を信じればよいのです。
いえ、
自分を信じられなくてもいい。
免疫を信じればいいのです。
38億年の生命の偉大さを信じればいいのです。


      ◇


 コロナで
重症化しているひとがいるのも
薬で免疫を抑えるからです。

(ただし
 高齢で免疫が弱り切っているひとを除く。
 このようなかたは残念ですが寿命です。
 寿命で亡くなっているのを
 コロナとごっちゃにしてはならない。
 寿命で亡くなった人を
 「きょうコロナで死亡した人」として
 報道するのは愚かです。)


 なぜコロナを騒いではいけないかというと、
ここまで述べてきた
世界じゅうでおこなわれている
大まちがいが
この騒動で隠されてしまうからです。

 話がそれました。

 Nさん、
おだいじにしてくださいね。
免疫力を上げてまいりましょう! 
どうもありがとうございました。


      ◇


 さて。
それで、かくいう私なんですけど、
まえにも言いましたが
事情により
治療を中断せざるをえなくなっています。

 免疫力を高める方法は、
鍼灸と漢方薬。

 これらは
保険がきかないので
とんでもなくお金がかかります。
 松井は
治る予定を大幅にオーバーしたため
資金が尽きました。
 いま
鍼灸は2〜3ヵ月に1回いけるかどうか、
漢方薬はもう3年くらい手に入っていません。

 また治療を再開できるといいなと思っています。


 あ、
お金がなくてもできることが
ひとつあります。

 ストレスをなくすことです。

 ストレスをなくすには、
しあわせをかんじることです。

 しあわせをかんじるには、
しあわせをかんじられる自分になることです。
成長することです。

 いま、それやってる^^


 では☆



    <YouTube>

  ☆じろーちゃんねる
    「病気の正体」全12回

→ https://bit.ly/3bQGK0H





 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 あと、
治療するお金があれば
まず優先すべきは食べるものを良くすること。
これがやっとわかってきました。
高い薬を買うのは、そのあとですね。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから