CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年11月01日

学齢期の学習会- 義務教育9年間の連続性のある教育の推進 -

横浜では、敷地や校舎を共有してはいませんが、小中学校の教職員が情報交換や連携を行い、義務教育9年間の連続性を図った小中一貫カリキュラムに基づく教育活動を推進しています。
 ねらいは、小中学校の教職員の人的交流を通じて、「学力観」「指導観」「評価観」の共有を図り、授業改善の促進と学力向上を目指すこと、義務教育9年間を円滑に接続させることで、小中学校間のいわゆる中1ギャップから生じる不登校問題等の問題の解決を目指すとされています。
 具体的にどのように進められているのか、学びたいと思います。

日時:11月14日(木)10:00〜12:00
会場:かながわ県民活動サポートセンター 306会議室
参加費:無料

おはなし 横浜市教育委員会の職員

対象:おもに小・中学生の子どもを持つ親、支援者
定員:30名(先着順)
保育:お問い合わせください。
申込:メールまたはファックス(045−711−2665)
   (1)お名前
  (2)広場・拠点名(所属している方)
   (3)連絡先 をお知らせください。

20131101142934_00001.jpgちらし

主催:よこはま一万人子育てフォーラム
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック