CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«すごいぞ免疫! えらいぞリンパ球! | Main | 白血球にとって謎の異物でアトピーに»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
ものはついでだ、難病まで完全理解しちゃおう [2020年06月12日(Fri)]




 ウイルスなんて、怖くない。
 なぜなら私たちには【免疫】があるからだァー!


   ★前回のキモ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  白血球は連携しあい、体に入ってきた
  異物を殺す。
  このシステムを免疫という。


      ◇


 いまこの瞬間、
あなたの体もわたしの体も、
知らないうちにウイルスと白血球との戦いが
おこなわれています。

 いまさら騒ぐまでもなく、
ウイルスなんて
いつでもプカプカ浮いているのが
この世界ですが、
人間は平気で生きていられるんですね。
白血球のおかげで。
えらいぞ、白血球。つよいぞ、人間。


 だったら……

 病気って何?


 はい。私たちが「病気」と言っているのは、
前回みたように免疫が異物と戦っているとき、
その「あおり」で、痛い、かゆい、熱が出る、
というものなんです。
 つまり、正しい反応。

 こうして異物と戦うたび、
白血球はその異物を学習し、
体はどんどん病気に強くなっていく。
言葉をかえると、
病気になるほど
その病気を利用してどんどん
健康になっていく。

 この、人間に備わった無敵のシステムが【免疫】なのだ!


 ところが……。
 無敵の免疫システムに対し、
無敵の「あるもの」が登場したことで
問題が複雑になりました。
 人類は【難病】と遭遇するのです。

 ってことで。
せっかく免疫のことをやってますんで、
このさい
免疫と難病の関係も知ってしまおう!

これがわかるとねー。
ウイルスどころか、
難病だって怖くないってわかっちゃうんですよ。
 では、いってみよー! ^^ /

 (この記事は過去に配信したメルマガを書き直したものです。)




  ◆シリーズ 〈病気〉とは?
   〜 ミクロの世界で何が起きているのか
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ギュギュギューン。
 タ〜イムスリップ!


 おやおや? ここはどこ?
あ! 
松井くんが、まだ子供ですよ。
 ということは……
ここは過去の世界。
まだ松井くんが病気ではなかったころですね。

 子供の松井くん、何か食べています。
どうも加工食品のようです。
あーあ。だからアンタ病気になったのよ。


 さて、この加工食品、
ウラ側の表示をみると

「……、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸味料、酸化防止剤、
着色料(カラメル色素、パプリカ色素)、香料」

 と書いてあります。

 ちなみに「香料」というのは一括表示といって、
最低でも4種類、
たいてい10種類以上の化学物質がつかわれています。
 こんなもん、体に入れていいのでしょうか? 
 って、松井くんおいしそうに食べてるよ。あーあ。


 では、ここでカメラを体内に切り替えましょう。


      ◇


 おっと! あそこに何かいます。
あれはこのまえ大活躍した〈白血球〉ですね。
 白血球たち、なにやら相談をはじめていますよ。
きいてみましょう。


 「オイ、あの物体はなんだ? あやしいヤツだ」

 「どうも、異物らしいぜ」


 「でもオイ、見ろよ。何もする様子がないぞ。
あいつ、敵なのう?」

 「さあな。とにかく、疑わしきは殺せ、だ。
それがオレたちの仕事だぜ」


 「やるか」

 「やるぜ」


 「オラオラオラァッ!」

 「ドラドラドラァッ!」


 「ハァ、ハァ。なんだこいつら。死なねえ!? 
てか、最初から死んでね? これ」

 「油断はできん。死んでるように見せかけて、
何をしでかすか分かったもんじゃねえぜ」


 「そうだな。でも、どうする。死んでるヤツは
殺せねぇだろ」

 「おまえ、必殺技の酵素パワーがあったろ。
あれで溶かしちまえよ」


 「そっか。そうだな。じゃあおまえはミサイル攻撃な」

 「りょ」


 「なんだそれ」

 「りょうかい」


 「ああ、若者ことばか。むりするな」

 「り」


 「略すにもほどがあると思うけど、とにかく、いくぞ!」

 「り」


 「オラオラオラァッ!」

 「ドラドラドラァッ!」


 「ハァ、ハァ。やっぱ、こいつらヘンだ。溶けねぇ」

 「壊れもしねぇぜ。おかしいな。さっきから
増殖する様子もねぇし、
細胞を乗っとろうとする気配もねぇぜ。
こいつら、
ほっといても松井くんは危なくねぇんじゃね?」


 「念には念を入れとけよ。何かあったらどうすんだ」

 「でも、最初から死んでるヤツを、どうやって倒す?」


 「おまえ、アレがあったろ」

 「おっ、そうか。アレか。じゃ、アレをやるか」




   ★ポイント!
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  化学物質も敵だとおもって
  白血球は戦ってしまう。
  このときある条件が揃うと、難病になる。




 つづく☆




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ちなみに文中の添加物表示は市販のカレールーのものです。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから