CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«陶板浴やってみた | Main | なぜ陶板浴が効くのか?»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
陶板浴の効果は [2016年10月18日(Tue)]

  ◆続・クローン病中ひざくりげ(159)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 んんん?
 からだ全体が……軽い? これは……断食したときの、あの感じ!
 陶板浴の効果か!?
 いや、わたしは気分屋だから、そんな気になっているだけかもしれない。まだ、効果を測定するのは早い。おちつけ。

 帰り道。
 家内が、「じろさん、すごいねえ」
 「なにが?」
 「ふつうにしゃべってるじゃん。いま」
 あ。ほんとだ。おれ、車の中でしゃべってる……。
 いつもは車に乗るとグッタリ、寝そべっているだけでやっとで、虫の息をしているのだが。
 それに、おなかが――痛くなってこない。家まで40分、ふつうに、もってしまった。まだ乗っていられそうだ。
 「すごいじゃない」
 「すごいな」
 陶板浴の効果……なのかっ?

 その夜も、なんだかいつもとちがうのだ。
 足が。ポカポカだ。いつも冷えてるのに。ポカポカ、ポカポカ、いや、熱い。クツ下を脱いだ。冷えてきたら、また履こう。
 ――冷えてこねぇ。
 なんじゃあぁぁこりゃああぁ!

 翌朝。
 疲れが……抜けている。
 免疫力をあげる治療をしているから、ヘルペスウイルスとの戦いのせいでいつもすさまじくだるいのだが、たいしてだるくない。
 社長さんにメールを書いた。

          ◇

 きのうお会いしました松井二郎です。

 初めて陶板浴をさせていただきましたが
さっそく効果が現れております。

 直後からクローン病の症状がかなり緩和され
腹痛と痔瘻の痛みが激減し、
夕食後はいつも悪臭の下痢になるところが
臭いのない軟便でした。

夜中もいつもは2〜3回は下痢のために
目を覚ますのですが
1回しか起きずにすみました。

けさの目覚めもよく、いまのところ体調も
通常よりよろしいです。

まことにありがとうございます。
これからお世話になりますが
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
 松井 二郎

          ◇

 効果は24時間ほど続き、そのあとは、いつものひどいクローン病の状態に戻った。
 陶板浴は効いた。どうやら、そう判断してよいのではないか。
 以来、週1回ペースで通うことにした。
 といっても、がんや白血病が治っているひとは、さいしょの1年くらいは毎日通っている。ぜんぜん足りない。

 しかし、それでも――数週間後。
 便のようすが明らかに変わってきた。
 まず、駆けこまなくてよい。「下痢だな」とおもってトイレにいくと、「あれ?」出ない。
 トイレから出て、しばらくして「ん? 下痢かな」だが、出ない。
 またしばらくして「ん? 下痢かな」出ない。
 しばらくして、
 「ん……こんどこそ」
 ようやく、ふつうの便ではないが下痢でもない、なんとも中途半端なものがノロノロと出現した。
 こんなの、ここ数年なかったことだ!
 いままでは、「あ、トイレ」と思った瞬間、爆発寸前、なんとか粗相(そそう)しないようトイレに行き、あとは肛門をゆるめるだけで※☆▼△◎★※■(すみません放送禁止です)。
 それが、なんとなんと。
 これでは……まるで……ちょっとおなかが弱いふつうの人みたいじゃないかっ!

 それだけではない。
 ある朝。
 「ん……? あれ……?」
 やけに目覚めがいい。いつもの、頭にモヤがかかったような、体がナマリのような、朝からこの世の終わりのような、暗雲がたれこめたような、あーあきょうも一日が始まるのかーという気分が、ない。
 時計をみてみる。
 なっ!?
 なな、7時間眠ってたあー!?
 おいおいおい。いままで、眠ったとおもったらトイレで目がさめて、また眠ったとおもったら便意で起きて、続けて1時間も眠れたらすごいことだったんだぞ。連続3時間が、ここ数年の最高記録だったんだぞ。それだって、こんな長く眠れてうれしー、と大よろこびしてたんだぞ。
 いつ以来だ……こんな寝たの……。
 陶板浴の効果なのかあっ!?

 だとすれば……これ、毎日通ったら……毎日この状態が維持できるのでは!?

(つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 粗相したことはないのかって?
 ないわけないじゃん(泣)





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。 [無料購読する]




 ◆[ このブログのトップへ ]